太田誠一衆議院議員 41期国会活動まとめ



在籍期:36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 44期(2005/09/11-)
41期在籍の他の議員はこちら→41期衆議院統計 41期衆議院議員


衆議院本会議(41期)

36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議 - 44期本会議

本会議発言統計

 第138回国会(特別:1996/11/07-1996/11/12)  0回発言      0文字発言
 第139回国会(臨時:1996/11/29-1996/12/18)  0回発言      0文字発言
 第140回国会(通常:1997/01/20-1997/06/18)  0回発言      0文字発言
 第141回国会(臨時:1997/09/29-1997/12/12)  0回発言      0文字発言
 第142回国会(通常:1998/01/12-1998/06/18)  1回発言   3524文字発言
 第143回国会(臨時:1998/07/30-1998/10/16)  0回発言      0文字発言
 第144回国会(臨時:1998/11/27-1998/12/14)  0回発言      0文字発言
 第145回国会(通常:1999/01/19-1999/08/13)  2回発言  12816文字発言
 第146回国会(臨時:1999/10/29-1999/12/15)  0回発言      0文字発言
 第147回国会(通常:2000/01/20-2000/06/02)  0回発言      0文字発言

       41期通算   (1996/10/20-2000/06/24)  3回発言  16340文字発言

本会議発言一覧

第142回国会 衆議院 本会議 第46号(1998/06/12、41期)

私は、自由民主党を代表し、野党提出に係る橋本内閣不信任案に対する反対討論を行います。(拍手)この不信任案は、共産主義を標榜する日本共産党と、自由主義を標榜しておられるはずの自由党と、社会主義ではないと思いますが、社会民主主義ですか、民主党の共同提案で出されたわけでございます。まことに支離滅裂、矛盾に………会議録へ(外部リンク)

第145回国会 衆議院 本会議 第29号(1999/05/13、41期)

機関委任事務制度の廃止に伴う定員削減についてのお尋ねがございました。地方分権の推進は、国の事務及び事業の減量、効率化にも資するものであり、政府としては、積極的にこれを推進してまいる所存であります。機関委任事務の自治事務化に伴い、国の関与の縮小などにより国の事務量が減少することがあれば、可能な限り、こ………会議録へ(外部リンク)

第145回国会 衆議院 本会議 第31号(1999/05/18、41期)

ただいま議題となりました内閣法の一部を改正する法律案外十六件の中央省庁等改革関連法律案について、その提案理由及び概要を御説明申し上げます。本法律案は、さきに国会で成立した中央省庁等改革基本法にのっとって立案したものであります。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(41期)

36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会 - 44期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第138回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言
第139回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  0)  0回発言      0文字発言
第140回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員  0)  1回発言   7687文字発言
第141回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員  0)  0回発言      0文字発言
第142回国会 17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員 11)  0回発言      0文字発言
第146回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員  5)  1回発言    413文字発言
第147回国会 28回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員 21)  1回発言   2692文字発言

  41期通算  83回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 46 委員 37)  3回発言  10792文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 法務委員会
            72回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 35 委員 37)  1回発言   7687文字発言

 青少年問題に関する特別委員会
            11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員  0)  2回発言   3105文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 法務委員会理事(第138回国会)
 法務委員会理事(第139回国会)
 法務委員会理事(第140回国会)
 法務委員会理事(第141回国会)
 法務委員会理事(第142回国会)
 法務委員会理事(第146回国会)
 青少年問題に関する特別委員会理事(第146回国会)
 青少年問題に関する特別委員会理事(第147回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第140回国会 衆議院 法務委員会 第10号(1997/06/11、41期)

ただいま坂上提案者から御説明のございました提案理由の説明の中に、女性の地位の向上という言葉とか、あるいは男女の対等な関係という言葉が出てまいりました。そういう、女性の地位を向上し男女平等にするという考…会議録へ(外部リンク)

第146回国会 衆議院 青少年問題に関する特別委員会 第2号(1999/11/18、41期)

だんだん浮き彫りになってまいりましたので、少し実際的なことをお聞きしたいのですが、警察が立入調査に同行することがあるということで、それは今でも可能なのだということを実は初めて知ったわけです。もしそれ…会議録へ(外部リンク)

第147回国会 衆議院 青少年問題に関する特別委員会 第6号(2000/04/20、41期)

児童虐待の問題につきましては、対症療法的なことを急いでやらなければならないということは共通の問題意識としてあるわけでありますけれども、しかしそれは、実は、そのようなことが本当に顕著にふえてきているのな…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(41期)

36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書 - 44期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 44期(2005/09/11-)
41期在籍の他の議員はこちら→41期衆議院統計 41期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22