国会議員白書トップ衆議院議員石井一>42期国会活動まとめ

石井一衆議院議員 42期国会活動まとめ



在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-)
42期在籍の他の議員はこちら→42期衆議院統計 42期衆議院議員


衆議院本会議(42期)

32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議 - 43期本会議

本会議発言統計

 第148回国会(特別:2000/07/04-2000/07/06)  0回発言      0文字発言
 第149回国会(臨時:2000/07/28-2000/08/09)  0回発言      0文字発言
 第150回国会(臨時:2000/09/21-2000/12/01)  1回発言   4210文字発言
 第151回国会(通常:2001/01/31-2001/06/29)  0回発言      0文字発言
 第152回国会(臨時:2001/08/07-2001/08/10)  0回発言      0文字発言
 第153回国会(臨時:2001/09/27-2001/12/07)  0回発言      0文字発言
 第154回国会(通常:2002/01/21-2002/07/31)  0回発言      0文字発言
 第155回国会(臨時:2002/10/18-2002/12/13)  0回発言      0文字発言
 第156回国会(通常:2003/01/20-2003/07/28)  1回発言   4543文字発言
 第157回国会(臨時:2003/09/26-2003/10/10)  0回発言      0文字発言

       42期通算   (2000/06/25-2003/11/08)  2回発言   8753文字発言

本会議発言一覧

第150回国会 衆議院 本会議 第16号(2000/11/20、42期)

ただいま議題となりました森内閣不信任案に対し、民主党・無所属クラブを代表いたしまして賛成の討論を行うものであります。(拍手)提案理由の説明にもありましたとおり、森内閣は既に国民の支持を失っております。国民が不支持を表明した内閣が外交を行い予算を編成している、このような異常な事態は一刻も早く解消し、正………会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 本会議 第2号(2003/01/21、42期)

今国会の冒頭に当たり、私は、民主党・無所属クラブを代表して、補正予算並びに小泉内閣の政治姿勢の全般に対し、主に総理に質問をいたすものであります。(拍手)恐らく、総理の胸中に去来する思いは、これまで犯してきた小泉内閣の数々の公約違反に対する反省と後悔、そして、いつまでも回復しないどころか、ますます深み………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(42期)

32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会 - 43期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第149回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
第150回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  1回発言  10484文字発言
第151回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  0回発言      0文字発言
第153回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言
第154回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  2)  2回発言  18810文字発言
第155回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言
第156回国会 24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 24)  1回発言   8017文字発言
第157回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

  42期通算  37回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員 32)  4回発言  37311文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 予算委員会
            23回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 23)  4回発言  37311文字発言

 国会等の移転に関する特別委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  0回発言      0文字発言

 国家基本政策委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  0)  0回発言      0文字発言

 安全保障委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 国家基本政策委員会理事(第151回国会)
 国家基本政策委員会理事(第153回国会)
 国家基本政策委員会理事(第154回国会)
 国家基本政策委員会理事(第155回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第150回国会 衆議院 予算委員会 第1号(2000/09/28、42期)

どうぞよろしくお願いします。参議院の非拘束式名簿方式による選挙制度の改革を導入すること、これは、中身におきましても、その手続におきましても、極めて大きな政治問題を呈しておると思います。自民党、公明党…会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 予算委員会 第8号(2002/02/12、42期)

石井一です。小泉総理を初め閣僚の皆さん、大変御苦労さんです。あと一時間ですから、ひとつよろしくお願い申し上げたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 予算委員会 第9号(2002/02/13、42期)

おはようございます。昨日私が申し述べましたいろいろな問題について、閣僚の皆さんから御反論なり御意見がございましたら、時間の許す限りやっていただいていいのでございますが、その場合は、ひとつ簡潔に御答弁…会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 予算委員会 第20号(2003/03/03、42期)

総理、予算委員長、また大臣各位、大変お疲れだろうと思います。私、民主党のアンカーということでございますが、まだ積み残しもございますので。イラクへ旅行したりしておりましたが、予算委員会に出席したり、あ…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(42期)

32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書 - 43期質問主意書

質問主意書提出数

 42期(2000/06/25〜)  2本提出

質問主意書一覧

小泉内閣の政治姿勢に関する質問主意書
第151回国会 衆議院 質問主意書 第91号(2001/06/08提出、42期、民主党・無所属クラブ)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

電子投票制導入に関する質問主意書
第156回国会 衆議院 質問主意書 第12号(2003/01/31提出、42期、民主党・無所属クラブ)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-)
42期在籍の他の議員はこちら→42期衆議院統計 42期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22