中村正男衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  1回発言   2288文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  1回発言   3744文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  2回発言   6032文字発言

本会議発言一覧

第101回国会 衆議院 本会議 第37号(1984/07/20、37期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表して、ただいま議題となりました電電改革三法案に対して、反対の立場から意見を表明するものであります。(拍手)私は、討論に先立ち、まずもって、今回の電電改革のために、真に国民のための電気通信事業の確立を目指し全国から寄せられた一千八十万余名の熱い請願署名をいただいたことに………会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第12号(1986/03/20、37期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表して、ただいま議題となりました国の補助金等の臨時特例等に関する法律案について、総理並びに関係大臣に対し質問を行うものであります。中曽根内閣が誕生したのは、昭和五十七年十一月二十七日であります。政権を発足させると同時に、中曽根総理は、日本列島不沈空母発言、さらには三海峡………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 26回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 26)  8回発言  47989文字発言
第102回国会 19回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 19)  5回発言  26097文字発言
第103回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  1回発言   8481文字発言
第104回国会 30回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員 22)  5回発言  39174文字発言

  37期通算  80回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員 72) 19回発言 121741文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 物価問題等に関する特別委員会
            28回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員 20)  8回発言  45732文字発言

 逓信委員会
            27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 27)  8回発言  44817文字発言

 大蔵委員会
            22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 22)  3回発言  31192文字発言

 商工委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 議院運営委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 物価問題等に関する特別委員会理事(第104回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 逓信委員会 第3号(1984/03/26、37期)

まずもって、今日まで大変長きにわたりましてNHKの労使の皆さんが日本の放送文化の担い手として非常に難しい環境条件の中で日夜努力をされていることにつきまして敬意を表するものでございます。さて、質問の第…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 逓信委員会 第6号(1984/04/18、37期)

大変お忙しいところを電電公社の真藤総裁以下関係者の方、御出席をいただきましてありがとうございます。今日まで電電公社が進めてこられましたいわゆるINS構想、高度情報通信システムにつきまして概要なり概念に…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 逓信委員会 第11号(1984/06/27、37期)

長時間の審議で、大変郵政大臣初め真藤総裁以下答弁される当局の皆さんもお疲れだと思いますが、あと一時間でございますので、ぜひひとつ御協力をお願いしたいと思います。私は、きょう朝からの論議の中で大変集中…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 逓信委員会 第12号(1984/06/28、37期)

あと三十分しか私の持ち時間が残されておりませんので、きょうは、これからのいわゆる高度情報化社会の実現というのは、各産業分野の共存共栄、それが原則にならなければならない、こういう観点で二、三質問をしたい…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 逓信委員会 第16号(1984/07/12、37期)

おはようございます。質問に入ります前に、実は先日七月二日でございますが、我が党日本社会党が初めて石橋委員長以下国会議員が多数そろいまして、電電公社の武蔵野研究所にお邪魔をいたしました。大変有意義な勉強…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第3号(1984/04/03、37期)

大臣がまだ参議院の予算委員会の方へ御出席のようでございますので、まず消費者物価の上昇率の動向について二、三御質問をしていきたいと思います。昨年の十二月までは比較的物価は鎮静をしてきたわけですけれども…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第4号(1984/04/12、37期)

最初に河本長官に、公共投資の前倒しにつきまして若干お聞きをしておきたいと思います。景気対策ということで、この前倒しについての是非、異論もあるようでございますが、具体的にどのようにされようとしておるの…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第6号(1984/05/10、37期)

私のきょうの質問は、政府の税制調査会が六十年度の税制改正に向けて既に作業が始まった、こういう新聞報道を見ておるわけですが、これに対しまして、六十年度税制改正に向けて大蔵省としてどういう内容を検討してお…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 逓信委員会 第5号(1985/03/25、37期)

私は本日の委員会の冒頭、左藤郵政大臣の方から、放送というものはあくまでも全国あまねく受信をできることが一番重要である、こういう所見が述べられました。そういう観点に立ちまして、テレビジョンの難視対策につ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 逓信委員会 第7号(1985/04/17、37期)

きょうの日本経済新聞の中で、「郵便小包復権をめざし 効率システム」ということで、小包郵便の集配について電算機で管理をしていく、こういう非常に前向きな、これからの郵便事業にとって非常に意欲的な記事が載っ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 逓信委員会 第9号(1985/06/19、37期)

私の方からはきょうは、一つは財政基盤の問題、それから二つ目は、NHKの持つ公共放送としての役割に関連をした問題、そして三つ目につきましては、これから情報社会がどんどん進展をしていくわけですけれども、そ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第4号(1985/04/18、37期)

時間の関係で予定していた質問の順番を変えまして、最初に消費者物価指数と国民のこれに対する生活実感とのずれの問題についてお尋ねをしていきたいと思います。まず、五十九年十二月に総理府が実施をいたしました…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第6号(1985/06/06、37期)

私は、きょうは豊田商事グループの金現物まがい商法につきまして、これに集中して質問をしたいというふうに考えております。委員長もけさの新聞をそれぞれ見られたと思うのですが、朝日新聞では、豊田商事グループ…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第2号(1985/11/21、37期)

七月に政府の方からいわゆる市場開放の行動計画なるものが発表されました。これをきっかけにいたしまして、政府にかわって企業が安全をチェックする自己認証制度というものが、これからさらに広がっていくというふう…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 大蔵委員会 第6号(1986/03/05、37期)

日本社会党・護憲共同の中村正男でございます。まず、本法案に入ります前に、社会党初め公明党、民社党、社民連四党から成ります今次の予算修正要求につきまして、昨日、与野党の書記長・幹事長会談をもちまして最…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 大蔵委員会 第13号(1986/04/15、37期)

今ちょうど中曽根総理は日米首脳会談を終えられましてこちらの方に向かっておられるところだと思いますが、サミットを直前にいたしましていよいよ日本の内需拡大がどう実行されていくのか、世界じゅうの注目を集めて…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 大蔵委員会 第16号(1986/04/23、37期)

昨日は、日米首脳会談につきましての緊急質問が本会議で行われたわけでございますが、円高が極めて急激に進展をしておりまして、これはきのう、総理あるいは大蔵大臣の答弁が一応あったのですけれども、私もお聞きを…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第4号(1986/03/06、37期)

六十一年度の経済成長率の見通しにつきまして御質問したいと思います。先ほど来、同僚議員の方からかなり詳しく質問がされておりますし、また具体的な答弁もなされておるわけでございますが、基本的な点に限ってお尋…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第6号(1986/04/10、37期)

四月八日の日に、いわゆる総合経済対策が七本柱でもって発表がされたわけですけれども、とりわけこの総合経済対策の中での目玉は、髄力、ガス料金の差益還元これが最大の課題だというふうに私は思うわけでございます…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22