国会議員白書トップ衆議院議員森喜朗>39期国会活動まとめ

森喜朗衆議院議員 39期国会活動まとめ



在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-)
39期在籍の他の議員はこちら→39期衆議院統計 39期衆議院議員


衆議院本会議(39期)

32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議 - 43期本会議 - 44期本会議 - 45期本会議

本会議発言統計

 第118回国会(特別:1990/02/27-1990/06/26)  0回発言      0文字発言
 第119回国会(臨時:1990/10/12-1990/11/10)  0回発言      0文字発言
 第120回国会(通常:1990/12/10-1991/05/08)  1回発言    339文字発言
 第121回国会(臨時:1991/08/05-1991/10/04)  3回発言   2155文字発言
 第122回国会(臨時:1991/11/05-1991/12/21)  1回発言   5704文字発言
 第123回国会(通常:1992/01/24-1992/06/21)  2回発言  14699文字発言
 第124回国会(臨時:1992/08/07-1992/08/11)  0回発言      0文字発言
 第125回国会(臨時:1992/10/30-1992/12/10)  0回発言      0文字発言
 第126回国会(通常:1993/01/22-1993/06/18)  2回発言   2404文字発言

       39期通算   (1990/02/18-1993/07/17)  9回発言  25301文字発言

本会議発言一覧

第120回国会 衆議院 本会議 第27号(1991/05/07、39期)

ただいま議題となりました国会法の一部を改正する法律案につきまして、提案の趣旨を御説明申し上げます。御承知のように、国会法第四十一条において各議院の常任委員会の種類が規定されておりますが、今回の改正は、衆議院の社会労働委員会を厚生委員会と労働委員会とに分けようとするものであります。会議録へ(外部リンク)

第121回国会 衆議院 本会議 第1号(1991/08/05、39期)

ただいま議題となりました衆議院規則の一部を改正する規則案につきまして、提案の趣旨を御説明申し上げます。御承知のとおり前国会におきまして、社会労働委員会を厚生委員会と労働委員会に分ける国会法の改正が行われ、本日から施行されることになっております。会議録へ(外部リンク)

第121回国会 衆議院 本会議 第5号(1991/09/06、39期)

ただいま議題となりました国会法の一部を改正する法律案及び裁判官弾劾法の一部を改正する法律案につきまして、提案の趣旨を御説明申し上げます。まず、国会法の一部を改正する法律案についてでありますが、御承知のように、常会の一月召集につきましては、多年にわたり国会改革の一環として論議されてきた問題であります。会議録へ(外部リンク)

第121回国会 衆議院 本会議 第14号(1991/10/02、39期)

ただいま議題とたりました国会法の一部を改正する法律案につきまして、提案の趣旨を御説明申し上げます。御承知のように、国会法第四十一条において各議院の常任委員会の種類が規定されておりますが、今回の改正は、衆議院に常任委員会として安全保障委員会を増設しようとするものであります。会議録へ(外部リンク)

第122回国会 衆議院 本会議 第3号(1991/11/11、39期)

私は、自由民主党を代表して、宮沢総理の所信表明演説に対し、質問を行います。宮沢総理は、任期満了に伴う自民党総裁選挙において、党員の多大な支持を受け、十五人目の総裁に選任され、引き続き本国会において第七十八代内閣総理大臣に指名されました。私は、ここに心からお祝いを申し上げる次第です。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 本会議 第2号(1992/01/28、39期)

私は、自由民主党を代表して、宮沢総理の施政方針演説に対し、質問をいたします。我が党に所属していた本院の阿部文男議員が一月十三日、国務大臣の職務に関した受託収賄の容疑で検察庁特捜部に逮捕されましたことは、極めて遺憾なことであります。阿部文男議員の問題とはいえ、このような事件はあってはならないことであり………会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 本会議 第32号(1992/06/14、39期)

私は、自由民主党を代表いたしまして、ただいま議題となりました宮沢内閣に対する信任決議案について、提案の趣旨を御説明し、御賛同を賜りたいと存じます。まず、決議案の案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 本会議 第16号(1993/04/06、39期)

永井先生から御指摘ございました振興基準の法的規制の点につきましては、下請中小企業振興法の振興基準は、下請中小企業の振興を図るため下請事業者及び親事業者のよるべき一般的な基準でございまして、その内容は、御承知のとおり、下請事業者及び親事業者双方の努力目標を定めたものでございます。このため、こうした努力………会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 本会議 第27号(1993/05/18、39期)

宮地議員御指摘の電力・ガスの差益還元の問題につきましては、為替レートの円高による影響のみならず、原油価格上昇による影響をも勘案する必要がございますので、現段階では、差益還元を具体的に議論できる状況にはないものと考えております。いずれにいたしましても、今後、仮に大幅な差益が生じるに至った場合には、電力………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(39期)

32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会 - 43期委員会 - 44期委員会 - 45期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第118回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  0回発言      0文字発言
第120回国会 25回出席(長 25 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言
第121回国会 15回出席(長 15 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言
第122回国会  2回出席(長  1 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

  39期通算  50回出席(長 41 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  0回発言      0文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 議院運営委員会
            41回出席(長 41 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言

 逓信委員会
             8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  0回発言      0文字発言

 地方行政委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 議院運営委員会委員長(第120回国会)
 議院運営委員会委員長(第121回国会)
 議院運営委員会委員長(第122回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験


※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

 期間中、委員会での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院質問主意書(39期)

32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書 - 43期質問主意書 - 44期質問主意書 - 45期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-)
39期在籍の他の議員はこちら→39期衆議院統計 39期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22