国会議員白書トップ衆議院議員森喜朗>42期国会活動まとめ

森喜朗衆議院議員 42期国会活動まとめ



在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-)
42期在籍の他の議員はこちら→42期衆議院統計 42期衆議院議員


衆議院本会議(42期)

32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議 - 43期本会議 - 44期本会議 - 45期本会議

本会議発言統計

 第148回国会(特別:2000/07/04-2000/07/06)  0回発言      0文字発言
 第149回国会(臨時:2000/07/28-2000/08/09)  2回発言  36824文字発言
 第150回国会(臨時:2000/09/21-2000/12/01)  7回発言  75015文字発言
 第151回国会(通常:2001/01/31-2001/06/29)  5回発言  92090文字発言
 第152回国会(臨時:2001/08/07-2001/08/10)  0回発言      0文字発言
 第153回国会(臨時:2001/09/27-2001/12/07)  0回発言      0文字発言
 第154回国会(通常:2002/01/21-2002/07/31)  0回発言      0文字発言
 第155回国会(臨時:2002/10/18-2002/12/13)  0回発言      0文字発言
 第156回国会(通常:2003/01/20-2003/07/28)  0回発言      0文字発言
 第157回国会(臨時:2003/09/26-2003/10/10)  0回発言      0文字発言

       42期通算   (2000/06/25-2003/11/08) 14回発言 203929文字発言

本会議発言一覧

第149回国会 衆議院 本会議 第1号(2000/07/28、42期)

第百四十九回国会の開会に当たり、最初に、有珠山や伊豆諸島における噴火、地震により亡くなられた方の御冥福をお祈りするとともに、不安で不自由な生活を余儀なくされている方々に、心からお見舞いを申し上げます。監視活動を注意深く続けるとともに、公共事業等予備費の活用を初め、被災者の皆様の生活支援や復旧復興の対………会議録へ(外部リンク)

第149回国会 衆議院 本会議 第2号(2000/07/31、42期)

冒頭、鳩山議員から、さきの総選挙に関しての御指摘がございました。自公保三党は、政権の枠組みを明示して選挙に臨み、絶対安定過半数の議席を得ることができ、国民の皆様から連立政権に対する信任をいただいたものと受けとめております。しかし、一方では厳しい評価があるのも事実でありまして、これに謙虚に耳を傾け、そ………会議録へ(外部リンク)

第150回国会 衆議院 本会議 第1号(2000/09/21、42期)

第百五十回国会の開会に当たり、当面する諸問題につき所信を申し述べ、国民の皆様の御理解と御協力をいただきたいと考えます。去る十四日、私は、公明、保守両党党首とともに、三宅島、神津島及び新島の被害状況を視察し、復旧作業等に当たっておられる皆様を激励してまいりました。有珠山、三宅島の火山活動や周辺における………会議録へ(外部リンク)

第150回国会 衆議院 本会議 第2号(2000/09/25、42期)

答弁に先立ちまして、神津島の地震及び東海地方の大雨により亡くなられた方の御冥福をお祈りするとともに、有珠山や伊豆諸島におきます噴火、地震また秋雨前線豪雨等により不安で不自由な生活を余儀なくされている方々に心からお見舞いを申し上げます。冒頭、鳩山議員から、有珠山、三宅島の火山活動や周辺の地震活動、東海………会議録へ(外部リンク)

第150回国会 衆議院 本会議 第3号(2000/09/26、42期)

佐藤公治君の演説を伺いました。余計なことかもしれませんが、佐藤君のお父さんと私は同期生でありまして、昭和四十四年初当選いたしましたときは、ちょうどまだあなたが十歳であります。こうしてここで演説されるのを伺って、綿貫議長もそうですし、党首の小沢一郎さんもそうでありますし、みんな同期生でありましたが、立………会議録へ(外部リンク)

第150回国会 衆議院 本会議 第4号(2000/10/03、42期)

社会保障制度の見直しについてのお尋ねがございました。社会保障については、国民生活のセーフティーネットとしての重要な機能を有し、我が国の経済社会においても重要な位置を占めるものとなっております。しかしながら、今後の少子高齢化の進行に伴い、社会保障に要する費用の増大が見込まれる中で、国民の間にはその将来………会議録へ(外部リンク)

第150回国会 衆議院 本会議 第5号(2000/10/05、42期)

与党提出のあっせん利得処罰法案が政治改革の過程の中で有する意義についてお尋ねがございました。政治倫理の一層の確立のため、与党三党間におかれまして、あっせん利得罪の法制化に向けて大変御熱心に御議論をいただき、与党案としておまとめをいただきました。会議録へ(外部リンク)

第150回国会 衆議院 本会議 第6号(2000/10/24、42期)

ケーエスデー中小企業経営者福祉事業団に関連し、政治資金の流れについての事実関係を調査し、公表すべきとの御指摘がございました。ケーエスデー中小企業経営者福祉事業団に関しては、現在、同財団前理事長の背任容疑で捜査中であり、また、政治資金に関しましては、既に政治資金規正法で収支報告を行うことが義務づけられ………会議録へ(外部リンク)

第150回国会 衆議院 本会議 第13号(2000/11/14、42期)

今回の補正予算がばらまき予算ではないかとの御指摘がございました。日本新生のための新発展政策は、規制改革などの法制度の整備、二十一世紀の新たな発展基盤の整備など、時代を先取りした経済構造改革を推進する包括的な政策であります。また、これを受けた補正予算では、IT革命の推進、環境対応、高齢化対応、都市基盤………会議録へ(外部リンク)

第151回国会 衆議院 本会議 第1号(2001/01/31、42期)

第百五十一回国会の開会に当たり、世紀の変わり目に国政を預かる内閣総理大臣として、歴史のめぐり合わせに改めてその重責をかみしめつつ、所信を申し述べたいと思います。このような重要な国会の冒頭に、財団法人ケーエスデー中小企業経営者福祉事業団をめぐり、受託収賄容疑により議員が逮捕されたことから申し上げなけれ………会議録へ(外部リンク)

第151回国会 衆議院 本会議 第2号(2001/02/05、42期)

まず、鳩山議員から、冒頭に、このたびのインド西部の大地震につき言及がありました。地震により多くの人命が失われましたが、この場をかりまして、インド政府並びにインド国民の皆様にお悔やみを申し上げますとともに、被害の回復のために、我が国としてできる限りのことを行いたいと考えております。この地震による多大な………会議録へ(外部リンク)

第151回国会 衆議院 本会議 第3号(2001/02/06、42期)

KSDをめぐる事件に関し、私自身の関与も含め、関係者の証人喚問について御質問がございました。今回の事件は、国民の政治への信頼を損なうものであり、私としても、大変遺憾であり、極めて深刻に受けとめております。党の所属議員から逮捕者を出したことについても残念のきわみでありまして、公党として国民の皆様に心か………会議録へ(外部リンク)

第151回国会 衆議院 本会議 第13号(2001/03/15、42期)

初めに、私自身に関するお尋ねがございました。内外に課題が山積いたしております現在、私は、国政にはいっときの停滞も、また、空白も許されない状況であると考えております。私としては、先日、本院におきまして内閣不信任案の否決を受け、まずは、現在参議院で御審議をお願いしております平成十三年度予算やその関連法案………会議録へ(外部リンク)

第151回国会 衆議院 本会議 第17号(2001/03/27、42期)

まず、私の米国訪問について御報告を申し上げます。私は、三月十八日から二十一日まで、米国を訪問し、十九日、ワシントンでブッシュ大統領と首脳会談を行いました。今回の首脳会談は、ブッシュ大統領の就任後初のものであり、今後の日米関係のあり方の基本的方向性について忌憚のない話し合いを行い、その中で、日米同盟関………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(42期)

32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会 - 43期委員会 - 44期委員会 - 45期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第156回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

  42期通算   1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 懲罰委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

 期間中、委員会での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院質問主意書(42期)

32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書 - 43期質問主意書 - 44期質問主意書 - 45期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-)
42期在籍の他の議員はこちら→42期衆議院統計 42期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22