坂井弘一衆議院議員 38期国会活動まとめ



在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
38期在籍の他の議員はこちら→38期衆議院統計 38期衆議院議員


衆議院本会議(38期)

32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議

本会議発言統計

 第106回国会(特別:1986/07/22-1986/07/25)  0回発言      0文字発言
 第107回国会(臨時:1986/09/11-1986/12/20)  0回発言      0文字発言
 第108回国会(通常:1986/12/29-1987/05/27)  1回発言   3476文字発言
 第109回国会(臨時:1987/07/06-1987/09/19)  0回発言      0文字発言
 第110回国会(臨時:1987/11/06-1987/11/11)  0回発言      0文字発言
 第111回国会(臨時:1987/11/27-1987/12/12)  0回発言      0文字発言
 第112回国会(通常:1987/12/28-1988/05/25)  0回発言      0文字発言
 第113回国会(臨時:1988/07/19-1988/12/28)  0回発言      0文字発言
 第114回国会(通常:1988/12/30-1989/06/22)  0回発言      0文字発言
 第115回国会(臨時:1989/08/07-1989/08/12)  0回発言      0文字発言
 第116回国会(臨時:1989/09/28-1989/12/16)  0回発言      0文字発言
 第117回国会(通常:1989/12/25-1990/01/24)  0回発言      0文字発言

       38期通算   (1986/07/06-1990/02/17)  1回発言   3476文字発言

本会議発言一覧

第108回国会 衆議院 本会議 第8号(1987/02/26、38期)

ただいま議長から御報告がありましたとおり、本院議員、総務庁長官玉置和郎君は、去る一月二十五日逝去されました。まことに痛恨の念にたえません。先生は、昨年七月、総務庁長官に就任以来、病魔と闘いながら、自己の政治理念を具現すべく、英邁な資質と幅広い見識をもって国政に挺身されておられました。しかし、病重くな………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(38期)

32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第106回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  2)  0回発言      0文字発言
第107回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  0)  2回発言  22281文字発言
第108回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員  0)  5回発言  47853文字発言
第109回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  0)  2回発言  27948文字発言
第110回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  0)  1回発言  15651文字発言
第111回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  0)  0回発言      0文字発言
第112回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  5)  4回発言  19932文字発言
第113回国会 23回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員 21)  3回発言  36953文字発言
第114回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  4)  2回発言  25585文字発言

  38期通算  64回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 32 委員 32) 19回発言 196203文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 税制問題等に関する調査特別委員会
            17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 17)  3回発言  36953文字発言

 土地問題等に関する特別委員会
            16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 16 委員  0)  3回発言  22482文字発言

 建設委員会
            16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 16 委員  0)  9回発言  98082文字発言

 逓信委員会
             7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  2回発言  13101文字発言

 予算委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  2回発言  25585文字発言

 リクルート問題に関する調査特別委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言

 公職選挙法改正に関する調査特別委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 建設委員会理事(第106回国会)
 建設委員会理事(第107回国会)
 建設委員会理事(第108回国会)
 建設委員会理事(第109回国会)
 建設委員会理事(第110回国会)
 土地問題等に関する特別委員会理事(第110回国会)
 建設委員会理事(第111回国会)
 土地問題等に関する特別委員会理事(第111回国会)
 土地問題等に関する特別委員会理事(第112回国会)
 土地問題等に関する特別委員会理事(第113回国会)
 土地問題等に関する特別委員会理事(第114回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第107回国会 衆議院 建設委員会 第1号(1986/10/29、38期)

国土庁長官、参議院の本会議がおありだそうでございますので、一問だけ先にお尋ねをいたしまして、御退席をいただきたいと思います。実は四全総ですが、私は、四全総は基本的には三全総の分散メカニズムの継承とい…会議録へ(外部リンク)

第107回国会 衆議院 建設委員会 第2号(1986/11/26、38期)

水資源問題、特に紀の川の分水問題、それからできれば関西国際空港の建設に係る外国企業の参入の問題、それから三原山の噴火、多岐にわたりますが、ちょっと順序を変えまして、最初に三原山の問題からお尋ねをしたい…会議録へ(外部リンク)

第108回国会 衆議院 建設委員会 第1号(1987/03/24、38期)

補助金カットに関連いたしまして、きょうは大蔵、自治両省にもおいでいただいてお…会議録へ(外部リンク)

第108回国会 衆議院 建設委員会 第2号(1987/05/14、38期)

天野大臣に、補正予算の編成の問題ですが、この間、中曽根総理が参議院の予算委員会で、内需拡大の大型の補正予算は六月中に骨格をつくって夏までには成立をさせたい、これは天野建設大臣が大変御熱心で、早くやれと…会議録へ(外部リンク)

第108回国会 衆議院 建設委員会 第3号(1987/05/15、38期)

治水は国づくりの基本と言われますが、国民の生命、財産を守るということで確かに治山治水事業というのは大変大事な事業でございます。ただ問題は、この治山事業、治水事業が適切に行われているかどうかということだ…会議録へ(外部リンク)

第108回国会 衆議院 建設委員会 第4号(1987/05/21、38期)

綿貫国土庁長官にお伺いしたいと思います。最近におきます東京での地価の暴騰、この原因についてはいろいろ言われるわけですが、せんじ詰めてみますと、どうも人も物も金も東京一極にすべてが集中をする。しかも、…会議録へ(外部リンク)

第108回国会 衆議院 建設委員会 第5号(1987/05/22、38期)

この総合保養地域整備、リゾート基地の開発は、四全総の中ではどういう位置づけになりますか。建設省では複合リゾートカントリー構想というのがございます。運輸省にはアトラクティブリゾート21構想、同じく運輸…会議録へ(外部リンク)

第109回国会 衆議院 建設委員会 第1号(1987/07/29、38期)

一万四千キロメートルに及びます高規格幹線道路網を全国に張りめぐらしまして高速交通体系を整備をしましょう、これは四全総の定住と交流ということを可能にする一つの大きな柱という位置づけのようでございますが、…会議録へ(外部リンク)

第109回国会 衆議院 建設委員会 第2号(1987/08/19、38期)

土地問題につきまして、土地の私権の制限、それに関連いたしまして国土利用計画法の運用の問題、それから公有地拡大法あるいは公有地拡大のための具体的なあり方、手法、さらには東京集中から地方分散への具体的な展…会議録へ(外部リンク)

第110回国会 衆議院 土地問題等に関する特別委員会 第2号(1987/11/19、38期)

たくさんお尋ねしたいと思いますので、ひとつお答えは簡潔にお願いしたいと思います。最初に、土地についての私の考え方といいますか、若干申し上げておきたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第112回国会 衆議院 逓信委員会 第5号(1988/04/14、38期)

よろしくお願いをいたします。近年、新しいメディアが次から次から大変目まぐるしく登場してまいりまして、急速な進歩発展を見つつある、そういう状況の中で、放送衛星BS3、これが近く打ち上げが予定をされてお…会議録へ(外部リンク)

第112回国会 衆議院 逓信委員会 第6号(1988/04/27、38期)

最初にちょっと大臣にお尋ねしたいと思います。いよいよ本格的な高齢化社会が到来をする。長寿社会とも言われますが、老後の生活設計、老後の所得保障、これをどうするかということで、年金の分野で見ますと、公的…会議録へ(外部リンク)

第112回国会 衆議院 土地問題等に関する特別委員会 第4号(1988/04/20、38期)

大変どうもありがとうございます。四人の参考人の先生方に一言ずつお願いしたいと思います。なぜ東京集中なのかということを考えますと、私は、根本原因といいますか最大原因は地方分権ができなかったからだ、こう…会議録へ(外部リンク)

第112回国会 衆議院 土地問題等に関する特別委員会 第5号(1988/04/25、38期)

本題に入ります前に、奥野長官は先ほど、日本だけが侵略国家と言われるのは当たっていない、こういう御発言でございました。そのことは、日本もやはり侵略国家には違いない。中国それから韓国も大変な大きな反発があ…会議録へ(外部リンク)

第113回国会 衆議院 税制問題等に関する調査特別委員会 第2号(1988/09/14、38期)

リクルート問題のポイントは三つあると思います。その一つは、権力の中枢にある政治家の政治的、道義的責任。それから二つ目には、いわゆる非公開株の譲渡を受けて、そして何百万あるいは何千万あるいは億を超えるよ…会議録へ(外部リンク)

第113回国会 衆議院 税制問題等に関する調査特別委員会 第8号(1988/10/14、38期)

今国民が一番知りたいこと、そして国会が解明しなければならないことは、これはもう言うまでもなく、あの江副さんが一体何の目的で、そしてだれに、いかほどの利得といいますか、あるいは恩恵というのでしょうか、を…会議録へ(外部リンク)

第113回国会 衆議院 税制問題等に関する調査特別委員会 第11号(1988/10/20、38期)

最初に、リクルートコスモス株の譲渡に関しまして、現職閣僚の宮沢大蔵大臣が御本人名義でその名前がリストアップされていた。行政府の長であります竹下総理にお伺いいたしますが、この政治的、道義的責任というもの…会議録へ(外部リンク)

第114回国会 衆議院 予算委員会 第5号(1989/02/20、38期)

初めに、竹下総理の基本的な認識、考え方について伺っておきたいと思います。戦後四十四年を経過いたしまして、この時期に戦後政治の功罪の見きわめをやらなければならぬ。また、その間しみついたあかというものを…会議録へ(外部リンク)

第114回国会 衆議院 予算委員会 第16号(1989/05/25、38期)

最初に、あなたは先ほど所見をお述べになりました。私の見解とは余りにも異にいたしますので、三点につきまして申し上げたいと思います。まず第一点。この場は私のみそぎであり、けじめである、こうおっしゃった。…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(38期)

32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書

質問主意書提出数

 38期(1986/07/06〜)  1本提出

質問主意書一覧

関西国際空港建設等に関する質問主意書
第116回国会 衆議院 質問主意書 第20号(1989/12/14提出、38期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
38期在籍の他の議員はこちら→38期衆議院統計 38期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22