国会議員白書トップ衆議院議員甘利明>40期国会活動まとめ

甘利明衆議院議員 40期国会活動まとめ



在籍期:37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-) - 46期(2012/12/16-) - 47期(2014/12/14-)
40期在籍の他の議員はこちら→40期衆議院統計 40期衆議院議員


衆議院本会議(40期)

37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議 - 43期本会議 - 44期本会議 - 45期本会議 - 46期本会議 - 47期本会議

本会議発言統計

 第127回国会(特別:1993/08/05-1993/08/28)  0回発言      0文字発言
 第128回国会(臨時:1993/09/17-1994/01/29)  0回発言      0文字発言
 第129回国会(通常:1994/01/31-1994/06/29)  0回発言      0文字発言
 第130回国会(臨時:1994/07/18-1994/07/22)  0回発言      0文字発言
 第131回国会(臨時:1994/09/30-1994/12/09)  0回発言      0文字発言
 第132回国会(通常:1995/01/20-1995/06/18)  0回発言      0文字発言
 第133回国会(臨時:1995/08/04-1995/08/08)  0回発言      0文字発言
 第134回国会(臨時:1995/09/29-1995/12/15)  1回発言   1254文字発言
 第135回国会(臨時:1996/01/11-1996/01/13)  0回発言      0文字発言
 第136回国会(通常:1996/01/22-1996/06/19)  6回発言   3261文字発言
 第137回国会(臨時:1996/09/27-1996/09/27)  0回発言      0文字発言

       40期通算   (1993/07/18-1996/10/19)  7回発言   4515文字発言

本会議発言一覧

第134回国会 衆議院 本会議 第7号(1995/10/19、40期)

ただいま議題となりました三法律案につきまして、商工委員会における審査の経過及び結果について御報告を申し上げます。まず、新たな事業活動の促進のための関係法律の整備に関する法律案について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 本会議 第10号(1996/03/26、40期)

ただいま議題となりました中小企業の創造的事業活動の促進に関する臨時措置法の一部を改正する法律案につきまして、商工委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 本会議 第11号(1996/03/27、40期)

ただいま議題となりました法律案につきまして、商工委員会における審査の経過及び結果について御報告申し上げます。本案は、最近における規制緩和の要請と液化石油ガス等の高圧ガスをめぐる保安の状況等にかんがみ、事業者の自主保安活動による合理的な保安の確保と効率的な供給の確保を図るための措置を講じようとするもの………会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 本会議 第19号(1996/04/23、40期)

ただいま議題となりました法律案につきまして、商工委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。本案は、電話勧誘販売、マルチ商法等をめぐる取引の現状にかんがみ、消費者利益の保護を一層図るための措置を講じようとするものであります。会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 本会議 第25号(1996/05/17、40期)

ただいま議題となりました法律案につきまして、商工委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。本案は、産業構造転換円滑化臨時措置法を廃止するものであります。会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 本会議 第30号(1996/05/30、40期)

ただいま議題となりました法律案及び承認を求めるの件にっきまして、商工委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律案は、最近における経済情勢等にかんがみ、公正かつ自由な競争の促進による国民経済の一層の発展に資するため、公正取引委………会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 本会議 第32号(1996/06/04、40期)

ただいま議題となりました法律案にっきまして、商工委員会における審査の経過及び結果について御報告申し上げます。本案は、商標制度をめぐる内外の情勢の変化にかんがみ、商標法条約の確実な実施を確保するとともに、商標制度を改善するための措置等を講じようとするものであります。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(40期)

37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会 - 43期委員会 - 44期委員会 - 45期委員会 - 46期委員会 - 47期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第127回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言
第128回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員  0)  2回発言  20499文字発言
第129回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 12 委員  0)  6回発言  33288文字発言
第130回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  0)  0回発言      0文字発言
第131回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員  9)  2回発言  16675文字発言
第132回国会 20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 12 委員  8)  3回発言   6404文字発言
第133回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  2)  0回発言      0文字発言
第134回国会  6回出席(長  5 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
第135回国会  1回出席(長  1 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言
第136回国会 14回出席(長 14 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言

  40期通算  82回出席(長 20 代理理事 0 代理 0 理事 42 委員 20) 13回発言  76866文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 商工委員会
            53回出席(長 20 代理理事 0 代理 0 理事 33 委員  0) 12回発言  66226文字発言

 地方分権に関する特別委員会
            15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員  8)  0回発言      0文字発言

 税制改革に関する特別委員会
             9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  1回発言  10640文字発言

 科学技術委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  3)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 商工委員会委員長(第134回国会)
 商工委員会委員長(第135回国会)
 商工委員会委員長(第136回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 商工委員会理事(第127回国会)
 商工委員会理事(第128回国会)
 地方分権に関する特別委員会理事(第128回国会)
 商工委員会理事(第129回国会)
 地方分権に関する特別委員会理事(第129回国会)
 商工委員会理事(第130回国会)
 地方分権に関する特別委員会理事(第130回国会)
 商工委員会理事(第131回国会)
 科学技術委員会理事(第131回国会)
 地方分権に関する特別委員会理事(第131回国会)
 商工委員会理事(第132回国会)
 商工委員会理事(第133回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第128回国会 衆議院 商工委員会 第2号(1993/10/22、40期)

久しぶりに質問に立ちましたら随分景色が変わっておりまして、若干戸惑いを覚えるのでありますが、一時間質問をさせていただきます。いわゆる五五年体制が崩壊をいたしまして、自民党は三十八年ぶりに、つまり結党…会議録へ(外部リンク)

第128回国会 衆議院 商工委員会 第4号(1993/10/29、40期)

先般に引き続いて質問の時間をいただきまして、退屈しないで充実をさせていただいております。法案の中身につきましては、今尾身委員の方から子細にわたって政府に質問がありました。私は、法案の中身よりも、その…会議録へ(外部リンク)

第129回国会 衆議院 商工委員会 第1号(1994/03/24、40期)

織工法の質問に入ります前に、先般の日米首脳会談について若干伺いたいと思います。私は先週、規制緩和並びに貿易問題に関する調査団の副団長でアメリカに行ってまいりました。かなりタイトな日程の中で、USTR…会議録へ(外部リンク)

第129回国会 衆議院 商工委員会 第3号(1994/05/31、40期)

先般、畑通産大臣と寺沢経企庁長官の所信を伺いました。これに関しまして四十分間質問をさせていただきます。まず、寺沢長官から御質問をさせていただきます。会議録へ(外部リンク)

第129回国会 衆議院 商工委員会 第5号(1994/06/03、40期)

午前中に同僚議員が質問をいたしました。私は委員会にかかわる仕事で飛び回っておりまして、委員の質問を全部聞くことができませんでしたので、一部重複することがあると思いますけれども、確認の意味で御答弁をいた…会議録へ(外部リンク)

第129回国会 衆議院 商工委員会 第7号(1994/06/10、40期)

先般このPL法の質疑をさせていただきました。きょうは三十分ほど時間をいただきまして、この間の質疑でまだ若干の疑念が残ったところ、あるいはさらに堀り下げて伺いたい点等々を質問をさせていただきます。本論…会議録へ(外部リンク)

第129回国会 衆議院 商工委員会 第8号(1994/06/15、40期)

ただいま議題となりました附帯決議案につきまして、提出者を代表して、その趣旨を御説明申し上げます。まず、案文を朗読いたします会議録へ(外部リンク)

第129回国会 衆議院 商工委員会 第9号(1994/06/21、40期)

本商工委員会の今国会最後の法案になりますけれども、オゾン層の保護に関する法律、これはモントリオール議定書を受けて、各国の国内での受け皿をつくるということであります。この法律は、非常に画期的な法律であ…会議録へ(外部リンク)

第131回国会 衆議院 商工委員会 第2号(1994/10/21、40期)

最初に、通産大臣に質問をさせていただきます。橋本通産大臣、日米協議、本当に御苦労さまでございました。交渉相手としては大変にやりづらいカンター通商代表を相手に、河野外相とのタッグマッチは本当に息が合っ…会議録へ(外部リンク)

第131回国会 衆議院 税制改革に関する特別委員会 第4号(1994/10/27、40期)

既に定刻を四十分近く過ぎておりますけれども、いまだに改革の皆さんが出ておいでになりません。多分新しい党名選びその他でお忙しいんだと思いますが、良識ある共産党が出ていらっしゃっておりますので、私の質問を…会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 商工委員会 第2号(1995/02/07、40期)

阪神の大震災は、死者が五千名を超えるという戦後最大級の惨事になってしまいました。亡くなられた方々の御冥福をお祈りするとともに、被災をされた方々に心からお見舞いを申し上げます。まず、通産省所管の震災の…会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 商工委員会 第6号(1995/03/24、40期)

自民党の甘利明でございます。四人の参考人の先生にはお忙しいところありがとうございました。きょうお話を伺いまして、実は関本参考人と福川参考人に伺いたかったのでありますが、通貨体制が固定相場から変動相場…会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 商工委員会 第8号(1995/03/30、40期)

けさ、本法案の質問の準備をしておりましたら、ショッキングなニュースが入りました。本法案と密接な関係のある一連のサリン事件、この捜査の総指揮をとっておられました国松警察庁長官が自宅近くの路上で何者かに狙…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(40期)

37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書 - 43期質問主意書 - 44期質問主意書 - 45期質問主意書 - 46期質問主意書 - 47期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-) - 46期(2012/12/16-) - 47期(2014/12/14-)
40期在籍の他の議員はこちら→40期衆議院統計 40期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22