国会議員白書トップ衆議院議員田村元>38期国会活動まとめ

田村元衆議院議員 38期国会活動まとめ



在籍期:27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-)
38期在籍の他の議員はこちら→38期衆議院統計 38期衆議院議員


衆議院本会議(38期)

27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議

本会議発言統計

 第106回国会(特別:1986/07/22-1986/07/25)  0回発言      0文字発言
 第107回国会(臨時:1986/09/11-1986/12/20)  1回発言   1698文字発言
 第108回国会(通常:1986/12/29-1987/05/27)  1回発言   1896文字発言
 第109回国会(臨時:1987/07/06-1987/09/19)  2回発言   7213文字発言
 第110回国会(臨時:1987/11/06-1987/11/11)  0回発言      0文字発言
 第111回国会(臨時:1987/11/27-1987/12/12)  1回発言    213文字発言
 第112回国会(通常:1987/12/28-1988/05/25)  1回発言   1655文字発言
 第113回国会(臨時:1988/07/19-1988/12/28)  2回発言   1122文字発言
 第114回国会(通常:1988/12/30-1989/06/22)  9回発言  20507文字発言
 第115回国会(臨時:1989/08/07-1989/08/12)  3回発言   7473文字発言
 第116回国会(臨時:1989/09/28-1989/12/16) 15回発言  14981文字発言
 第117回国会(通常:1989/12/25-1990/01/24)  2回発言   1443文字発言

       38期通算   (1986/07/06-1990/02/17) 37回発言  58201文字発言

本会議発言一覧

第107回国会 衆議院 本会議 第11号(1986/10/31、38期)

我が国経済は、円高の急速な進展等によりまして内需と外需、製造業と非製造業、こういうふうに景気の二面性がより明瞭になっております。このような経済情勢にかんがみまして、通産省といたしましても四%成長を目指して総合経済対策の着実な実施に努め、景気の浮揚を図っておるところでございます。また、今後我が国経済の………会議録へ(外部リンク)

第108回国会 衆議院 本会議 第8号(1987/02/26、38期)

我が国の経済実態から見て円レートは幾らが妥当であるかというお尋ねでございます。これは本来、業種あるいは業態等によりましてさまざまなものでございます。幾らかということを一概に言い得ない難しい問題で、非常に微妙なものでございます。また、私としては、我が国経済の基礎的な諸条件を反映し、かつ産業界の合理化努………会議録へ(外部リンク)

第109回国会 衆議院 本会議 第10号(1987/08/20、38期)

外国為替及び外国貿易管理法の一部を改正する法律案につきまして、その趣旨を御説明いたします。今回の東芝機械の外国為替及び外国貿易管理法に違反した不正輸出事件は、我が国を含む西側自由主義陣営の安全保障に重大な影響を及ぼすおそれのあるものであり、極めて深刻な問題でありま会議録へ(外部リンク)

第109回国会 衆議院 本会議 第11号(1987/08/21、38期)

中小企業の労働時間短縮のための条件としては、中小企業の経営基盤の強化、生産性の向上が不可欠であります。通産省といたしましては、中小企業に対する税制、金融上の措置を含む各般の施策を講じ、中小企業の経営基盤の強化及び生産性の向上を図っておりまして、これらの施策の推進を通じて労働時間の短縮など労働条件の改………会議録へ(外部リンク)

第111回国会 衆議院 本会議 第3号(1987/12/01、38期)

総理が先ほど御答弁申し上げましたごとく、我が国は自由主義陣営の主要な一員としてココムに参加しているところでございまして、今後とも引き続き協力していくことといたしております。しかしながら、ココムの規制対象につきましては、技術進歩が著しいという状況等を踏まえまして、ココムの趣旨から見て真に規制が必要なも………会議録へ(外部リンク)

第112回国会 衆議院 本会議 第18号(1988/04/22、38期)

まず、電力需給見通しから見まして、原子力発電所をふやす必要があるかとの御質問にお答えを申し上げます。今後の電力需要は、内需を中心とした安定的な経済成長に伴って着実に増加するものと見込まれております。六十一年から七十年までの平均伸び率が二・三%でございますが、こうした電力需要の増加に対応し、安定供給の………会議録へ(外部リンク)

第113回国会 衆議院 本会議 第5号(1988/08/02、38期)

日米貿易摩擦問題は、一九八〇年代前半のドルの過大評価等に起因する日米貿易不均衡や日本市場へのアクセスなど、多様な問題が複合化したものと埋解をいたしております。通商産業省としましても、半導体摩擦等個別の案件の処理に努めますとともに、輸入、特に製品輸入の拡大に努めておるところでございます。それによって何………会議録へ(外部リンク)

第113回国会 衆議院 本会議 第16号(1988/11/16、38期)

先ほどの安倍基雄議員のお尋ねは、消費税が産業構造、特に中小企業に対してどういう影響を与えるのかという御趣旨であったと思います。消費税というものは、あらゆる課税物品、サービスの取引の各段階に課せられるものでございまして、価格を通して消費者に転嫁されていく税でございます。この点からいたしますと、消費税は………会議録へ(外部リンク)

第114回国会 衆議院 本会議 第16号(1989/06/02、38期)

諸君の御推挙により、衆議院議長の重職につくことになりました。まことに光栄に存じますとともに、その職責の重大さを痛感いたしております。私は、最善を尽くして、国民の皆様から信頼される議会制民主政治の健全な発展と公正円満な国会運営に努め、もって国民の負託にこたえたいと念願いたしております。会議録へ(外部リンク)

第114回国会 衆議院 本会議 第17号(1989/06/05、38期)

これより会議を開きます。農林水産委員長の選挙会議録へ(外部リンク)

第114回国会 衆議院 本会議 第18号(1989/06/07、38期)

これより会議を開きます。国務大臣の演説に対する質疑会議録へ(外部リンク)

第114回国会 衆議院 本会議 第19号(1989/06/08、38期)

これより会議を開きます。国務大臣の演説に対する質疑  (前会の続)会議録へ(外部リンク)

第114回国会 衆議院 本会議 第20号(1989/06/09、38期)

これより会議を開きます。日程第一 日本輸出入銀行法の一部を改正する法律案(内閣提出)会議録へ(外部リンク)

第114回国会 衆議院 本会議 第21号(1989/06/15、38期)

これより会議を開きます。会議録へ(外部リンク)

第114回国会 衆議院 本会議 第22号(1989/06/16、38期)

これより会議を開きます。日程第一 常時有人の民生用宇宙基地の詳細設計、開発、運用及び利用における協力に関するアメリカ合衆国政府、欧州宇宙機関の加盟国政府、日本国政府及びカナダ政府の間の協定の締結について承認を求めるの件会議録へ(外部リンク)

第114回国会 衆議院 本会議 第23号(1989/06/21、38期)

これより会議を開きます。日程第一 法例の一部を改正する法律案(内閣提出、参議院送付)会議録へ(外部リンク)

第114回国会 衆議院 本会議 第24号(1989/06/22、38期)

これより会議を開きます。議院運営委員長の虚礼廃止の申合せに関する会議録へ(外部リンク)

第115回国会 衆議院 本会議 第1号(1989/08/07、38期)

諸君、第百十五回国会は本日をもって召集されました。これより会議を開きます。会議録へ(外部リンク)

第115回国会 衆議院 本会議 第3号(1989/08/09、38期)

これより会議を開きます。────◇─────会議録へ(外部リンク)

第115回国会 衆議院 本会議 第4号(1989/08/10、38期)

これより会議を開きます。────◇─────会議録へ(外部リンク)

第116回国会 衆議院 本会議 第1号(1989/09/28、38期)

諸君、第百十六回国会は本日をもって召集されました。これより会議を開きます。会議録へ(外部リンク)

第116回国会 衆議院 本会議 第2号(1989/10/02、38期)

これより会議を開きます。────◇─────会議録へ(外部リンク)

第116回国会 衆議院 本会議 第3号(1989/10/04、38期)

これより会議を開きます。────◇─────会議録へ(外部リンク)

第116回国会 衆議院 本会議 第4号(1989/10/05、38期)

これより会議を開きます。────◇─────会議録へ(外部リンク)

第116回国会 衆議院 本会議 第5号(1989/10/19、38期)

これより会議を開きます。────◇─────会議録へ(外部リンク)

第116回国会 衆議院 本会議 第6号(1989/10/31、38期)

これより会議を開きます。────◇─────会議録へ(外部リンク)

第116回国会 衆議院 本会議 第7号(1989/11/07、38期)

これより会議を開きます。────◇─────会議録へ(外部リンク)

第116回国会 衆議院 本会議 第8号(1989/11/09、38期)

これより会議を開きます。────◇─────会議録へ(外部リンク)

第116回国会 衆議院 本会議 第9号(1989/11/17、38期)

これより会議を開きます。────◇─────会議録へ(外部リンク)

第116回国会 衆議院 本会議 第10号(1989/11/30、38期)

これより会議を開きます。────◇─────会議録へ(外部リンク)

第116回国会 衆議院 本会議 第11号(1989/12/01、38期)

これより会議を開きます。────◇─────会議録へ(外部リンク)

第116回国会 衆議院 本会議 第12号(1989/12/05、38期)

これより会議を開きます。────◇─────会議録へ(外部リンク)

第116回国会 衆議院 本会議 第13号(1989/12/12、38期)

これより会議を開きます。────◇─────会議録へ(外部リンク)

第116回国会 衆議院 本会議 第14号(1989/12/14、38期)

これより会議を開きます。────◇─────会議録へ(外部リンク)

第116回国会 衆議院 本会議 第15号(1989/12/15、38期)

これより会議を開きます。────◇─────会議録へ(外部リンク)

第117回国会 衆議院 本会議 第3号(1990/01/24、38期)

これより会議を開きます。────◇─────会議録へ(外部リンク)

第117回国会 衆議院 本会議 第1号(1989/12/25、38期)

諸君、第百十七回国会は本日をもって召集されました。これより会議を開きます。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(38期)

27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第114回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言

  38期通算   4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 科学技術委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

 期間中、委員会での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院質問主意書(38期)

27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-)
38期在籍の他の議員はこちら→38期衆議院統計 38期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22