小泉純一郎衆議院議員 42期国会活動まとめ



在籍期:33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-)
42期在籍の他の議員はこちら→42期衆議院統計 42期衆議院議員


衆議院本会議(42期)

33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議 - 43期本会議 - 44期本会議

本会議発言統計

 第148回国会(特別:2000/07/04-2000/07/06)  0回発言      0文字発言
 第149回国会(臨時:2000/07/28-2000/08/09)  0回発言      0文字発言
 第150回国会(臨時:2000/09/21-2000/12/01)  0回発言      0文字発言
 第151回国会(通常:2001/01/31-2001/06/29)  6回発言  73268文字発言
 第152回国会(臨時:2001/08/07-2001/08/10)  0回発言      0文字発言
 第153回国会(臨時:2001/09/27-2001/12/07)  8回発言  85905文字発言
 第154回国会(通常:2002/01/21-2002/07/31) 10回発言 109099文字発言
 第155回国会(臨時:2002/10/18-2002/12/13)  5回発言  43720文字発言
 第156回国会(通常:2003/01/20-2003/07/28) 11回発言 109094文字発言
 第157回国会(臨時:2003/09/26-2003/10/10)  2回発言  22846文字発言

       42期通算   (2000/06/25-2003/11/08) 42回発言 443932文字発言

本会議発言一覧

第151回国会 衆議院 本会議 第27号(2001/05/07、42期)

このたび、私は、皆様方の御支持を得、内閣総理大臣に就任いたしました。想像を超える重圧と緊張の中にありますが、大任を与えてくださった国民並びに議員各位の御支持と御期待にこたえるべく、国政の遂行に全力を傾ける決意であります。(拍手)戦後、日本は、目覚ましい経済発展を遂げ、生活の水準も飛躍的に上昇しました………会議録へ(外部リンク)

第151回国会 衆議院 本会議 第28号(2001/05/09、42期)

鳩山由紀夫議員の御質問にお答えいたします。初めに、小泉内閣において構造改革ができるのか、その理由のお尋ねであります。会議録へ(外部リンク)

第151回国会 衆議院 本会議 第29号(2001/05/10、42期)

中井議員にお答えいたします。最初に、私の内閣の人事等についてのお尋ねがございました。小泉内閣と森内閣との違いについてもお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第151回国会 衆議院 本会議 第32号(2001/05/25、42期)

麻生議員にお答えいたします。緊急経済対策についてでございます。会議録へ(外部リンク)

第151回国会 衆議院 本会議 第33号(2001/05/29、42期)

大石議員にお答えいたします。我が国の教育の現状及び教育改革、さらには、教育三法は対症療法であり、真の教育改革にはならないのではないかという御指摘とお尋ねでございます。会議録へ(外部リンク)

第151回国会 衆議院 本会議 第40号(2001/06/15、42期)

五十嵐議員にお答えいたします。金融機関がシステムとして個人保証等に依存し過ぎているのではないかとの御指摘であります。会議録へ(外部リンク)

第153回国会 衆議院 本会議 第1号(2001/09/27、42期)

ただいまの御決議に対しまして所信を申し述べます。九月十一日に米国において発生した同時多発テロは、米国のみならず人類全体に対する極めて卑劣かつ許しがたい攻撃であります。会議録へ(外部リンク)

第153回国会 衆議院 本会議 第2号(2001/10/01、42期)

鳩山議員にお答えいたします。同時多発テロ発生時の初動対応と七項目の措置についてのお尋ねであります。会議録へ(外部リンク)

第153回国会 衆議院 本会議 第3号(2001/10/02、42期)

東議員にお答えいたします。最初に、今回提出される予定のテロ対策法案に関する御質問でございます。会議録へ(外部リンク)

第153回国会 衆議院 本会議 第4号(2001/10/09、42期)

昨日未明、米国及び英国は、アフガニスタンにおけるアルカイーダのテロリスト訓練施設及びタリバンの軍事施設に対する攻撃を開始しました。既に繰り返し表明しているとおり、米国で発生した今回のテロは、米国のみならず、国際社会の自由と平和、民主主義に対する重大な挑戦であり、我が国としては、米国を初め関係諸国と協………会議録へ(外部リンク)

第153回国会 衆議院 本会議 第5号(2001/10/10、42期)

石破議員にお答えいたします。まず、審議促進に対する御協力、激励に感謝申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第153回国会 衆議院 本会議 第10号(2001/10/30、42期)

私は、十月十九日から二十二日にかけて、中国の上海で開催された第九回アジア太平洋経済協力首脳会議に出席するとともに、その機会を利用して、韓国、オーストラリア、米国、シンガポール、ペルー、ロシア、中国、マレーシア及びインドネシアの九カ国の首脳と個別会談を行ってまいりました。これらの結果について御報告いた………会議録へ(外部リンク)

第153回国会 衆議院 本会議 第15号(2001/11/09、42期)

仙谷議員にお答えいたします。まず、国債発行額三十兆円枠についてのお尋ねであります。会議録へ(外部リンク)

第153回国会 衆議院 本会議 第17号(2001/11/16、42期)

上川議員にお答えいたします。雇用対策全般にわたりまして御質問でございますが、今後の雇用対策推進に対する決意についてのお尋ねでございます。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 本会議 第2号(2002/01/22、42期)

城島議員にお答えいたします。アフガニスタン復興支援についてのお尋ねであります。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 本会議 第4号(2002/02/04、42期)

小泉内閣に対する支持率が低下し、私の改革への姿勢が後退するのではないかと懸念する声があります。しかし、私の改革への決意は全く揺るぎません。(拍手)引き続き改革に邁進するとの決意を持って、私は、施政方針演説を行います。(拍手)私は、就任以来、我が国が持続的な経済成長を取り戻すためには、経済・財政、行政………会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 本会議 第6号(2002/02/06、42期)

鳩山議員にお答えいたします。お互い、高い志を持って改革に邁進したいと思います。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 本会議 第7号(2002/02/07、42期)

都築議員にお答えいたします。小泉改革に反対する自由党は抵抗勢力と考えるかとのお尋ねであります。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 本会議 第20号(2002/04/04、42期)

特殊法人改革に対する政府の基本方針についての御質問でございます。特殊法人改革については、昨年、道路四公団の民営化や都市基盤整備公団、住宅金融公庫、石油公団の廃止等、踏み込んだ内容の特殊法人等整理合理化計画を策定いたしました。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 本会議 第26号(2002/04/19、42期)

宮沢議員にお答えいたします。今般の医療制度改革の全体像、基本的考え方についてのお尋ねであります。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 本会議 第28号(2002/04/25、42期)

山本議員にお答えいたします。個人情報の保護に関する法律案のねらい及び意義についてでございます。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 本会議 第29号(2002/04/26、42期)

菱田議員にお答えいたします。法案の必要性、国民の権利との関係、地方自治との関係についてのお尋ねであります。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 本会議 第32号(2002/05/14、42期)

茂木議員にお答えいたします。瀋陽総領事館事件についての基本認識に関してであります。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 本会議 第36号(2002/05/21、42期)

八代議員にお答えいたします。公社化の基本的考えについてでございます。会議録へ(外部リンク)

第155回国会 衆議院 本会議 第1号(2002/10/18、42期)

私は、就任以来、内政にあっては「聖域なき構造改革」を断行し、外交においては国際協調を基本に主体的な役割を果たす、との揺るぎない姿勢を貫いてまいりました。この一年半、厳しい状況の中でしたが、自由民主党、公明党、保守党三党による連立政権の強固な基盤に立って、政策の実現に努めてまいりました。先般、構造改革………会議録へ(外部リンク)

第155回国会 衆議院 本会議 第2号(2002/10/21、42期)

鳩山議員にお答えいたします。日本経済低迷の原因、中小企業経営者の涙に関するお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第155回国会 衆議院 本会議 第3号(2002/10/22、42期)

藤井議員にお答えいたします。最初に、日本経済が厳しさを増している理由は緊縮財政をとっている小泉内閣の経済政策の失敗に起因しているという御指摘がありました。会議録へ(外部リンク)

第155回国会 衆議院 本会議 第7号(2002/11/07、42期)

山本議員にお答えいたします。デフレ解消のため、需要刺激策など、新たな不良債権が発生しない方に力を入れるべきではないかとのお尋ねであります。会議録へ(外部リンク)

第155回国会 衆議院 本会議 第8号(2002/11/08、42期)

木下議員にお答えいたします。デフレ対策についてでございます。会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 本会議 第2号(2003/01/21、42期)

石井議員にお答えいたします。まず、補正予算についてでございます。会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 本会議 第4号(2003/01/31、42期)

天皇陛下におかれましては、御病気御療養中であります。陛下の一日も早い御快癒を、国民とともに心からお祈り申し上げます。(拍手)内閣総理大臣として、今、私に与えられた職責は、我が国の経済と社会の再生です。小泉内閣として、「聖域なき構造改革」を推進するとの考えのもと、今後の国政に当たる基本方針を申し述べ、………会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 本会議 第5号(2003/02/03、42期)

岡田民主党幹事長にお答えいたします。私の経済政策の結果責任についてでございます。会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 本会議 第6号(2003/02/04、42期)

小沢自由党党首にお答えいたします。私並びに小泉内閣の進める構造改革に対しまして御意見並びに御批判を賜りまして、まことにありがとうございます。せっかくの機会でありますので、若干、私の考えを述べたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 本会議 第10号(2003/02/20、42期)

小沢議員にお答えいたします。大恐慌時代の経験を踏まえたデフレ不況へのあるべき対応策についてでございます。会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 本会議 第11号(2003/02/28、42期)

栗原議員にお答えいたします。長期計画の一本化の趣旨についてでございます。会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 本会議 第16号(2003/03/20、42期)

イラク問題についての政府の基本的な考え方を明らかにし、皆様の御理解と御協力を得たいと思います。(拍手)数時間前、米国を初めとする国々は、イラクが国際社会の平和と安全に与えている脅威を取り除くための最後の手段として、イラクに対する武力行使を開始しました。会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 本会議 第21号(2003/04/08、42期)

今野議員にお答えいたします。実効性の担保、自己情報コントロール権、表現の自由の担保の必要性についてでございます。会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 本会議 第26号(2003/05/06、42期)

城島議員にお答えいたします。雇用情勢に対する認識及び見通しについてでございます。会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 本会議 第38号(2003/06/05、42期)

私は、五月二十九日から六月四日まで、サンクトペテルブルク建都三百周年記念行事及び主要国首脳会議に出席するため、ロシアのサンクトペテルブルク及びフランスのエビアンを訪問しました。日ロ首脳会談では、平和条約締結問題、エネルギー分野での協力等、幅広い問題について協議を行い、本年一月の私の訪ロの際に合意した………会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 本会議 第42号(2003/06/24、42期)

中川議員にお答えいたします。米国に対し国連主導の枠組み構築を目指すことを主張していくべきではないかとのお尋ねでございました。会議録へ(外部リンク)

第157回国会 衆議院 本会議 第1号(2003/09/26、42期)

演説に先立ち、一言申し上げます。本日早朝、釧路沖を震源とする強い地震が発生しました。被害に遭われた方々に対して、心からお見舞い申し上げます。政府としては、今後とも、地震等の災害への対策に万全を期してまいります。会議録へ(外部リンク)

第157回国会 衆議院 本会議 第2号(2003/09/29、42期)

菅議員にお答えいたします。まず、総裁再選に対する祝意をいただきまして、ありがとうございます。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(42期)

33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会 - 43期委員会 - 44期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第148回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言
第151回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言

  42期通算   2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  0回発言      0文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 懲罰委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 懲罰委員会理事(第148回国会)
 懲罰委員会理事(第151回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

 期間中、委員会での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院質問主意書(42期)

33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書 - 43期質問主意書 - 44期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-)
42期在籍の他の議員はこちら→42期衆議院統計 42期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22