深谷隆司衆議院議員 40期国会活動まとめ



在籍期:33期(1972/12/10-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 44期(2005/09/11-)
40期在籍の他の議員はこちら→40期衆議院統計 40期衆議院議員


衆議院本会議(40期)

33期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 44期本会議

本会議発言統計

 第127回国会(特別:1993/08/05-1993/08/28)  0回発言      0文字発言
 第128回国会(臨時:1993/09/17-1994/01/29)  1回発言   4385文字発言
 第129回国会(通常:1994/01/31-1994/06/29)  0回発言      0文字発言
 第130回国会(臨時:1994/07/18-1994/07/22)  0回発言      0文字発言
 第131回国会(臨時:1994/09/30-1994/12/09)  0回発言      0文字発言
 第132回国会(通常:1995/01/20-1995/06/18)  1回発言   2100文字発言
 第133回国会(臨時:1995/08/04-1995/08/08)  0回発言      0文字発言
 第134回国会(臨時:1995/09/29-1995/12/15)  1回発言   1316文字発言
 第135回国会(臨時:1996/01/11-1996/01/13)  0回発言      0文字発言
 第136回国会(通常:1996/01/22-1996/06/19)  0回発言      0文字発言
 第137回国会(臨時:1996/09/27-1996/09/27)  0回発言      0文字発言

       40期通算   (1993/07/18-1996/10/19)  3回発言   7801文字発言

本会議発言一覧

第128回国会 衆議院 本会議 第11号(1993/11/30、40期)

私は、自由民主党・自由国民会議を代表し、本日提出された第二次補正予算に関連して、細川総理並びに関係閣僚に対し質問をいたします。総理、あなたは今日本国じゅうを覆う深刻な不況の実態を本当に認識しておられますか。とりわけ中小企業者の悲鳴にも似た声が聞こえておられるでしょうか。私は率直に申し上げて、大不況に………会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 本会議 第11号(1995/02/27、40期)

私は、自由民主党・自由連合、日本社会党・護憲民主連合、新党さきがけを代表し、ただいま議題となっております平成七年度予算三案に対し、賛成の討論を行います。まず申し上げたいことは、このたびの予算が相当の審議時間を重ねながらも異例の速さで進められたという点であります。会議録へ(外部リンク)

第134回国会 衆議院 本会議 第3号(1995/10/03、40期)

国家公安委員長としてお答えを申し上げます。中野議員の御指摘のように、日本は世界で有数の治安国家として評価が高かったのでありますが、昨今は、宗教団体に名をかりたオウム真理教関連事件とか、あるいは銃器とか薬物による凶悪犯罪が非常に多くなってまいりまして、やや陰りが出てきたような、そのような思いがいたします。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(40期)

33期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 44期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第127回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言
第128回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 10 委員  0)  3回発言  34396文字発言
第129回国会 22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 22 委員  0)  4回発言  59619文字発言
第130回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言
第131回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  0)  1回発言   8680文字発言
第132回国会 33回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 33 委員  0)  5回発言  15853文字発言
第133回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言
第136回国会 32回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 32 委員  0)  3回発言  31817文字発言

  40期通算 104回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事104 委員  0) 16回発言 150365文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 予算委員会
           104回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事104 委員  0) 16回発言 150365文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 予算委員会理事(第127回国会)
 予算委員会理事(第128回国会)
 予算委員会理事(第129回国会)
 予算委員会理事(第130回国会)
 予算委員会理事(第131回国会)
 予算委員会理事(第132回国会)
 予算委員会理事(第133回国会)
 予算委員会理事(第136回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第128回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1993/10/05、40期)

ただいま羽田外務大臣から、ロシアにおける混乱の状況についての御報告がございました。私どもは新聞、ニュースを通じてしか現地の情勢はわからないのでありますが、多くの新聞の報道するところでは、最高会議ビル…会議録へ(外部リンク)

第128回国会 衆議院 予算委員会 第4号(1993/10/06、40期)

ただいま統一見解いただきましたが、今ここの場所でいただいたのであって、私は、検討する時間もないから休憩を求めます。それでは、深谷君の質疑は後回しにいたしまして、野中君の質問に入ります。(深谷委員「委…会議録へ(外部リンク)

第128回国会 衆議院 予算委員会 第10号(1993/12/08、40期)

私は、都市出身の議員として、きょうは相続税を専ら質問しようと思ったのでありますが、ここのところ繰り返されている米問題について、まことに大きな問題が次から次へと出ておりますから、まずそのことから質問をさ…会議録へ(外部リンク)

第129回国会 衆議院 予算委員会 第1号(1994/02/18、40期)

まず、質問を申し上げる前に、私は委員長に申し上げたいことがございます。細川内閣が誕生いたしましてから今日まで、まことに厳しい景気の状態の中にありますので、当委員会といたしましては、財政問題を検討する…会議録へ(外部リンク)

第129回国会 衆議院 予算委員会 第7号(1994/05/23、40期)

私は、自由民主党を代表いたしまして、ただいまから質問をさせていただきたいと思います。羽田総理大臣、ついきのうまであなたとは同じ政党で席を並べて大いに議論したものであります。そのあなたが最高の地位の総…会議録へ(外部リンク)

第129回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1994/06/08、40期)

私は、自由民主党を代表して、平成六年度予算三案につき政府が撤回のうえ編成替えを求める動議について、提案理由及び概要を御説明いたします。今、政府の最大の政治課題は、戦後最長、最大の規模となった今回の不…会議録へ(外部リンク)

第129回国会 衆議院 予算委員会 第21号(1994/06/21、40期)

私は、本日は、細川証人に対して心を痛めながら質問することをまず申し上げたいと思う。私は、連立政権誕生以来、野党自民党を代表して五回質問に立ちました。時の総理であったあなたに対して、さまざまな角度から…会議録へ(外部リンク)

第131回国会 衆議院 予算委員会 第1号(1994/10/11、40期)

私は、自由民主党を代表して、村山総理初め関係閣僚に御質問をいたします。一年ぶりの与党質問者でございまして、心穏やかに聞けることを幸せに思っております。会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 予算委員会 第2号(1995/01/26、40期)

地震が発生いたしました日、政府・与党首脳連絡会議が開かれまして、私もそのメンバーの一人として出席をいたしておりました。そして、地震発生した状況について担当官から御報告がありましたときに、最初、百九十名…会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 予算委員会 第4号(1995/01/30、40期)

総理に伺いたいのですが、危機管理体制。このような大きな災害が起こったときに敏速に対応するためには、危機をどう乗り越えるかという、日ごろから管理体制というのはきちんとつくっておかなければならぬと思うの…会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 予算委員会 第16号(1995/02/22、40期)

第七分科会における審査の経過について御報告申し上げます。本分科会においても各分科会同様、二月二十日、二十一日の両日審査を行いました。会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 予算委員会 第28号(1995/05/17、40期)

私は、自由民主党を代表いたしまして、御質問を申し上げたいと存じます。まず、村山総理、あなたに申し上げたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 予算委員会 第32号(1995/06/14、40期)

佐藤観樹委員長は、今日まで予算委員会運営について、極めて民主的配慮のもとに立派に努力を重ねてこられました。特に政治家二名についての証人喚問については、実に十数回の理事会協議を重ねるなど、十分に慎重な…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1996/01/31、40期)

予算委員会という国民の生活を守るための大事な審議に、野党新進党の諸君が一人も出ないということはまことに残念であります。一昨日の与野党の理事会において、住専問題は極めて重要であるから、お互いに徹底して…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1996/02/26、40期)

おはようございます。橋本総理大臣、総理大臣におなりになってから初めての訪米、まことに御苦労さまでございまし会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 予算委員会 第30号(1996/04/11、40期)

第一分科会における審査の経過について御報告申し上げます。本分科会は、去る二月二十九日、三月一日の二日間にわたり審査を行いました。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(40期)

33期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 44期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:33期(1972/12/10-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 44期(2005/09/11-)
40期在籍の他の議員はこちら→40期衆議院統計 40期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22