津島雄二衆議院議員 39期国会活動まとめ



在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-)
39期在籍の他の議員はこちら→39期衆議院統計 39期衆議院議員


衆議院本会議(39期)

34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議 - 43期本会議 - 44期本会議

本会議発言統計

 第118回国会(特別:1990/02/27-1990/06/26)  2回発言   9333文字発言
 第119回国会(臨時:1990/10/12-1990/11/10)  0回発言      0文字発言
 第120回国会(通常:1990/12/10-1991/05/08)  0回発言      0文字発言
 第121回国会(臨時:1991/08/05-1991/10/04)  0回発言      0文字発言
 第122回国会(臨時:1991/11/05-1991/12/21)  0回発言      0文字発言
 第123回国会(通常:1992/01/24-1992/06/21)  0回発言      0文字発言
 第124回国会(臨時:1992/08/07-1992/08/11)  0回発言      0文字発言
 第125回国会(臨時:1992/10/30-1992/12/10)  0回発言      0文字発言
 第126回国会(通常:1993/01/22-1993/06/18)  2回発言   6330文字発言

       39期通算   (1990/02/18-1993/07/17)  4回発言  15663文字発言

本会議発言一覧

第118回国会 衆議院 本会議 第5号(1990/03/06、39期)

新村議員の質問の第一点は、年金の支給開始年齢の繰り延べの問題について今後どうするかということでございました。老後の所得保障の柱として、年金制度の確立は政治上の最大の課題でございます。しかしながら、高齢化の急速な進展の中で現行制度を維持することもまたなかなか容易でないことば、御承知のとおりでございます………会議録へ(外部リンク)

第118回国会 衆議院 本会議 第24号(1990/06/08、39期)

ただいま議題となりました老人福祉法等の一部を改正する法律案について、その趣旨を御説明申し上げます。二十一世紀を十年後に控え、人口の高齢化が急速に進行する今日、国民が健康で生きがいを持ち安心して生涯を過ごせるような明るい活力のある長寿・福祉社会をつくり上げていくことは、我が国の当面する最大の課題となっ………会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 本会議 第19号(1993/04/13、39期)

政治資金に関する川崎議員の御質問にお答えいたします。本来、議会制民主主義は、国民が自発的にコストを負担しながら政治に積極的に参加することによって機能するものでございます。政治と金をめぐる問題で国民の不信を招かないようにするためには、何よりも政治家個々の政治倫理の確立が重要ですが、それとともに、なぜ多………会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 本会議 第20号(1993/04/14、39期)

堀込議員の政治資金に関する部分について御答弁申し上げます。まず最初に、今回の改正が政治腐敗に対応するのに十分な防止策が講ぜられておるかということでございます。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(39期)

34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会 - 43期委員会 - 44期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第120回国会 18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 18)  1回発言    809文字発言
第121回国会 13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 13)  1回発言   2430文字発言
第122回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
第123回国会 15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 15 委員  0)  0回発言      0文字発言
第124回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言
第125回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  1)  1回発言  14160文字発言
第126回国会 28回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 10 委員 18)  3回発言  14295文字発言

  39期通算  79回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 27 委員 52)  6回発言  31694文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 法務委員会
            27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 27 委員  0)  1回発言   7298文字発言

 予算委員会
            22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 22)  2回発言  14969文字発言

 政治改革に関する調査特別委員会
            18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 18)  2回発言   6997文字発言

 証券及び金融問題に関する特別委員会
             9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  1回発言   2430文字発言

 安全保障委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 環境委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 法務委員会理事(第123回国会)
 法務委員会理事(第124回国会)
 法務委員会理事(第125回国会)
 法務委員会理事(第126回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第120回国会 衆議院 予算委員会 第23号(1991/03/14、39期)

第三分科会における審査の経過を御報告申し上げます。本分科会も同様に、三月十一日から十三日までの三日間審査を行いました。会議録へ(外部リンク)

第121回国会 衆議院 証券及び金融問題に関する特別委員会 第4号(1991/08/29、39期)

自由民主党の津島雄二です。田渕証人、大変御苦労さまですが、今回の証券不祥事は、我々国民にとって理解に苦しむほど不公正なものであるという印象は免れない。損失をこうむった一般投資家から見れば許しがたい気…会議録へ(外部リンク)

第125回国会 衆議院 予算委員会 第2号(1992/11/24、39期)

私は、自民党を代表いたしまして、景気対策、補正予算、行政改革等の諸問題を中心といたしまして、今国民の皆様が知りたいと感じておられる点に絞って、総理初め閣僚に質問をさせていただきます。特に、総理におか…会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 政治改革に関する調査特別委員会 第4号(1993/03/24、39期)

委員長、ありがとうございます。自由民主党の津島雄二でございます。田原さん、堀田さん、お二人のお話、大変参考にもなりましたし、教えられる点が多くて大変ありがたく思っておりますが、さらに理解を深めるため…会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 政治改革に関する調査特別委員会 第15号(1993/05/12、39期)

午前中の討議を拝聴しておりまして、私どもこれまで議論を重ねてきましたけれども、あのような形で本当に率直な意見の交換をすることがかなり建設的だなという認識を持ったわけであります。そのような立場から、今の…会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 法務委員会 第8号(1993/04/21、39期)

きょうは時間をいただきまして、商法等の一部を改正する法律案について御質問をさせていただきます。商法も戦後何度も改正をされて今日に至っておるわけでありますけれども、これは商法の中で特に会社法の関係であ…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(39期)

34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書 - 43期質問主意書 - 44期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-)
39期在籍の他の議員はこちら→39期衆議院統計 39期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22