瀬長亀次郎衆議院議員 38期国会活動まとめ



在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
38期在籍の他の議員はこちら→38期衆議院統計 38期衆議院議員


衆議院本会議(38期)

32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

 第106回国会(特別:1986/07/22-1986/07/25)  0回発言      0文字発言
 第107回国会(臨時:1986/09/11-1986/12/20)  0回発言      0文字発言
 第108回国会(通常:1986/12/29-1987/05/27)  0回発言      0文字発言
 第109回国会(臨時:1987/07/06-1987/09/19)  0回発言      0文字発言
 第110回国会(臨時:1987/11/06-1987/11/11)  0回発言      0文字発言
 第111回国会(臨時:1987/11/27-1987/12/12)  1回発言   6816文字発言
 第112回国会(通常:1987/12/28-1988/05/25)  0回発言      0文字発言
 第113回国会(臨時:1988/07/19-1988/12/28)  0回発言      0文字発言
 第114回国会(通常:1988/12/30-1989/06/22)  0回発言      0文字発言
 第115回国会(臨時:1989/08/07-1989/08/12)  0回発言      0文字発言
 第116回国会(臨時:1989/09/28-1989/12/16)  0回発言      0文字発言
 第117回国会(通常:1989/12/25-1990/01/24)  0回発言      0文字発言

       38期通算   (1986/07/06-1990/02/17)  1回発言   6816文字発言

本会議発言一覧

第111回国会 衆議院 本会議 第3号(1987/12/01、38期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、竹下新総理並びに関係閣僚に質問いたします。質問に先立ち、さきのインド洋上での南アフリカ航空機の墜落事故に関し、御家族を初め関係者の皆様方に心からのお見舞いを申し上げます。あわせて、国際・国内航空の安全確保に対する政府の万全の対策を要求するとともに、我が党もそのた………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(38期)

32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第106回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言    141文字発言
第107回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  2回発言   4562文字発言
第108回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  2回発言   5733文字発言
第109回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  4回発言  12235文字発言
第110回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言    147文字発言
第111回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言    146文字発言

  38期通算  18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 18) 11回発言  22964文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 沖縄及び北方問題に関する特別委員会
            16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 16) 11回発言  22964文字発言

 懲罰委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第106回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第1号(1986/07/23、38期)

これより会議を開きます。規則第百一条第四項の規定により、委員長が選任されるまで、私が委員長の職務を行います。会議録へ(外部リンク)

第107回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第1号(1986/09/11、38期)

これより会議を開きます。規則第百一条第四項の規定により、委員長が選任されるまで、私が委員長の職務を行います。会議録へ(外部リンク)

第107回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号(1986/12/10、38期)

私は主として失業問題、雇用問題についてお伺いします。その前に、沖縄振興開発計画というのは二十六年余にわたるアメリカの占領支配のもとで沖縄県民の生活、産業、経済が破壊されたということで、せめて本土並み…会議録へ(外部リンク)

第108回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第1号(1986/12/29、38期)

これより会議を開きます。規則第百一条第四項の規定により、委員長が選任されるまで、私が委員長の職務を行います。会議録へ(外部リンク)

第108回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第2号(1987/03/25、38期)

最初に、ハリアー基地問題について質問します。本論に入る前に、三月四日に那覇市議会が全会一致でハリアー基地建設に反対する意見書を決議した。そこで那覇市議会は、議長は自民党なんですよ、議長、副議長が議会…会議録へ(外部リンク)

第109回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第1号(1987/07/06、38期)

これより会議を開きます。衆議院規則第百一条第四項の規定によりまして、委員長が選任されるまで、私が委員長の職務を行います。会議録へ(外部リンク)

第109回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第2号(1987/08/19、38期)

私は、発がん性物質石綿、アスベスト汚染について質問いたします。沖縄の元牧港米軍住宅区域が去る五月三十一日付で全面返還がされた、それに伴って七百七十二棟の建物が原状回復のため取り壊されております。防衛…会議録へ(外部リンク)

第109回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号(1987/09/02、38期)

最初に、北方領土問題についてお伺いします。現在、政府が防衛政策を進めている、この中で特に重視しなければいけないのは、六十二年版防衛白書で「侵略への対処」の項を新しく設けて、北部日本の防衛を重視という…会議録へ(外部リンク)

第109回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第4号(1987/09/11、38期)

私、嘉手納RAPCONの返還問題について、それに絞って大臣にお伺いします。政府は、昭和四十九年四月五日、衆議院内閣委員会で私の質問に対して、技術的に可能な状態になれば、三つの空港の進入管制は「当然、…会議録へ(外部リンク)

第110回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第1号(1987/11/06、38期)

これより会議を開きます。衆議院規則第百一条第四項の規定によりまして、委員長が選任されるまで、私が委員長の職務を行います。会議録へ(外部リンク)

第111回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第1号(1987/11/27、38期)

これより会議を開きます。衆議院規則第百一条第四項の規定によりまして、委員長が選任されるまで、私が委員長の職務を行います。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(38期)

32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 38期(1986/07/06〜)  4本提出

質問主意書一覧

沖縄の振興開発に関する質問主意書
第107回国会 衆議院 質問主意書 第8号(1986/10/24提出、38期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

米軍ハリアー訓練基地建設に関する質問主意書
第108回国会 衆議院 質問主意書 第11号(1987/03/09提出、38期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

自由貿易地域に関する質問主意書
第108回国会 衆議院 質問主意書 第22号(1987/03/23提出、38期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

石綿(アスベスト)汚染対策に関する質問主意書
第109回国会 衆議院 質問主意書 第33号(1987/09/14提出、38期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
38期在籍の他の議員はこちら→38期衆議院統計 38期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22