谷垣禎一衆議院議員 39期国会活動まとめ



在籍期:36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-) - 46期(2012/12/16-) - 47期(2014/12/14-)
39期在籍の他の議員はこちら→39期衆議院統計 39期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(39期)

36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議 - 43期本会議 - 44期本会議 - 45期本会議 - 46期本会議 - 47期本会議

本会議発言統計

 第118回国会(特別:1990/02/27-1990/06/26)  0回発言      0文字発言
 第119回国会(臨時:1990/10/12-1990/11/10)  0回発言      0文字発言
 第120回国会(通常:1990/12/10-1991/05/08)  0回発言      0文字発言
 第121回国会(臨時:1991/08/05-1991/10/04)  0回発言      0文字発言
 第122回国会(臨時:1991/11/05-1991/12/21)  0回発言      0文字発言
 第123回国会(通常:1992/01/24-1992/06/21)  5回発言   4665文字発言
 第124回国会(臨時:1992/08/07-1992/08/11)  0回発言      0文字発言
 第125回国会(臨時:1992/10/30-1992/12/10)  0回発言      0文字発言
 第126回国会(通常:1993/01/22-1993/06/18)  0回発言      0文字発言

       39期通算   (1990/02/18-1993/07/17)  5回発言   4665文字発言

本会議発言一覧

第123回国会 衆議院 本会議 第8号(1992/03/06、39期)

ただいま議題となりました両案について、逓信委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。まず、通信・放送衛星機構法の一部を改正する法律案でありますが、本案は、電気通信分野における最近の急速な技術革新の動向を踏まえて、通信・放送衛星機構に通信・放送技術の向上を図るための業務を追加するとともに、………会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 本会議 第13号(1992/03/26、39期)

ただいま議題となりました放送法第三十七条第二項の規定に基づき、承認を求めるの件について、逓信委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。本件は、日本放送協会の平成四年度収支予算、事業計画及び資金計画について、国会の承認を求めるものであります。会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 本会議 第19号(1992/04/16、39期)

ただいま議題となりました両案について、逓信委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。まず、郵便貯金法の一部を改正する法律案でありますが、本案は、郵便貯金の預金者の利益の増進を図り、あわせて金融自由化に的確に対応するため、所要の改善を行おうとするもので、その主な内容は、会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 本会議 第23号(1992/05/14、39期)

ただいま議題となりました三法律案について、逓信委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。まず、郵便法の一部を改正する法律案の主な内容は、会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 本会議 第26号(1992/05/22、39期)

ただいま議題となりました法律案について、逓信委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。本案は、最近における電波利用の増加等の状況にかんがみ、電波の適正な利用の確保に関し郵政大臣が無線局全体の受益を直接の目的として行う事務の処理に要する電波利用共益費用の財源に充てるために免許人から電波利用………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(39期)

36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会 - 43期委員会 - 44期委員会 - 45期委員会 - 46期委員会 - 47期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第120回国会 36回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 35 委員  1)  1回発言    575文字発言
第121回国会 24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 24 委員  0)  0回発言      0文字発言
第122回国会  4回出席(長  2 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  0回発言      0文字発言
第123回国会 11回出席(長 11 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言
第124回国会  1回出席(長  1 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言
第125回国会  3回出席(長  2 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
第126回国会 52回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 35 委員 17)  4回発言   4637文字発言

  39期通算 131回出席(長 16 代理理事 0 代理 0 理事 96 委員 19)  5回発言   5212文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

議院運営委員会
            77回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 76 委員  1)   5回発言   5212文字発言

逓信委員会
            27回出席(長 16 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)   0回発言      0文字発言

内閣委員会
            12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 12 委員  0)   0回発言      0文字発言

国際平和協力等に関する特別委員会
             8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員  0)   0回発言      0文字発言

安全保障委員会
             6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)   0回発言      0文字発言

外務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

逓信委員会委員長(第122回国会)
逓信委員会委員長(第123回国会)
逓信委員会委員長(第124回国会)
逓信委員会委員長(第125回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

議院運営委員会理事(第120回国会)
内閣委員会理事(第120回国会)
議院運営委員会理事(第121回国会)
国際平和協力等に関する特別委員会理事(第121回国会)
内閣委員会理事(第121回国会)
議院運営委員会理事(第122回国会)
国際平和協力等に関する特別委員会理事(第122回国会)
議院運営委員会理事(第126回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第120回国会 衆議院 議院運営委員会 第7号(1991/01/23、39期)

国立国会図書館の平成三年度歳出予算の要求について御説明申し上げます。平成三年度予定経費要求の総額は、百三十八億四千百万円余でございまして、これを前年度予算と比較いたしますと、四億八千三百万円余の増額…会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 議院運営委員会 第12号(1993/03/25、39期)

国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律の一部を改正する法律案外二件について御説明申し上げます。第一は、国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律の一部改正の件でありますが、これは、本年四月から、…会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 議院運営委員会 第22号(1993/04/22、39期)

庶務小委員会において協議決定いたしました案件について御報告いたします。まず、国会議員の秘書の給与等に関する法律の一部改正の件でありますが、これは、議員の職務の遂行を補佐する秘書二人のほか、新たに主と…会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 議院運営委員会 第23号(1993/04/27、39期)

国会議員の政策担当秘書資格試験等実施規程案について御説明いたします。この規程案は、去る二十二日の庶務小委員会において、その取り扱いについては、私、庶務小委員長に一任させていただいたものであります。会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 議院運営委員会 第34号(1993/06/15、39期)

我が党といたしましては、趣旨説明制度の運用につきましては、もう一度制度の原点に立ち返ってこれからの運用を図るべきではないかと考えております。言うまでもございませんが、今の国会法がとっております委員会…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(39期)

36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書 - 43期質問主意書 - 44期質問主意書 - 45期質問主意書 - 46期質問主意書 - 47期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-) - 46期(2012/12/16-) - 47期(2014/12/14-)
39期在籍の他の議員はこちら→39期衆議院統計 39期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12