富塚三夫衆議院議員 39期国会活動まとめ



在籍期:37期(1983/12/18-) - 39期(1990/02/18-)
39期在籍の他の議員はこちら→39期衆議院統計 39期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(39期)

37期本会議 - 39期本会議

本会議発言統計

 第118回国会(特別:1990/02/27-1990/06/26)  1回発言   3589文字発言
 第119回国会(臨時:1990/10/12-1990/11/10)  0回発言      0文字発言
 第120回国会(通常:1990/12/10-1991/05/08)  0回発言      0文字発言
 第121回国会(臨時:1991/08/05-1991/10/04)  0回発言      0文字発言
 第122回国会(臨時:1991/11/05-1991/12/21)  0回発言      0文字発言
 第123回国会(通常:1992/01/24-1992/06/21)  0回発言      0文字発言
 第124回国会(臨時:1992/08/07-1992/08/11)  0回発言      0文字発言
 第125回国会(臨時:1992/10/30-1992/12/10)  0回発言      0文字発言
 第126回国会(通常:1993/01/22-1993/06/18)  0回発言      0文字発言

       39期通算   (1990/02/18-1993/07/17)  1回発言   3589文字発言

本会議発言一覧

第118回国会 衆議院 本会議 第6号(1990/03/22、39期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表して、ただいま議題となりました租税特別措置法の一部を改正する法律案に対して、総理並びに関係大臣に御質問いたします。私は、今から十五年前、当時三木内閣の官房副長官であった海部さんとは激しくやり合った仲ですが、今や海部さんは押しも押されぬ天下の総埋大臣として国内外を東奔西………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(39期)

37期委員会 - 39期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第118回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  2回発言  12590文字発言
第119回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
第120回国会 19回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 19)  3回発言  25466文字発言
第121回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
第122回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
第123回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 16)  4回発言  32447文字発言
第124回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
第125回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
第126回国会 23回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 23)  3回発言  45527文字発言

  39期通算  76回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 76) 12回発言 116030文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

大蔵委員会
            53回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 53)   9回発言  70503文字発言

予算委員会
            22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 22)   3回発言  45527文字発言

社会労働委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第118回国会 衆議院 大蔵委員会 第7号(1990/03/28、39期)

おはようございます。きのう我が党の議員が、提案されている議題の法案についていろいろな角度から質問されましたけれども、若干重複する部分があるかもしれませんが、質問をさせていただきたい。会議録へ(外部リンク)

第118回国会 衆議院 大蔵委員会 第9号(1990/04/27、39期)

社会党の富塚三夫です。高橋さんに御質問したいんですけれども、現存する消費税の取り扱いの問題で、なるほど消費税導入によって税制の理解は深まったことは事実だと、私もそう思います。同時に、これからの与野党…会議録へ(外部リンク)

第120回国会 衆議院 大蔵委員会 第7号(1991/02/27、39期)

沢田委員の方からも申し上げましたが、この法律案は、きのうの本会議で趣旨の説明がなされまして、各党代表の質疑が行われ、夕刻から大蔵大臣のこの法案の趣旨の説明がさらにありました。審議する前提といたしまし…会議録へ(外部リンク)

第120回国会 衆議院 大蔵委員会 第14号(1991/04/12、39期)

石先生にぜひお尋ねしたいと思いますが、ずばり今度の政府提案のこの地価税法案についてどのように評価されているのか。一口で言うと、その問題についてどう評価されているのか。御案内のように、先生大分税調で努…会議録へ(外部リンク)

第120回国会 衆議院 大蔵委員会 第19号(1991/07/25、39期)

きょうのこの大蔵委員会は国民の側が大変注目をしている。午前中の質疑でもありましたように、証人喚問の問題、また補てん先の公表の問題、こういう問題についてやはり明確に大蔵委員会としての態度を打ち出すべきだ…会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 大蔵委員会 第5号(1992/02/27、39期)

私は、まず最初に日本銀行の金融政策の問題についてお尋ねいたしたいと思うのですが、バブルの発生そして崩壊、政府と日本銀行のその対策、何が問題で責任の所在は一体どういうことなのかということについて、まずお…会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 大蔵委員会 第8号(1992/03/17、39期)

私もできるだけ簡潔に問題点を質問いたしますので、誠意ある答弁をお願いいたしたいと思います。関税定率法等の一部を改正する法律案の中で、税関に働く人たちの労働条件と港湾労働者の問題について質問をさせてい…会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 大蔵委員会 第13号(1992/05/15、39期)

昨年の証券スキャンダル発生以来、証券業界や行政当局に対する国民の不信感は極度に達している、こう言われています。国会での多くの審議あるいは第三次行政改革審議会の答申、また証券取引審議会の審議の動向などを…会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 大蔵委員会 第18号(1992/05/29、39期)

きょうは日本銀行から福井理事に参考人として出席をしていただきまして、ありがとうございました。実は私、二月二十七日の大蔵委員会で、日本銀行に対する金融政策の問題についていろいろ御質問したのでありますけれ…会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 予算委員会 第5号(1993/02/04、39期)

私は、最初に宮沢内閣の政治姿勢の問題についてお尋ねをいたしたいと思います。宮沢内閣が改造内閣の発足とともに、変革の問題、あるいは社会党なども、我々なども、激動、変化、改革。両者の情勢認識もだんだん私…会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 予算委員会 第13号(1993/02/24、39期)

最初に、円高問題。勢いがとまらない。一昨日は百十五円台、きのうはやや持ち直して百十六円台になっていますが、史上最高値を更新をしている。これはアメリカを初めとしてヨーロッパが、日本が大幅な貿易黒字を出し…会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 予算委員会 第23号(1993/05/21、39期)

私は、カンボジアPKOの問題、そして政治腐敗構造の根絶の問題を中心とした御質問をいたしたいというふうに思います。今カンボジアPKOに派遣された自衛隊の家族の皆さん、あるいは文民警察官やまたボランティ…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(39期)

37期質問主意書 - 39期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:37期(1983/12/18-) - 39期(1990/02/18-)
39期在籍の他の議員はこちら→39期衆議院統計 39期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12