佐藤観樹衆議院議員 42期国会活動まとめ



在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-)
42期在籍の他の議員はこちら→42期衆議院統計 42期衆議院議員


衆議院本会議(42期)

32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 42期本会議 - 43期本会議

本会議発言統計

 第148回国会(特別:2000/07/04-2000/07/06)  0回発言      0文字発言
 第149回国会(臨時:2000/07/28-2000/08/09)  0回発言      0文字発言
 第150回国会(臨時:2000/09/21-2000/12/01)  1回発言   3125文字発言
 第151回国会(通常:2001/01/31-2001/06/29)  1回発言   2762文字発言
 第152回国会(臨時:2001/08/07-2001/08/10)  0回発言      0文字発言
 第153回国会(臨時:2001/09/27-2001/12/07)  0回発言      0文字発言
 第154回国会(通常:2002/01/21-2002/07/31)  0回発言      0文字発言
 第155回国会(臨時:2002/10/18-2002/12/13)  0回発言      0文字発言
 第156回国会(通常:2003/01/20-2003/07/28)  0回発言      0文字発言
 第157回国会(臨時:2003/09/26-2003/10/10)  0回発言      0文字発言

       42期通算   (2000/06/25-2003/11/08)  2回発言   5887文字発言

本会議発言一覧

第150回国会 衆議院 本会議 第7号(2000/10/26、42期)

私は、民主党・無所属クラブを代表して、ただいま御報告がございました参議院選挙制度に関し、与党三党による改正案に反対の討論をいたします。(拍手)私は、本院に議席を得て以来、国民と議会とを結ぶ選挙制度こそ民主主義の基本であるとの考えから取り組んでまいりました。衆参の定数是正、衆議院の小選挙区比例並立制、………会議録へ(外部リンク)

第151回国会 衆議院 本会議 第7号(2001/02/21、42期)

私は、ただいま議題となりました予算委員長野呂田芳成君の解任決議案につきまして、民主党・無所属クラブ、自由党、日本共産党、社会民主党・市民連合を代表して、提案の趣旨を御説明いたします。(拍手)主文、会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(42期)

32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 42期委員会 - 43期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第150回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  3)  1回発言  11502文字発言
第151回国会 20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 17 委員  3)  4回発言  48758文字発言
第152回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  2)  0回発言      0文字発言
第153回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 16)  4回発言  30372文字発言
第154回国会 33回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 33)  4回発言  32325文字発言
第155回国会 13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 13)  3回発言  24588文字発言
第156回国会 27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 27)  6回発言  40580文字発言

  42期通算 121回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 24 委員 97) 22回発言 188125文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 財務金融委員会
            71回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 71) 16回発言 120110文字発言

 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会
            25回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 25)  3回発言  25502文字発言

 予算委員会
            24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 24 委員  0)  3回発言  42513文字発言

 国家基本政策委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 予算委員会理事(第150回国会)
 予算委員会理事(第151回国会)
 予算委員会理事(第152回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第150回国会 衆議院 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 第2号(2000/10/23、42期)

私は、本院に議席を得ましてから、選挙の問題というのは代議制民主主義における非常に重要な課題だということで、ずっとかかわってまいりました。衆議院、参議院の定数是正の問題とか、全国区を拘束名簿に変える問題…会議録へ(外部リンク)

第151回国会 衆議院 財務金融委員会 第12号(2001/05/25、42期)

大変短い質問時間でありますので、経過はなるべく省いて質問をさせていただきたいと思いますので、答弁の方も、その点をよろしくお願いします。参議院の財政金融委員会におきましても、あるいは当委員会におきまし…会議録へ(外部リンク)

第151回国会 衆議院 予算委員会 第3号(2001/02/09、42期)

民主党の佐藤観樹でございます。昨日の菅委員の続きをさせていただきますが、大変森総理にはきついことでありますけれども、二月六日でございますか、調べた新聞の世論調査によりますと、森内閣の支持率はついに一…会議録へ(外部リンク)

第151回国会 衆議院 予算委員会 第12号(2001/02/26、42期)

きょうは二月の二十六日、午前中にもお話がございましたが、六十五年前は二・二六事件が勃発した日でございまして、もちろん、私はそのときのことは知りませんけれども、国会の中では、御承知のように、参議院の自民…会議録へ(外部リンク)

第151回国会 衆議院 予算委員会 第15号(2001/03/02、42期)

御承知のように、村上前参議院議員と申しましょうか、自民党の参議院の会長と申しましょうか、きのう逮捕されたわけでございます。その前に、議員辞職のときに、総理に、議員辞職をされたことについてどう思います…会議録へ(外部リンク)

第153回国会 衆議院 財務金融委員会 第3号(2001/10/26、42期)

私は、民主党の佐藤観樹でございますが、今テーマになっております銀行等の株式等の保有の制限等に関する法律案について質問をいたしますが、その前に、緊急のテーマでございますテロ問題についてお伺いをいたします…会議録へ(外部リンク)

第153回国会 衆議院 財務金融委員会 第7号(2001/11/07、42期)

ただいま金融担当大臣から報告がありました破綻金融機関の処理のために講じた措置の内容等に関する報告、まことに多岐にわたり、とりわけ預金保険機構のあり方等々、お伺いしたい点は多々あるのでありますが、きょう…会議録へ(外部リンク)

第153回国会 衆議院 財務金融委員会 第12号(2001/11/30、42期)

提案者の皆さん方、御苦労さまでございます。私も、この法案を審議するに当たりましてかなり勉強したつもりでありますけれども、極めて特徴的だったのは、提案者が意図していることの説明はありましたけれども、相…会議録へ(外部リンク)

第153回国会 衆議院 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 第2号(2001/11/19、42期)

今、議会制民主主義の根幹にかかわります選挙制度が大変危ういところへ来ている。政治改革ということで、日本の政治が持っているさまざまな問題点につきまして、私は、当委員会の前が政治改革特別委員会、その前が公…会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 財務金融委員会 第5号(2002/02/28、42期)

おはようございます。民主党の佐藤観樹でございます。昨日、政府の方から総合デフレ対策ということで発表になったわけでございますけれども、まず、この問題からお伺いをしていきたいと思っております。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 財務金融委員会 第10号(2002/04/09、42期)

きょうは、せっかく前田社長にお越しをいただきましたので、大変な問題になっておりますみずほの問題について、若干お伺いをいたします。一つは、これは設計ミスあるいはバックアップミス、そもそも扱う想定量が小…会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 財務金融委員会 第18号(2002/05/22、42期)

昨日、財政諮問会議が、いわば四人の意見とはいうものの、たたき台ということで出たわけであります。本委員会でもいろいろな角度からこの問題について議論がありましたし、また、これからこの問題自身は継続すること…会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 第9号(2002/07/05、42期)

民主党の佐藤観樹でございます。五増五減案が出ておりますけれども、それを決めました小選挙区画定審議会、この法案の提案理由を申し上げ、かつ成立をさせたのは私が自治大臣を仰せつかったときでございます。そし…会議録へ(外部リンク)

第155回国会 衆議院 財務金融委員会 第2号(2002/10/30、42期)

民主党の佐藤観樹でございます。当委員会で私も一年間皆さんと一緒に議論をしてきたわけでございますけれども、柳沢大臣のときには、いや、銀行は健全なんですと。我々は大体、他党の方もそうでございますけれども…会議録へ(外部リンク)

第155回国会 衆議院 財務金融委員会 第7号(2002/11/15、42期)

きょうは、参考人の皆さん方には、大変お忙しいところ御苦労さまでございます。傍聴席を見ていただきたいんですが、大体財務金融委員会が、こんなに傍聴席が込むということはめったにないことでございまして、それ…会議録へ(外部リンク)

第155回国会 衆議院 財務金融委員会 第9号(2002/12/11、42期)

民主党の佐藤観樹でございます。竹中金融大臣が参議院の審議のため若干おくれておられるそうでございますので、質問の順序を変えまして、ちょっと塩川大臣と国土交通省の方にお伺いをしたいのであります。会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 財務金融委員会 第4号(2003/02/14、42期)

最初に、予定しておりませんけれども、きょうの午後の、塩川財務大臣に対しまして我が党の山花議員が、なぜたばこを値上げするんですかということに対して、どういう答弁をされたか、大臣、覚えていらっしゃいますか…会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 財務金融委員会 第12号(2003/04/18、42期)

民主党の佐藤観樹です。本筋に入る前に、日銀総裁にお伺いをしたいのでありますけれども、日本の中央銀行というのは、ニッポン銀行というんでしょうか、ニホン銀行というんでしょうか。小坂委員長はちゃんと気をつ…会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 財務金融委員会 第15号(2003/05/16、42期)

本題に入る前に、生保の予定利率引き下げの問題について、各マスコミ等も大変にぎわしくなっておりますので、これについて一言だけ申し述べ、かつ我々の要求を言っておきたいと思うのであります。というのは、これ…会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 財務金融委員会 第20号(2003/06/06、42期)

民主党の佐藤観樹でございます。最初に、りそな銀行に対します公的資金注入について、私の前にも平岡さん、そして仙谷さんからもありましたが、その角度ではなくて、別の角度からいろいろなあり方についてお伺いし…会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 財務金融委員会 第22号(2003/06/11、42期)

参考人の皆さん方には、お忙しい中、まことに御苦労さまでございます。大変重要な問題でございますので、また限られた時間ですので、端的にお伺いをしたいと思います。それで、勝田参考人の陳述の中で一兆九千六百…会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 財務金融委員会 第26号(2003/07/16、42期)

私は、きょうは、経済財政運営と構造改革に関する基本方針二〇〇三、六月の二十六日に経済財政諮問会議で決まったものについて、特に俗に言う三位一体の問題につきまして、極めて重要な問題でございますので、財務大…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(42期)

32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 42期質問主意書 - 43期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-)
42期在籍の他の議員はこちら→42期衆議院統計 42期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22