正森成二衆議院議員 41期国会活動まとめ



在籍期:33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-)
41期在籍の他の議員はこちら→41期衆議院統計 41期衆議院議員


衆議院本会議(41期)

33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議

本会議発言統計

 第138回国会(特別:1996/11/07-1996/11/12)  0回発言      0文字発言
 第139回国会(臨時:1996/11/29-1996/12/18)  0回発言      0文字発言
 第140回国会(通常:1997/01/20-1997/06/18)  0回発言      0文字発言
 第141回国会(臨時:1997/09/29-1997/12/12)  0回発言      0文字発言
 第142回国会(通常:1998/01/12-1998/06/18)  0回発言      0文字発言
 第143回国会(臨時:1998/07/30-1998/10/16)  0回発言      0文字発言
 第144回国会(臨時:1998/11/27-1998/12/14)  0回発言      0文字発言
 第145回国会(通常:1999/01/19-1999/08/13)  0回発言      0文字発言
 第146回国会(臨時:1999/10/29-1999/12/15)  0回発言      0文字発言
 第147回国会(通常:2000/01/20-2000/06/02)  0回発言      0文字発言

       41期通算   (1996/10/20-2000/06/24)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(41期)

33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第138回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
第139回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  4回発言  21233文字発言
第140回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 14 委員  2) 10回発言  58205文字発言

  41期通算  26回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 14 委員 12) 14回発言  79438文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 法務委員会
            11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員  4)  8回発言  52574文字発言

 決算委員会
            10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員  3)  5回発言  18003文字発言

 税制問題等に関する特別委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  1回発言   8861文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 法務委員会理事(第140回国会)
 決算委員会理事(第140回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第139回国会 衆議院 決算委員会 第2号(1996/12/17、41期)

私は、今日銀や金融当局によってとられている超低金利政策と財投制度あるいは財投金利との矛盾の問題について、少し伺わせていただきたいと思います。まず中小企業公庫に伺いたいと思いますが、最近一年半ほどの間…会議録へ(外部リンク)

第139回国会 衆議院 税制問題等に関する特別委員会 第2号(1996/12/12、41期)

私は、日本共産党を代表して、総理初め閣僚に質問をさせていただきます。予算委員会で我が党の志位書記局長が指摘いたしましたように、今回、消費税引き上げを重要な争点の一つとして行われた十月の総選挙で当選し…会議録へ(外部リンク)

第139回国会 衆議院 法務委員会 第1号(1996/12/05、41期)

日本共産党の正森でございます。私は、まず最初に、裁判官、検察官の給与法について一言だけ問題点を指摘したいと思います。会議録へ(外部リンク)

第139回国会 衆議院 法務委員会 第2号(1996/12/13、41期)

日本共産党を代表して質問をさせていただきます。本法案の条文を見ますと、例えば第一条の「目的」では、「この法律は、人権の尊重の緊要性に関する認識の高まり、社会的身分、門地、人種、信条又は性別による不当…会議録へ(外部リンク)

第140回国会 衆議院 決算委員会 第3号(1997/03/25、41期)

では、私はまず吉田尭躬参考人に伺います。お願いでございますが、なるべくマイクに口を近づけて大きな声で言ってください、聞こえないときがありますので。会議録へ(外部リンク)

第140回国会 衆議院 決算委員会 第4号(1997/04/03、41期)

私は、公共事業の問題について、特にきょうは農水省所管の農地の造成のための干陸干拓のむだ遣いの問題について伺いたいと思います。会計検査院から事前に資料をもらっておりますが、例えば木曽岬というところがあ…会議録へ(外部リンク)

第140回国会 衆議院 決算委員会 第5号(1997/04/10、41期)

先ほど、同僚委員から外為特会の問題について質問がございました。私もその問題について若干伺いたいと思います。時間が短いので、局長の御答弁だと思いますが、あらかじめ資料をいただいておりますので私が数字を…会議録へ(外部リンク)

第140回国会 衆議院 決算委員会 第6号(1997/04/21、41期)

私は、当決算委員会に関係のある問題で、橋本内閣の閣僚の意見が微妙に、もしくは明白に異なっている問題について二、三お伺いして、関係閣僚並びに総理の御見解を承りたいと思います。まず第一に、去る二月に大規…会議録へ(外部リンク)

第140回国会 衆議院 法務委員会 第2号(1997/02/20、41期)

法務大臣、あなたの所信表明を読ませていただきますと、オウム真理教について触れた部分が二カ所になっております。私たちは、オウム真理教についての破防法の適用に関し、公安審査委員会が棄却をしたということは当…会議録へ(外部リンク)

第140回国会 衆議院 法務委員会 第4号(1997/03/18、41期)

まず最初に、裁判所職員定員法について伺いたいと思います。法務委員会の調査室からいろいろ資料をいただいておりますが、それを見ますと、多くの事件は横ばいないしふえているのですが、家庭裁判所の少年の新受件…会議録へ(外部リンク)

第140回国会 衆議院 法務委員会 第5号(1997/04/18、41期)

まず最初に、警察庁に伺います。ことし早々に警視庁の公安部が、蛇頭、スネークヘッドですね、蛇頭と日本暴力団等がからむ組織的集団密入国事件特別捜査本部というのを設置されたと伺っております。それが設置され…会議録へ(外部リンク)

第140回国会 衆議院 法務委員会 第6号(1997/05/07、41期)

申すまでもなく、本件の二つの法律は議員が提案者になりました議員立法の形式をとっております。私ども日本共産党以外のすべての党が提案者になっておりますので、提案者でなくて質疑をするというのは私どもの党だけ…会議録へ(外部リンク)

第140回国会 衆議院 法務委員会 第7号(1997/05/14、41期)

私は、ここ二、三年、特に最近非常に話題になっております自動車損害賠償保障法に基づく自賠責、それが被害者、特に死亡した人に対して非常に厳しい適用の仕方で、保険金が支払われない、したがって本来法の制定の目…会議録へ(外部リンク)

第140回国会 衆議院 法務委員会 第8号(1997/05/16、41期)

まず、商法の改正の問題について伺いたいと思います。私どもは、今度の商法の改正は、法制審の審議も経ておりますし、また、報告総会を合併について開かなければならない、非常に二度手間になるというようなことで…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(41期)

33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-)
41期在籍の他の議員はこちら→41期衆議院統計 41期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22