不破哲三衆議院議員 41期国会活動まとめ



在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-)
41期在籍の他の議員はこちら→41期衆議院統計 41期衆議院議員


衆議院本会議(41期)

32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議

本会議発言統計

 第138回国会(特別:1996/11/07-1996/11/12)  0回発言      0文字発言
 第139回国会(臨時:1996/11/29-1996/12/18)  1回発言   9106文字発言
 第140回国会(通常:1997/01/20-1997/06/18)  1回発言  11094文字発言
 第141回国会(臨時:1997/09/29-1997/12/12)  0回発言      0文字発言
 第142回国会(通常:1998/01/12-1998/06/18)  1回発言  10810文字発言
 第143回国会(臨時:1998/07/30-1998/10/16)  1回発言   9086文字発言
 第144回国会(臨時:1998/11/27-1998/12/14)  0回発言      0文字発言
 第145回国会(通常:1999/01/19-1999/08/13)  1回発言  10868文字発言
 第146回国会(臨時:1999/10/29-1999/12/15)  1回発言  10155文字発言
 第147回国会(通常:2000/01/20-2000/06/02)  2回発言  17736文字発言

       41期通算   (1996/10/20-2000/06/24)  8回発言  78855文字発言

本会議発言一覧

第139回国会 衆議院 本会議 第3号(1996/12/03、41期)

私は、日本共産党を代表し、橋本首相及び関係閣僚に質問いたします。まず第一は、厚生省にかかわる疑惑の問題であります。会議録へ(外部リンク)

第140回国会 衆議院 本会議 第3号(1997/01/23、41期)

私は、日本共産党を代表して、橋本総理に質問いたします。政府がこの国会に提出する予算案は、国民に巨額の高負担を要求するものです。四月から予定の消費税増税は五兆円、特別減税の廃止分は二兆円で、国民が負担する税金は七兆円もふえます。しかも、政府は医療保険の改悪を同時に実施しようとしており、国民の負担増は、………会議録へ(外部リンク)

第142回国会 衆議院 本会議 第14号(1998/02/19、41期)

私は、日本共産党を代表して、橋本首相に質問するものです。内閣支持率の低下が示すように、国民の間での政府不信の増大はとどまるところを知りません。これは決して偶然のことではありません。橋本内閣のこの二年間の失政、悪政の結果であります。会議録へ(外部リンク)

第143回国会 衆議院 本会議 第5号(1998/08/11、41期)

私は、日本共産党を代表して、小渕首相に質問するものです。まず伺いたいのは、首相が、さきの参院選での国民の審判をどのように受けとめているかであります。会議録へ(外部リンク)

第145回国会 衆議院 本会議 第3号(1999/01/21、41期)

私は、日本共産党を代表して、小渕首相に質問するものです。まず、日本経済の問題です。会議録へ(外部リンク)

第146回国会 衆議院 本会議 第2号(1999/11/02、41期)

私は、日本共産党を代表して、小渕首相に質問いたします。まず、三党連立内閣の問題です。会議録へ(外部リンク)

第147回国会 衆議院 本会議 第6号(2000/02/09、41期)

私は、日本共産党を代表して、小渕首相に質問いたします。まず、国会の今回の混乱の問題であります。その原因と責任は、議会制民主主義のルールを踏みにじった与党三党の暴挙にあります。特に次の二点について、首相の見解を伺います。会議録へ(外部リンク)

第147回国会 衆議院 本会議 第23号(2000/04/11、41期)

前首相の突然の病気で政権交代となりました。私はまず、厳しい病床にあって病と苦闘されている小渕前首相にお見舞いを申し上げます。私は、日本共産党を代表して、内外国政の諸問題について新首相に質問いたしますが、政策の問題に先立って、今回の新内閣成立について一言しておきたいことがあります。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(41期)

32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第147回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言   3360文字発言

  41期通算   3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言   3360文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 国家基本政策委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   3360文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第147回国会 衆議院 予算委員会 第15号(2000/04/24、41期)

午前中の討論を聞いておりまして、森首相が二十世紀論を述べる中で、大量破壊兵器、核兵器の問題が二十世紀の悔恨だ、そしてまた、核軍縮の流れが今の大事な流れだと言われたことに注目をいたしました。私は、党首…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(41期)

32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-)
41期在籍の他の議員はこちら→41期衆議院統計 41期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22