平沼赳夫衆議院議員 42期国会活動まとめ



在籍期:36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-) - 46期(2012/12/16-) - 47期(2014/12/14-)
42期在籍の他の議員はこちら→42期衆議院統計 42期衆議院議員


衆議院本会議(42期)

36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議 - 43期本会議 - 44期本会議 - 45期本会議 - 46期本会議 - 47期本会議

本会議発言統計

 第148回国会(特別:2000/07/04-2000/07/06)  0回発言      0文字発言
 第149回国会(臨時:2000/07/28-2000/08/09)  0回発言      0文字発言
 第150回国会(臨時:2000/09/21-2000/12/01)  0回発言      0文字発言
 第151回国会(通常:2001/01/31-2001/06/29)  2回発言   3901文字発言
 第152回国会(臨時:2001/08/07-2001/08/10)  0回発言      0文字発言
 第153回国会(臨時:2001/09/27-2001/12/07)  2回発言   2192文字発言
 第154回国会(通常:2002/01/21-2002/07/31)  9回発言  19830文字発言
 第155回国会(臨時:2002/10/18-2002/12/13)  4回発言  12808文字発言
 第156回国会(通常:2003/01/20-2003/07/28)  4回発言   7535文字発言
 第157回国会(臨時:2003/09/26-2003/10/10)  0回発言      0文字発言

       42期通算   (2000/06/25-2003/11/08) 21回発言  46266文字発言

本会議発言一覧

第151回国会 衆議院 本会議 第14号(2001/03/16、42期)

山田議員にお答えをさせていただきます。山田議員も原稿をお読みになられておりましたので、私も、ところどころ、肝心なところだけは読ませていただきたい、こう思っております。会議録へ(外部リンク)

第151回国会 衆議院 本会議 第19号(2001/03/30、42期)

石油の安定的な供給の確保のための石油備蓄法等の一部を改正する等の法律案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。我が国のエネルギー供給の大宗を占める石油は、国内供給のほぼ全量を輸入に依存しており、その安定的な供給の確保は我が国のエネルギー政策の根幹をなすものであります。しかるに今日、国際石油市場の………会議録へ(外部リンク)

第153回国会 衆議院 本会議 第2号(2001/10/01、42期)

太田議員にお答えをさせていただきます。議員御指摘のとおり、経済大国である我が国の基盤を支えているのは中小企業であります。五百万社と言われている企業の中で、九九・七%になんなんとするのが数の上の中小企業の実態であります。また、雇用の七〇%を受け持っていただいているのも中小企業であります。会議録へ(外部リンク)

第153回国会 衆議院 本会議 第17号(2001/11/16、42期)

三井議員にお答えさせていただきます。第一点は、炭鉱技術の継承の問題でありました。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 本会議 第6号(2002/02/06、42期)

神崎代表にお答えをさせていただきます。私に対しては、六点の御質問がございました。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 本会議 第7号(2002/02/07、42期)

井上議員にお答えをさせていただきます。私に対しては、二点の御質問がございました。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 本会議 第9号(2002/02/19、42期)

吉井議員にお答えをさせていただきます。デフレの原因は実体経済の悪化であり、それは大企業のリストラが要因の一つではないか、このような御質問でございます。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 本会議 第19号(2002/04/02、42期)

山村議員にお答えをさせていただきます。私に対しては、中小零細企業に対する政策と、そして構造改革後のその姿、こういうお尋ねでございました。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 本会議 第22号(2002/04/09、42期)

後藤議員にお答えさせていただきます。改革工程メニューを着実に実行しているか、また今後していくか、こういう御質問でございました。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 本会議 第23号(2002/04/11、42期)

小林議員にお答えさせていただきます。特別保証を御利用いただいた中小企業の現状についてのお尋ねでありました。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 本会議 第25号(2002/04/18、42期)

鮫島議員にお答えさせていただきます。原子力発電の経済性試算における設定単価の根拠の開示、このことについてのお尋ねであります。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 本会議 第31号(2002/05/10、42期)

金子議員にお答えさせていただきます。まず、京都議定書の枠組みへのアメリカの復帰を促すための取り組みについて御質問がありました。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 本会議 第40号(2002/06/06、42期)

石油公団法及び金属鉱業事業団法の廃止等に関する法律案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。我が国のエネルギー供給の大宗を占める石油天然ガスは、国内供給のほぼ全量を輸入に依存しており、その安定的な供給を確保するため、自主開発油田・ガス田の確保と石油備蓄の増強が引き続き重要であります。会議録へ(外部リンク)

第155回国会 衆議院 本会議 第2号(2002/10/21、42期)

太田議員にお答えさせていただきます。中小企業対策についてでありました。会議録へ(外部リンク)

第155回国会 衆議院 本会議 第5号(2002/11/01、42期)

知的財産基本法案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。我が国は、これまで国民のたゆまぬ努力により、かつてない経済的繁栄とともに豊かで文化的な生活を享受できる社会を実現してきましたが、近年は低廉な労働コストや生産技術の向上等を背景にしたアジア諸国の急速な追い上げを受けるなど厳しい経済情勢にありま………会議録へ(外部リンク)

第155回国会 衆議院 本会議 第7号(2002/11/07、42期)

植田議員にお答えをさせていただきます。セーフティーネット及び活力ある産業の育成についてのお尋ねでございました。会議録へ(外部リンク)

第155回国会 衆議院 本会議 第9号(2002/11/12、42期)

電気事業法及び核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律の一部を改正する法律案及び独立行政法人原子力安全基盤機構法案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。このたびの原子力発電所での自主点検作業に係る不正な記載や、原子炉格納容器の定期検査における不正な操作は、これまでの原子力の安全確保に………会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 本会議 第2号(2003/01/21、42期)

冬柴議員にお答えをいたします。中小企業の支援に対するお尋ねでございました。会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 本会議 第9号(2003/02/18、42期)

武正議員にお答えをさせていただきます。まず第一点は、商店街の振興についてのお尋ねでありました。会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 本会議 第10号(2003/02/20、42期)

産業活力再生特別措置法の一部を改正する法律案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。現行の産業活力再生特別措置法は、経営資源の効率的活用を通じて我が国経済の生産性の向上を実現するため、事業者が実施する事業再構築の円滑化等の措置を講じることにより我が国産業の活力の再生を速やかに実現することを目的と………会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 本会議 第15号(2003/03/18、42期)

エネルギー等の使用の合理化及び再生資源の利用に関する事業活動の促進に関する臨時措置法及び石油及びエネルギー需給構造高度化対策特別会計法の一部を改正する法律案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。昨今のエネルギーをめぐる経済的社会的環境の変化を踏まえて、歳出・歳入構造の見直しを含めたエネルギー政………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(42期)

36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会 - 43期委員会 - 44期委員会 - 45期委員会 - 46期委員会 - 47期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第157回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

  42期通算   1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 法務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

 期間中、委員会での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院質問主意書(42期)

36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書 - 43期質問主意書 - 44期質問主意書 - 45期質問主意書 - 46期質問主意書 - 47期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-) - 46期(2012/12/16-) - 47期(2014/12/14-)
42期在籍の他の議員はこちら→42期衆議院統計 42期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22