貝沼次郎衆議院議員 40期国会活動まとめ



在籍期:32期(1969/12/27-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-)
40期在籍の他の議員はこちら→40期衆議院統計 40期衆議院議員


衆議院本会議(40期)

32期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議

本会議発言統計

 第127回国会(特別:1993/08/05-1993/08/28)  0回発言      0文字発言
 第128回国会(臨時:1993/09/17-1994/01/29)  0回発言      0文字発言
 第129回国会(通常:1994/01/31-1994/06/29)  0回発言      0文字発言
 第130回国会(臨時:1994/07/18-1994/07/22)  0回発言      0文字発言
 第131回国会(臨時:1994/09/30-1994/12/09)  0回発言      0文字発言
 第132回国会(通常:1995/01/20-1995/06/18)  1回発言   1026文字発言
 第133回国会(臨時:1995/08/04-1995/08/08)  0回発言      0文字発言
 第134回国会(臨時:1995/09/29-1995/12/15)  0回発言      0文字発言
 第135回国会(臨時:1996/01/11-1996/01/13)  0回発言      0文字発言
 第136回国会(通常:1996/01/22-1996/06/19)  1回発言   3609文字発言
 第137回国会(臨時:1996/09/27-1996/09/27)  0回発言      0文字発言

       40期通算   (1993/07/18-1996/10/19)  2回発言   4635文字発言

本会議発言一覧

第132回国会 衆議院 本会議 第14号(1995/03/10、40期)

ただいま議題となりました三法律案につきまして、交通安全対策特別委員会におけみ審査の経過及び結果を御報告申し上げます。初めに、海上衝突予防法の一部を改正する法律案について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 本会議 第17号(1996/04/12、40期)

私は、新進党を代表して、民事訴訟法案の趣旨説明に対し、政府に質問いたします。司法は、人権の保障と紛争の解決という二つの役割を担っております。我が国社会経済の発展と行政の肥大化は、国民生活の隅々まで行政の関与、規制が及び、行政と国民のあつれきが多発しております。また、国民相互の法的紛争も増大しており、………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(40期)

32期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第127回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言
第128回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  1)  1回発言   7961文字発言
第129回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  5)  0回発言      0文字発言
第130回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  2)  1回発言   3281文字発言
第131回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  4)  1回発言    145文字発言
第132回国会 16回出席(長  7 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  8)  0回発言      0文字発言
第133回国会  4回出席(長  2 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
第134回国会  4回出席(長  2 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
第135回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
第136回国会 23回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 23)  3回発言  27884文字発言

  40期通算  77回出席(長 11 代理理事 0 代理 0 理事 18 委員 48)  6回発言  39271文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 内閣委員会
            31回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 18 委員 13)  1回発言   3281文字発言

 法務委員会
            13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 13)  1回発言  11304文字発言

 交通安全対策特別委員会
            11回出席(長 11 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言

 規制緩和に関する特別委員会
            10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  1回発言    145文字発言

 地方行政委員会
             9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  1回発言   6320文字発言

 政治改革に関する調査特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   7961文字発言

 予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言  10260文字発言

 懲罰委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 交通安全対策特別委員会委員長(第132回国会)
 交通安全対策特別委員会委員長(第133回国会)
 交通安全対策特別委員会委員長(第134回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 内閣委員会理事(第127回国会)
 内閣委員会理事(第128回国会)
 内閣委員会理事(第129回国会)
 内閣委員会理事(第130回国会)
 内閣委員会理事(第131回国会)
 内閣委員会理事(第132回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第128回国会 衆議院 政治改革に関する調査特別委員会 第4号(1993/10/19、40期)

公明党を代表して、質問をさせていただきます。委員長、発言を許していただきましてありがとうございます。この前の総選挙の前、随分と私どもは政治改革の議論をいたしました。そしてその後、総選挙の争点も政治改…会議録へ(外部リンク)

第130回国会 衆議院 内閣委員会 第2号(1994/08/23、40期)

先ほどから人事院勧告に対する質問が出ておりまして、私が大体お尋ねしようと思ったことがダブっております。したがって、同じことを何回もやるのも時間のないときにつまらないことでありますから、確認だけしておき…会議録へ(外部リンク)

第131回国会 衆議院 規制緩和に関する特別委員会 第1号(1994/09/30、40期)

これより会議を開きます。衆議院規則第百一条第四項の規定によりまして、委員長が選任されるまで、私が委員長の職務を行います。会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 地方行政委員会 第3号(1996/02/22、40期)

初めての質問でありますのでいろいろなことをお尋ねしようかなと初め考えましたが、大臣の所信について、大臣のお考えになっていることを端的にお伺いした方がむしろ大事なのではないかなという感じがいたしましたの…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 法務委員会 第10号(1996/05/24、40期)

新進党の貝沼次郎でございます。先般、本会議で代表質問をさせていただきました。あの代表質問の中身と現在の私の認識は変わっておりません。全く同じです。会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 予算委員会 第17号(1996/02/21、40期)

新進党の貝沼次郎でございます。若干の質問をさせていただきたいと存じます。まず初めに、今回は住専の問題が随分関心が高く、世間は怒っております。大蔵大臣、世間は怒っているのですよ。国会の議論をいろいろ聞…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(40期)

32期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:32期(1969/12/27-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-)
40期在籍の他の議員はこちら→40期衆議院統計 40期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22