橋本龍太郎衆議院議員 41期国会活動まとめ



在籍期:30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-)
41期在籍の他の議員はこちら→41期衆議院統計 41期衆議院議員


衆議院本会議(41期)

30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議 - 43期本会議

本会議発言統計

 第138回国会(特別:1996/11/07-1996/11/12)  0回発言      0文字発言
 第139回国会(臨時:1996/11/29-1996/12/18)  5回発言  42166文字発言
 第140回国会(通常:1997/01/20-1997/06/18) 24回発言 132125文字発言
 第141回国会(臨時:1997/09/29-1997/12/12) 11回発言  81870文字発言
 第142回国会(通常:1998/01/12-1998/06/18) 30回発言 234566文字発言
 第143回国会(臨時:1998/07/30-1998/10/16)  0回発言      0文字発言
 第144回国会(臨時:1998/11/27-1998/12/14)  0回発言      0文字発言
 第145回国会(通常:1999/01/19-1999/08/13)  0回発言      0文字発言
 第146回国会(臨時:1999/10/29-1999/12/15)  0回発言      0文字発言
 第147回国会(通常:2000/01/20-2000/06/02)  0回発言      0文字発言

       41期通算   (1996/10/20-2000/06/24) 70回発言 490727文字発言

本会議発言一覧

第139回国会 衆議院 本会議 第1号(1996/11/29、41期)

第百三十九回国会の開会に当たり、私の所信を申し上げます。さきの国会において再び内閣総理大臣の重責を担うこととなりました。国民の皆様の御支持と御期待にこたえることができますよう、国政の遂行に全力を傾ける決意であります。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第139回国会 衆議院 本会議 第2号(1996/12/02、41期)

西岡議員にお答えを申し上げます。まず、選挙結果と地域の予算のかかわりについてのお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第139回国会 衆議院 本会議 第3号(1996/12/03、41期)

石田議員にお答えを申し上げます。まず、今回の厚生官僚に係る事件の真相解明についての決意をただされました。会議録へ(外部リンク)

第139回国会 衆議院 本会議 第5号(1996/12/12、41期)

矢上議員にお答えを申し上げます。まず、農政の基本方針と農協の役割についてのお尋ねでありますが、我が国の経済社会の成熟化、国際化の進む中におきまして、農業・農村を次代に受け継いでいくために、各般の施策を展開するとともに、新たな基本法の検討とあわせて所要の対応を図る所存であります。農協につきましても、農………会議録へ(外部リンク)

第139回国会 衆議院 本会議 第6号(1996/12/13、41期)

安倍議員にお答えを申し上げます。社会保障制度全体の改革についで御質問がございましたが、急速な少子・高齢化の進展に伴う国民のニーズの変化に適切にこたえながら、二十一世紀における医療、年金、福祉などを通じ、給付と負担のバランスがとれて、なお経済活動とも両立し得るサービスの選択へ民間活力の発揮といった考え………会議録へ(外部リンク)

第140回国会 衆議院 本会議 第1号(1997/01/20、41期)

第百四十回国会の開会に当たり、国政に臨む私の所信を申し述べます。まず初めに、在ペルー日本国大使公邸占拠事件が、今もなお解決していないことは極めて遺憾であります。人質とされている方々の御苦労と御家族の御心配に思いをはせるとき、本当に心が痛みます。我が国は、テロに屈することなく、人命尊重を第一としながら………会議録へ(外部リンク)

第140回国会 衆議院 本会議 第2号(1997/01/22、41期)

ただいまの決議に対しまして所信を申し述べます。政府は、事件発生当初より、テロに屈することなく、ペルー政府に全幅の信頼を置きつつ、人命尊重を最優先として、人質の方々の早期全面解放に向けて全力を尽くしております。会議録へ(外部リンク)

第140回国会 衆議院 本会議 第3号(1997/01/23、41期)

神崎議員にお答えを申し上げます。まず、ペルー事件及び重油流出事件を引きながら、危機管理体制の充実を行うべきという御指摘をいただきました。会議録へ(外部リンク)

第140回国会 衆議院 本会議 第7号(1997/02/14、41期)

前田議員にお答えを申し上げます。まず、平成九年度予算の経済に与える影響及び特別減税の継続などについてのお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第140回国会 衆議院 本会議 第8号(1997/02/18、41期)

今井議員にお答えを申し上げます。地方分権の推進についてどう考えているかというお尋ねをいただきました。会議録へ(外部リンク)

第140回国会 衆議院 本会議 第9号(1997/02/20、41期)

上田議員にお答えを申し上げます。まず、被災地における住宅取得促進税制などの住宅対策についてのお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第140回国会 衆議院 本会議 第10号(1997/02/21、41期)

吉田議員にお答えを申し上げます。労働時間の短縮について、その意義、三点のお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第140回国会 衆議院 本会議 第11号(1997/02/25、41期)

石井議員にお答えを申し上げます。まず、政府のマクロ経済運営についてのお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第140回国会 衆議院 本会議 第12号(1997/02/27、41期)

岩浅議員にお答えを申し上げます。まず、駐留軍用地特措法についてのお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第140回国会 衆議院 本会議 第13号(1997/02/28、41期)

林議員にお答えを申し上げます。私については、基本的な考え方について問われました。会議録へ(外部リンク)

第140回国会 衆議院 本会議 第20号(1997/04/01、41期)

古賀議員にお答えを申し上げます。場所こそ違え、私自身通産大臣として、炭鉱の閉山に伴うその後の対策を立てる立場にありました。今回の三井三池の閉山に伴う状況がどれほど地域社会に大きな影響を及ぼすことか、その歴史的な使命とともに、議員の御質問のお気持ちを承りながら、お答えを申し上げたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第140回国会 衆議院 本会議 第21号(1997/04/03、41期)

鈴木議員にお答えを申し上げます。まず、今次外為法の改正によって我が国の金融政策の有効性が低下するのではないかという御質問をいただきました。会議録へ(外部リンク)

第140回国会 衆議院 本会議 第22号(1997/04/04、41期)

瓦議員にお答えを申し上げます。まず、法改正の必要性についてお尋ねがありました。会議録へ(外部リンク)

第140回国会 衆議院 本会議 第23号(1997/04/08、41期)

根本議員にお答えを申し上げます。まず、社会保障構造改革についてのお尋ねであります。会議録へ(外部リンク)

第140回国会 衆議院 本会議 第24号(1997/04/10、41期)

長内議員にお答えを申し上げます。議員から御指摘がありましたように、環境というものが社会経済活動の基盤として認識すべきものであることは言うまでもありません。環境基本法にも明記されているとおりでありまして、私は、健全で恵み豊かな環境を維持しながら、環境に負荷の少ない健全な経済の発展を図りつつ、持続的に発………会議録へ(外部リンク)

第140回国会 衆議院 本会議 第26号(1997/04/15、41期)

永井議員にお答えを申し上げます。まず、故花村仁八郎さんの持っておられた危機感に対する感想、時代認識についてのお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第140回国会 衆議院 本会議 第27号(1997/04/17、41期)

北脇議員にお答えを申し上げます。まず、バブル経済当時の政策についての御意見がありました。会議録へ(外部リンク)

第140回国会 衆議院 本会議 第28号(1997/04/18、41期)

甘利議員にお答えを申し上げます。私には、一点、金融持ち株会社についてのお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第140回国会 衆議院 本会議 第29号(1997/04/22、41期)

ただいまの御決議に対しまして所信を申し述べます。昨年九月十日、私は沖縄問題についての内閣総理大臣談話を発し、そして九月十七日には沖縄を訪問し、過ぐる大戦において沖縄県民が受けられた犠牲と、そして今日まで沖縄県民が耐えてこられた苦しみと負担に対し、私どもの努力がいかに不十分であったかを改めて痛感すると………会議録へ(外部リンク)

第140回国会 衆議院 本会議 第30号(1997/04/24、41期)

昨年末以来、我が国にとっての大きな懸案でありました在ペルー大使公邸占拠事件については、日本時間二十三日午前五時二十三分、ペルー軍特殊部隊がMRTAの占拠する大使公邸への救出作戦を実行し、この結果、七十一名の人質が無事救出されました。その中には、日本人人質二十四名全員が含まれております。私は、人質の方………会議録へ(外部リンク)

第140回国会 衆議院 本会議 第31号(1997/05/06、41期)

塩田議員にお答えを申し上げます。私に対しては、女性の社会進出についての認識いかんというお尋ねがありました。会議録へ(外部リンク)

第140回国会 衆議院 本会議 第32号(1997/05/08、41期)

私は、四月二十四日より五月一日まで、米国、豪州及びニュージーランドを訪問いたしました。私とクリントン大統領との首脳会談は六回目となりますが、四月二十五日に開かれた会談では、多岐の分野にわたり率直かつ踏み込んだ意見交換を行いました。会議録へ(外部リンク)

第140回国会 衆議院 本会議 第33号(1997/05/09、41期)

両議員にお答えを申し上げます。まず、大学改革のあり方についてのお尋ねを、御自身の体験を踏まえてお尋ねをいただいたことに敬意を表します。会議録へ(外部リンク)

第140回国会 衆議院 本会議 第34号(1997/05/13、41期)

大口議員に御答弁を申し上げます。まず、少子化対策に一丸となって取り組むべきであるという御質問をいただきました。私もそう思います。会議録へ(外部リンク)

第141回国会 衆議院 本会議 第1号(1997/09/29、41期)

第百四十一回国会の開会に当たり、国政に臨む私の所信を申し上げます。まず初めに、今般の内閣改造における総務庁長官大事に関し、国民の皆様から厳しい御批判をちょうだいいたしました。政治により高い倫理性を求める世論の重みに十分思いをいたさなかったことを深く反省するとともに、多大な御迷惑をおかけしたことをおわ………会議録へ(外部リンク)

第141回国会 衆議院 本会議 第2号(1997/10/01、41期)

中野議員にお答えを申し上げます。まず、佐藤孝行氏の総務庁長官任命につき、大変厳しい御批判をちょうだいをいたしました。この件に関し、国民の皆様から厳しい御批判をちょうだいをいたしましたが、政治により高い倫理性を求める世論の重みに十分思いをいたさなかった、深く反省するとともに、多大な御迷惑をおかけしたこ………会議録へ(外部リンク)

第141回国会 衆議院 本会議 第3号(1997/10/02、41期)

坂口議員にお答えを申し上げます。まず、冒頭、政治資金に関連する広告料につい会議録へ(外部リンク)

第141回国会 衆議院 本会議 第5号(1997/10/17、41期)

小杉議員にお答えを申し上げます。まず、財政構造改革と他の改革についての関連のお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第141回国会 衆議院 本会議 第6号(1997/10/28、41期)

上田議員にお答えを申し上げます。まず、冒頭、政治、行政、経済の面で法律を守るという点についての認識、対応についてお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第141回国会 衆議院 本会議 第7号(1997/10/30、41期)

西川議員にお答えを申し上げます。まず、外為法改正の趣旨及び税制の国際的整合性と今回の二制度の関係についてお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第141回国会 衆議院 本会議 第8号(1997/10/31、41期)

中川議員にお答えを申し上げます。まず、幾つかの行革会議の個別項目についてお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第141回国会 衆議院 本会議 第9号(1997/11/06、41期)

並木議員にお答えを申し上げます。まず、金融空洞化についてお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第141回国会 衆議院 本会議 第11号(1997/11/13、41期)

谷口議員にお答えを申し上げます。まず、トリプル安についてのお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第141回国会 衆議院 本会議 第16号(1997/12/02、41期)

荒井委員にお答えを申し上げます。三点のお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第141回国会 衆議院 本会議 第17号(1997/12/04、41期)

小此木議員にお答えを申し上げます。まず、アジアの金融市場と潜在的成長についてのお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第142回国会 衆議院 本会議 第1号(1998/01/12、41期)

第百四十二回国会の開会に当たり、金融システム安定化対策と当面の経済運営について、政府の基本的考え方を明らかにし、国民の皆様の御理解と御協力をいただきたいと思います。私は、新たな時代を先取りする経済社会システムをつくり上げるために、行政、財政構造、社会保障、経済構造、金融システム、そして教育の六つの改………会議録へ(外部リンク)

第142回国会 衆議院 本会議 第2号(1998/01/13、41期)

菅議員にお答えを申し上げます。まず、不良債権額についてのお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第142回国会 衆議院 本会議 第3号(1998/01/20、41期)

松下議員にお答えを申し上げます。まず、金融安定化二法の必要性及びその効果についてのお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第142回国会 衆議院 本会議 第5号(1998/01/23、41期)

北橋議員にお答えを申し上げます。まず、金融システム安定化や特別減税などの諸施策、そして財政構造改革との関係についてのお尋ねをいただきました。会議録へ(外部リンク)

第142回国会 衆議院 本会議 第8号(1998/02/05、41期)

去る一月二十六日、大蔵省大臣官房金融検査部に所属する職員二名が収賄の容疑で逮捕され、大蔵省に強制捜査が入りました。このような事態は、大蔵省、ひいては公務員全体に対する信頼を著しく傷つけるものであり、まことに遺憾であります。今回の事態を厳粛に受けとめ、皆様に心よりおわびを申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第142回国会 衆議院 本会議 第12号(1998/02/16、41期)

私は、将来の我が国を展望した上で、現在をいかなる時代と認識し、何を優先課題とすべきかを考え、冷戦後の国際社会に対応した外交、沖縄が抱える問題の解決、行政改革を初めとする六つの改革に全力を傾けてまいりました。内閣総理大臣就任以来の二年余を顧み、我が国の進むべき方向を見据え、今何をなすべきか、改めて率直………会議録へ(外部リンク)

第142回国会 衆議院 本会議 第13号(1998/02/18、41期)

羽田議員にお答えを申し上げます。まず、財政構造改革に関する政策転換に関して、政府の見解を示せというお尋ねをいただきました。会議録へ(外部リンク)

第142回国会 衆議院 本会議 第14号(1998/02/19、41期)

野田議員にお答えを申し上げます。まず、皆さんが主張をされたその提言を無視した結果、倒産や失業に苦しむ方々が出た、これについて良心の呵責を覚えないのかという質問がございました。会議録へ(外部リンク)

第142回国会 衆議院 本会議 第15号(1998/03/10、41期)

藤田議員にお答えを申し上げます。まず、大蔵省に代表されるシステムを抜本的に改めるべきだという御指摘がありました。会議録へ(外部リンク)

第142回国会 衆議院 本会議 第16号(1998/03/12、41期)

松崎議員にお答えを申し上げます。分権推進委員会の五次勧告と推進計画についてお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第142回国会 衆議院 本会議 第17号(1998/03/13、41期)

下地議員にお答えを申し上げます。私は、既に沖縄は平和の発信基地になりつつあると考えております。昨年の夏、沖縄県が選ばれた博士課程、修士課程の若い方々が、郷里の輿望を担って海外の各研究機関あるいは大学院に留学をされました。彼らが果たしてくれている役割は、まさに私は、沖縄の平和へのメッセージを伝える役割………会議録へ(外部リンク)

第142回国会 衆議院 本会議 第18号(1998/03/17、41期)

山本議員にお答えを申し上げます。私については二点のお尋ねがありました。会議録へ(外部リンク)

第142回国会 衆議院 本会議 第22号(1998/03/27、41期)

辻議員にお答えを申し上げます。まず、原子力の国民合意に関する御質問がございました。会議録へ(外部リンク)

第142回国会 衆議院 本会議 第24号(1998/03/31、41期)

遠藤議員にお答えいたします。まず、社会保障構造改革についての御質問でありましたが、御指摘のとおり、高齢化の進行に伴う国民の需要の変化に適切に対応するとともに、社会経済との調和を図りつつ、効率的で安定した制度を構築していく必要があります。そのため、医療改革を初め年金制度改革、介護対策などに総合的に取り………会議録へ(外部リンク)

第142回国会 衆議院 本会議 第26号(1998/04/07、41期)

二日から四日までロンドンで開催された第二回アジア欧州会合について報告いたします。我が国からは、首脳会合に私が、閣僚会合に小渕外務大臣が出席しました。一昨年のバンコクの第一回会合が、アジアと欧州の首脳が一堂に会したこと自体が画期的であったのに対し、今回の第二回会合は、幾つかのアジアの主要国が経済金融危………会議録へ(外部リンク)

第142回国会 衆議院 本会議 第27号(1998/04/09、41期)

中川議員にお答えを申し上げます。まず、金融システム改革の目指す世界についてのお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第142回国会 衆議院 本会議 第28号(1998/04/10、41期)

昨日私が記者会見で発表した内容について、その概略を御報告申し上げます。バブル経済の生成及びその崩壊後、我が国経済はいまだその後遺症から抜け切れておりません。昨年は、この端的なあらわれとして、大型金融機関の破綻が相次ぎました。また、アジアの幾つかの国の金融、経済の混乱など、内外の悪条件が一斉に重なり、………会議録へ(外部リンク)

第142回国会 衆議院 本会議 第29号(1998/04/14、41期)

伊藤議員にお答えを申し上げます。まず、消費税率の引き上げを含む一連の制度改革についてのお尋ねがありました。会議録へ(外部リンク)

第142回国会 衆議院 本会議 第30号(1998/04/16、41期)

島議員にお答えを申し上げます。まず、大店法施行以来の流通政策に対する御指摘がございました。会議録へ(外部リンク)

第142回国会 衆議院 本会議 第31号(1998/04/21、41期)

鍵田議員にお答えを申し上げます。まず、雇用問題は、全閣僚が協力して取り組むべき最優先の課題という御指摘をいただきました。会議録へ(外部リンク)

第142回国会 衆議院 本会議 第32号(1998/04/24、41期)

桑原議員にお答え申し上げます。まず、現在の建築基準法の体系についてお尋ねがありました。会議録へ(外部リンク)

第142回国会 衆議院 本会議 第33号(1998/04/28、41期)

佐々木議員にお答えを申し上げます。まず、法案提出に当たっての見解とのお尋ねがありました。会議録へ(外部リンク)

第142回国会 衆議院 本会議 第34号(1998/04/30、41期)

石井議員にお答えいたします。まず、PKO派遣に関する具体的な反省点についてお尋ねがありました。会議録へ(外部リンク)

第142回国会 衆議院 本会議 第35号(1998/05/07、41期)

細川議員にお答えを申し上げます。まず、厚生年金移換金のJR負担について、さまざまな御指摘をちょうだいいたしました。会議録へ(外部リンク)

第142回国会 衆議院 本会議 第36号(1998/05/08、41期)

枝野議員にお答えを申し上げます。まず、いわゆる共産党幹部電話盗聴事件に関するお尋ねがありました。会議録へ(外部リンク)

第142回国会 衆議院 本会議 第37号(1998/05/12、41期)

中野議員にお答えを申し上げます。冒頭と終わりに、友情にあふれた御忠告をいただきました。しかし、私の責任は、国政を停滞させずに、構造改革を進めながら一刻も早く景気を回復させることにあると考えており、今後とも、全力を尽くして適切な経済運営に努めてまいります。会議録へ(外部リンク)

第142回国会 衆議院 本会議 第38号(1998/05/14、41期)

ただいまの御決議に対しまして所信を申し述べます。政府は、これまで、国のいかんを問わず、またその理由のいかんを問わず、核実験は停止すべきである旨を強く主張してきたところであります。今般二度にわたって行われたインドの核実験を我が国は重大に受けとめ、インドに対し強く厳重に抗議し、核兵器の開発を早急に停止す………会議録へ(外部リンク)

第142回国会 衆議院 本会議 第40号(1998/05/19、41期)

岩国議員にお答えを申し上げます。まず第一に、本法案で事業者の計画の作成等が努力義務であることについて御意見をいただきました。会議録へ(外部リンク)

第142回国会 衆議院 本会議 第41号(1998/05/21、41期)

十五日から十七日まで英国バーミンガムで開催された第二十四回主要国首脳会議について御報告いたします。昨年のデンバー・サミット以降に発生したアジアの通貨・金融危機は、本年のサミットにおいて焦点の一つとなりました。特に、先日来大きな展開を示しているインドネシア情勢に関しては、当然ながらサミットで活発に議論………会議録へ(外部リンク)

第142回国会 衆議院 本会議 第44号(1998/06/04、41期)

ただいまの御決議に対しまして所信を申し述べます。政府は、これまで、理由のいかんを問わず、核実験は停止すべきである旨強く主張してきたところであり、インドに引き続き、パキスタンが二回にわたり核実験を行ったことは、遺憾のきわみであります。これらの核実験は、国際的な核不拡散体制に対する大きな挑戦であり、容認………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(41期)

30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会 - 43期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第143回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
第145回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

  41期通算   2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 懲罰委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

 期間中、委員会での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院質問主意書(41期)

30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書 - 43期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-)
41期在籍の他の議員はこちら→41期衆議院統計 41期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22