柳沢伯夫衆議院議員 42期国会活動まとめ



在籍期:36期(1980/06/22-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-)
42期在籍の他の議員はこちら→42期衆議院統計 42期衆議院議員


衆議院本会議(42期)

36期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議 - 43期本会議 - 44期本会議

本会議発言統計

 第148回国会(特別:2000/07/04-2000/07/06)  0回発言      0文字発言
 第149回国会(臨時:2000/07/28-2000/08/09)  0回発言      0文字発言
 第150回国会(臨時:2000/09/21-2000/12/01)  1回発言   2735文字発言
 第151回国会(通常:2001/01/31-2001/06/29)  3回発言  11933文字発言
 第152回国会(臨時:2001/08/07-2001/08/10)  0回発言      0文字発言
 第153回国会(臨時:2001/09/27-2001/12/07)  3回発言   7718文字発言
 第154回国会(通常:2002/01/21-2002/07/31)  5回発言   4715文字発言
 第155回国会(臨時:2002/10/18-2002/12/13)  0回発言      0文字発言
 第156回国会(通常:2003/01/20-2003/07/28)  0回発言      0文字発言
 第157回国会(臨時:2003/09/26-2003/10/10)  0回発言      0文字発言

       42期通算   (2000/06/25-2003/11/08) 12回発言  27101文字発言

本会議発言一覧

第150回国会 衆議院 本会議 第5号(2000/10/05、42期)

私は、自由民主党を代表いたしまして、与党共同提案の公職にある者等のあっせん行為による利得等の処罰に関する法律案につきまして、質疑を行うものであります。今回のあっせん利得処罰法案は、後に詳しく申し上げますように、今国会の重要法案の一つでありまして、野党案も国会に提出されているのであります。しかるに、一………会議録へ(外部リンク)

第151回国会 衆議院 本会議 第5号(2001/02/16、42期)

借り手企業のリストラの強行を求めているのではないかとの御指摘がございました。金融機関の不良債権の残高はこのところ横ばいで推移しておりますが、これにつきましては、適切な貸し倒れ引き当て等を行っておりますので、金融機関の健全性につきましては、かつてのような問題はないと考えております。会議録へ(外部リンク)

第151回国会 衆議院 本会議 第32号(2001/05/25、42期)

ただいま議題となりました短期社債等の振替に関する法律案及び株券等の保管及び振替に関する法律の一部を改正する法律案の趣旨を御説明申し上げます。まず、短期社債等の振替に関する法律案につきまして御説明申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第151回国会 衆議院 本会議 第40号(2001/06/15、42期)

ただいま議題となりました銀行法等の一部を改正する法律案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。昨今、金融業以外の事業会社による銀行業への参入の動きが本格化してきていること等、銀行業、保険業その他の金融業等を取り巻く社会経済情勢は著しく変化してきております。会議録へ(外部リンク)

第153回国会 衆議院 本会議 第8号(2001/10/19、42期)

ただいま議題となりました銀行等の株式等の保有の制限等に関する法律案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。我が国の銀行等は相当程度の株式を保有しているため、株価の変動が銀行等の財務面の健全性や、ひいては銀行等に対する信認及び金融システムの安定性に影響を与えかねない状態にあります。会議録へ(外部リンク)

第153回国会 衆議院 本会議 第12号(2001/11/02、42期)

日本経済の現状認識に対するお尋ねでございます。我が国経済は、一九九八年度以降、既に三年間、名目GDPがマイナス成長を続けております。これは、私の立場からいいますと、実質GDP以上にやはり名目GDPを大事だと思ってフォローしておりますけれども、そういう状況にございます。また、消費者物価の下落率も最近一………会議録へ(外部リンク)

第153回国会 衆議院 本会議 第15号(2001/11/09、42期)

私に対しましては、新生銀行等を例に挙げられまして、資産査定の適正さということに関してお尋ねがございました。資産査定が変化するということがあるわけですが、その要因といたしましては、一般論ではありますが、主に査定基準そのものが変更になるということ、それから、債務者の財務経営状態の認識が変更される、それか………会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 本会議 第7号(2002/02/07、42期)

私に対しましては、ペイオフの与える金融市場への影響についてお尋ねがございました。お答えの前に、一言だけ御指摘をさせていただきます。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 本会議 第9号(2002/02/19、42期)

不良債権問題と特別検査、資本注入に関してお尋ねがございました。現在実施中の特別検査は、市場の評価に著しい変化が生じている等の債務者に着目いたしまして、このような債務者に対する金融機関の査定と市場の評価とのタイムラグを解消するために実施しているものでありまして、現段階では、その結果について何らかの予測………会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 本会議 第10号(2002/02/22、42期)

地方自治体のペイオフ対策についてお尋ねがありました。ペイオフの解禁後は、地方公共団体も、みずからの公金預金の管理運用に関して自己責任が前提となるわけであります。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 本会議 第23号(2002/04/11、42期)

検査の信頼性及び特別検査についてのお尋ねがありました。これまでも、金融検査につきましては、金融検査マニュアルに基づき厳正な実施に努めてまいったところでございますが、本事務年度以降は、主要行に対する検査を強化いたしまして、通常の検査を二年に一回のペースから一年一回とし、その検査をフォローアップする検査………会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 本会議 第36号(2002/05/21、42期)

ペイオフの完全実施と郵貯のもたらす影響についてお尋ねがございました。民間金融機関におきましては、ペイオフの実施に備えまして、相殺規定の整備など、さまざまな対応を進めてきているところであります。このようなこともありまして、民間金融機関の預金残高の推移は、地域金融機関を含め、現状において、大きな問題を生………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(42期)

36期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会 - 43期委員会 - 44期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第148回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
第149回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
第150回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言
第155回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  0回発言      0文字発言
第156回国会 18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 18)  0回発言      0文字発言

  42期通算  30回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 30)  0回発言      0文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 文部科学委員会
            24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 24)  0回発言      0文字発言

 文教委員会
             6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

 期間中、委員会での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院質問主意書(42期)

36期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書 - 43期質問主意書 - 44期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:36期(1980/06/22-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-)
42期在籍の他の議員はこちら→42期衆議院統計 42期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22