石田幸四郎衆議院議員 38期国会活動まとめ



在籍期:31期(1967/01/29-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-)
38期在籍の他の議員はこちら→38期衆議院統計 38期衆議院議員


衆議院本会議(38期)

31期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議

本会議発言統計

 第106回国会(特別:1986/07/22-1986/07/25)  0回発言      0文字発言
 第107回国会(臨時:1986/09/11-1986/12/20)  0回発言      0文字発言
 第108回国会(通常:1986/12/29-1987/05/27)  0回発言      0文字発言
 第109回国会(臨時:1987/07/06-1987/09/19)  1回発言   7884文字発言
 第110回国会(臨時:1987/11/06-1987/11/11)  0回発言      0文字発言
 第111回国会(臨時:1987/11/27-1987/12/12)  0回発言      0文字発言
 第112回国会(通常:1987/12/28-1988/05/25)  0回発言      0文字発言
 第113回国会(臨時:1988/07/19-1988/12/28)  0回発言      0文字発言
 第114回国会(通常:1988/12/30-1989/06/22)  1回発言   8182文字発言
 第115回国会(臨時:1989/08/07-1989/08/12)  0回発言      0文字発言
 第116回国会(臨時:1989/09/28-1989/12/16)  1回発言   8217文字発言
 第117回国会(通常:1989/12/25-1990/01/24)  0回発言      0文字発言

       38期通算   (1986/07/06-1990/02/17)  3回発言  24283文字発言

本会議発言一覧

第109回国会 衆議院 本会議 第2号(1987/07/08、38期)

私は、公明党・国民会議を代表し、さきの政府演説並びに当面する課題に関して質問をいたします。総理、私どもは、一昨日、恐らくこれが最後であろうと思われるあなたの所信表明演説を伺ったのでありますが、この約四年半にわたった中曽根政治は、一体どんなものであったのか、本当に国民に貢献することができたであろうかと………会議録へ(外部リンク)

第114回国会 衆議院 本会議 第18号(1989/06/07、38期)

私は、公明党・国民会議を代表して、さきの総理演説に対し、重点事項に絞って質問を行うものであります。質問の冒頭に、中国の天安門で発生した流血事件について伺いたい。会議録へ(外部リンク)

第116回国会 衆議院 本会議 第3号(1989/10/04、38期)

私は、公明党・国民会議を代表して、さきの総理演説に対し質問をいたします。さて、内平らかにと平成の元号に託した望みとは裏腹に、政界は大激震をいたしました。我が国政治は、積年の病弊が一挙に爆発、内閣支持率が一けたに、その袋小路を脱出するため、竹下、宇野、海部内閣と、つかの間に慌ただしく政権をた会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(38期)

31期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第107回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  3回発言  34909文字発言
第108回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
第109回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  1回発言   8705文字発言
第110回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
第112回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  0回発言      0文字発言
第113回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

  38期通算  27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 27)  4回発言  43614文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 日本国有鉄道改革に関する特別委員会
            11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)  3回発言  34909文字発言

 商工委員会
             9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  0回発言      0文字発言

 運輸委員会
             7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  1回発言   8705文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第107回国会 衆議院 日本国有鉄道改革に関する特別委員会 第5号(1986/10/09、38期)

一昨日来いろいろと国鉄改革論議が交わされておるわけでございますが、私も、基本的な問題並びに用地の問題あるいは貨物問題、安全あるいは災害対策、そこら辺を中心にいたしまして、個別の問題についていろいろと伺…会議録へ(外部リンク)

第107回国会 衆議院 日本国有鉄道改革に関する特別委員会 第10号(1986/10/23、38期)

経企庁長官はお見えになっていますか。――それでは、経企庁に関する質問は後回しにいたしましょう。用地問題についてお伺いをいたしたいと存じます。会議録へ(外部リンク)

第107回国会 衆議院 日本国有鉄道改革に関する特別委員会 第11号(1986/10/24、38期)

私は、公明党・国民会議を代表し、日本国有鉄道改革法案など国鉄改革関連法案について、修正部分を含め、賛成の討論を行うものであります。毎年大幅赤字を続ける国鉄の経営状態が放置できない状態に陥っていること…会議録へ(外部リンク)

第109回国会 衆議院 運輸委員会 第3号(1987/08/19、38期)

日航法の廃止に伴いまして航空行政も大きく変わってくると思うのでございますが、そういった意味で、まず航空行政の基本的な問題から御質問を申し上げたいと思うわけでございます。日航が完全に民営化されるに従い…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(38期)

31期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:31期(1967/01/29-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-)
38期在籍の他の議員はこちら→38期衆議院統計 38期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22