神崎武法衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(37期)

37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議 - 43期本会議 - 44期本会議 - 45期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  1回発言   3848文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  0回発言      0文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  1回発言   3848文字発言

本会議発言一覧

第101回国会 衆議院 本会議 第21号(1984/04/25、37期)

私は、公明党・国民会議を代表いたしまして、ただいま議題となりました臨時教育審議会設置法案につきまして、総理並びに文部大臣に対し質疑を行うものであります。我が国の教育は、六万六千の学校、二千八百万人の在学生、そして百三十万人の教職員という、数の上でまさに世界に誇り得る立派な規模となったと言えましょう。………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会 - 43期委員会 - 44期委員会 - 45期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 15)  4回発言  17741文字発言
第102回国会 30回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 30)  7回発言  47822文字発言
第103回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  0回発言      0文字発言
第104回国会 27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 27)  3回発言  43925文字発言

  37期通算  78回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 78) 14回発言 109488文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

予算委員会
            44回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 44)   4回発言  57633文字発言

法務委員会
            17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 17)   5回発言  22460文字発言

安全保障特別委員会
            12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)   4回発言  16242文字発言

対フィリピン経済援助に関する調査特別委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)   1回発言  13153文字発言

文教委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

社会労働委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 法務委員会 第4号(1984/03/09、37期)

裁判所職員定員法の一部を改正する法律案自体につきましては賛成をするものでございますけれども、関連する若干の事項につきましてお尋ねをいたします。初めに、最高裁判所の機構改革問題につきましてお尋ねをいた…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 法務委員会 第6号(1984/04/04、37期)

私は、改正商法施行後の総会屋問題についてお尋ねをいたしたいと思います。株主総会から総会屋と言われますプロ株主を排除して株主総会の正常化を図るための利益供与の禁止規定の新設を含みました改正商法が施行さ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 法務委員会 第10号(1984/04/17、37期)

初めに、国籍法改正の基本的な考え方に関連いたしましてお伺いをいたします。我が国の憲法は、日本国民たる要件を法律に委任しまして、それを受けて現行の国籍法で日本国民の範囲を規定しているわけでございます。…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 法務委員会 第14号(1984/07/11、37期)

初めに総会屋問題につきましてお尋ねをいたします。総会屋問題につきましては四月四日の当委員会におきまして質問をいたしましたけれども、その後、五月三十一日に大手デパートの伊勢丹の秘書室長、論談同友会の幹…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 安全保障特別委員会 第3号(1985/03/27、37期)

三点ほどお尋ねをいたします。一点は、先ほどの核戦争の可能性に関連いたしまして、アメリカでもカーター政権の時代からいわゆる核のハード面というものとソフトの面ですが、C3Iシステムについて、そういうテー…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 安全保障特別委員会 第4号(1985/04/08、37期)

引き続きSDIの問題につきまして質問をいたします。この技術協力要請問題の議論の前提といたしまして、SDIの極東の安全とのかかわり、なかんずく日本の安全とのかかわりという問題につきまして、最初に確認を…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 安全保障特別委員会 第5号(1985/04/17、37期)

私は本年二月六日の国会決議の平和の目的と自衛隊による衛星利用についての政府見解、これに関連してお尋ねをいたしたいと思います。昭和四十四年五月の宇宙の平和利用に関する国会決議を、汎用性の理論をもとにな…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 安全保障特別委員会 第6号(1985/05/22、37期)

初めに、対米武器技術供与の問題からお尋ねをいたします。昨日の日経の報道によりますと、防衛庁の技術研究本部が開発中のミサイル追尾誘導技術を米国防総省の要請でこのたび技術供与することになった、こういうこ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 法務委員会 第2号(1984/12/18、37期)

給与法案につきましては人事院勧告の完全実施を求めるものでありますが、それはさておきまして、二、三お尋ねをいたしたいと思います。初めに、今回の改正に伴って司法修習生の給与はどのように改定されるのか、お…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 予算委員会 第13号(1985/02/19、37期)

公明党の神崎武法でございます。初めに、防衛問題について質問をいたします。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1985/02/25、37期)

公明党の神崎武法でございます。初めに、経済摩擦問題からお尋ねをいたします。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 対フィリピン経済援助に関する調査特別委員会 第3号(1986/05/13、37期)

私が最近商社関係者から直接聞いたところによりますと、フィリピンに対する円借款、賠償時代からでございますけれども、リベートにつきましては当初が一〇%くらい、その後マルコス文書当時が一五%ぐらい、さらに二…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 予算委員会 第11号(1986/02/18、37期)

初めに私は、SDI研究の参加問題からお尋ねをいたします。本日、お昼のNHKニュースによりますと、シュナイダー米国務次官が、日本はことしの夏までにSDI研究に参加する見通しである、こういう発言をしたと…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 予算委員会 第13号(1986/02/20、37期)

私は、初めに同鉄改革問題についてお尋ねをいたします。国鉄改革の必要性と分割・民営化につきましては、私は基本的に賛成であります。ただし、余剰人員対策が果たして十分であるかどうか、長期債務の処理の仕方を…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書 - 43期質問主意書 - 44期質問主意書 - 45期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12