多賀谷真稔衆議院議員 38期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
38期在籍の他の議員はこちら→38期衆議院統計 38期衆議院議員


衆議院本会議(38期)

25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

 第106回国会(特別:1986/07/22-1986/07/25)  1回発言    128文字発言
 第107回国会(臨時:1986/09/11-1986/12/20)  5回発言   2064文字発言
 第108回国会(通常:1986/12/29-1987/05/27)  5回発言   3688文字発言
 第109回国会(臨時:1987/07/06-1987/09/19)  8回発言   1021文字発言
 第110回国会(臨時:1987/11/06-1987/11/11)  0回発言      0文字発言
 第111回国会(臨時:1987/11/27-1987/12/12)  2回発言    112文字発言
 第112回国会(通常:1987/12/28-1988/05/25)  8回発言    413文字発言
 第113回国会(臨時:1988/07/19-1988/12/28)  3回発言    122文字発言
 第114回国会(通常:1988/12/30-1989/06/22)  3回発言    125文字発言
 第115回国会(臨時:1989/08/07-1989/08/12)  0回発言      0文字発言
 第116回国会(臨時:1989/09/28-1989/12/16)  0回発言      0文字発言
 第117回国会(通常:1989/12/25-1990/01/24)  0回発言      0文字発言

       38期通算   (1986/07/06-1990/02/17) 35回発言   7673文字発言

本会議発言一覧

第106回国会 衆議院 本会議 第1号(1986/07/22、38期)

諸君の御推挙をいただき、本院副議長に就任いたすことになりました。まことに光栄に存じます。私は、この職務の重大さに深く思いをいたし、公正を旨とし、職責の遂行に全力を注ぐ所存であります。会議録へ(外部リンク)

第107回国会 衆議院 本会議 第3号(1986/09/16、38期)

谷垣禎一君の動議に御異議ありませんか。会議録へ(外部リンク)

第107回国会 衆議院 本会議 第4号(1986/09/17、38期)

これにて国務大臣の演説に対する質疑は終了いたしました。議員請暇の件会議録へ(外部リンク)

第107回国会 衆議院 本会議 第5号(1986/09/25、38期)

阿部昭吾君。会議録へ(外部リンク)

第107回国会 衆議院 本会議 第7号(1986/10/21、38期)

これにて質疑は終了いたしました。────◇─────会議録へ(外部リンク)

第107回国会 衆議院 本会議 第11号(1986/10/31、38期)

寺前巖君。会議録へ(外部リンク)

第108回国会 衆議院 本会議 第4号(1987/02/02、38期)

矢野絢也君。会議録へ(外部リンク)

第108回国会 衆議院 本会議 第5号(1987/02/03、38期)

不破哲三君。会議録へ(外部リンク)

第108回国会 衆議院 本会議 第8号(1987/02/26、38期)

米沢隆君。会議録へ(外部リンク)

第108回国会 衆議院 本会議 第13号(1987/04/22、38期)

これより会議を開きます。会議録へ(外部リンク)

第108回国会 衆議院 本会議 第19号(1987/05/20、38期)

五案を一括して採決いたします。日程第十八ないし第二十の三案の委員長の報告はいずれも修正、第二十一及び第二十二の両案の委員長の報告はいずれも可決であります。五案は委員長報告のとおり決するに御異議ありませんか。会議録へ(外部リンク)

第109回国会 衆議院 本会議 第2号(1987/07/08、38期)

石田幸四郎君。会議録へ(外部リンク)

第109回国会 衆議院 本会議 第3号(1987/07/09、38期)

松本善明君。会議録へ(外部リンク)

第109回国会 衆議院 本会議 第7号(1987/07/28、38期)

岡田君、申し合わせの時間が過ぎましたから、なるべく簡単にお願いいたします。会議録へ(外部リンク)

第109回国会 衆議院 本会議 第8号(1987/07/30、38期)

伊藤英成君。会議録へ(外部リンク)

第109回国会 衆議院 本会議 第9号(1987/08/18、38期)

西村章三君。会議録へ(外部リンク)

第109回国会 衆議院 本会議 第10号(1987/08/20、38期)

神田厚君。会議録へ(外部リンク)

第109回国会 衆議院 本会議 第11号(1987/08/21、38期)

安藤巖君。会議録へ(外部リンク)

第109回国会 衆議院 本会議 第15号(1987/09/03、38期)

討論の通告があります。順次これを許します。安田修三君。会議録へ(外部リンク)

第111回国会 衆議院 本会議 第2号(1987/11/30、38期)

矢野絢也君。会議録へ(外部リンク)

第111回国会 衆議院 本会議 第3号(1987/12/01、38期)

瀬長亀次郎君。会議録へ(外部リンク)

第112回国会 衆議院 本会議 第3号(1988/01/27、38期)

矢野絢也君。会議録へ(外部リンク)

第112回国会 衆議院 本会議 第4号(1988/01/28、38期)

村上弘君。会議録へ(外部リンク)

第112回国会 衆議院 本会議 第6号(1988/02/18、38期)

川端達夫君。会議録へ(外部リンク)

第112回国会 衆議院 本会議 第7号(1988/03/01、38期)

北橋健治君。会議録へ(外部リンク)

第112回国会 衆議院 本会議 第9号(1988/03/22、38期)

小渕正義君。会議録へ(外部リンク)

第112回国会 衆議院 本会議 第14号(1988/04/12、38期)

辻第一君。会議録へ(外部リンク)

第112回国会 衆議院 本会議 第17号(1988/04/19、38期)

石井郁子君。会議録へ(外部リンク)

第112回国会 衆議院 本会議 第24号(1988/05/17、38期)

安倍基雄君。会議録へ(外部リンク)

第113回国会 衆議院 本会議 第4号(1988/08/01、38期)

大久保直彦君。会議録へ(外部リンク)

第113回国会 衆議院 本会議 第5号(1988/08/02、38期)

不破哲三君。会議録へ(外部リンク)

第113回国会 衆議院 本会議 第10号(1988/10/06、38期)

滝沢幸助君。会議録へ(外部リンク)

第114回国会 衆議院 本会議 第4号(1989/02/13、38期)

矢野絢也君。会議録へ(外部リンク)

第114回国会 衆議院 本会議 第5号(1989/02/14、38期)

ただいまの小川君の発言中、不穏当の言辞があるとの申し出がありますが、議長は、速記録を取り調べの上、適当の処層をとることといたします。内閣総理大臣竹下登君。会議録へ(外部リンク)

第114回国会 衆議院 本会議 第6号(1989/03/03、38期)

伊藤英成君。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(38期)

25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第115回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
第116回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  1回発言  15533文字発言

  38期通算   8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  1回発言  15533文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 内閣委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  0回発言      0文字発言

 社会労働委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言  15533文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第116回国会 衆議院 社会労働委員会 第6号(1989/11/29、38期)

私は、昭和二十九年の改正の時代からこの法案審議にタッチしたわけであります。それから、三十四年の国民年金法の制定、このときは我が社会党は国民年金法というのを出しました。そうしてその法案は、実は今日いろい…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(38期)

25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
38期在籍の他の議員はこちら→38期衆議院統計 38期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22