志位和夫衆議院議員 42期国会活動まとめ



在籍期:40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-) - 46期(2012/12/16-) - 47期(2014/12/14-) - 48期(2017/10/22-)
42期在籍の他の議員はこちら→42期衆議院統計 42期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(42期)

40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議 - 43期本会議 - 44期本会議 - 45期本会議 - 46期本会議 - 47期本会議 - 48期本会議

本会議発言統計

 第148回国会(特別:2000/07/04-2000/07/06)  0回発言      0文字発言
 第149回国会(臨時:2000/07/28-2000/08/09)  0回発言      0文字発言
 第150回国会(臨時:2000/09/21-2000/12/01)  0回発言      0文字発言
 第151回国会(通常:2001/01/31-2001/06/29)  1回発言   6893文字発言
 第152回国会(臨時:2001/08/07-2001/08/10)  0回発言      0文字発言
 第153回国会(臨時:2001/09/27-2001/12/07)  1回発言   7181文字発言
 第154回国会(通常:2002/01/21-2002/07/31)  1回発言   9383文字発言
 第155回国会(臨時:2002/10/18-2002/12/13)  1回発言   7028文字発言
 第156回国会(通常:2003/01/20-2003/07/28)  1回発言   2654文字発言
 第157回国会(臨時:2003/09/26-2003/10/10)  1回発言   7104文字発言

       42期通算   (2000/06/25-2003/11/08)  6回発言  40243文字発言

本会議発言一覧

第151回国会 衆議院 本会議 第29号(2001/05/10、42期)

日本共産党を代表して、小泉首相に質問いたします。(拍手)小泉首相は、今の自民党ではだめ、自民党を変えると叫んで自民党総裁になり、首相になりました。しかし、自民党政治のどこをどう変えるのか。改革とは看板だけで、中身は古い危険な自民党政治そのままではないのか。私は、それを幾つかの角度からただすとともに、………会議録へ(外部リンク)

第153回国会 衆議院 本会議 第3号(2001/10/02、42期)

日本共産党を代表して、小泉首相に質問します。(拍手)九月十一日に米国で起こった大規模なテロ事件は、無差別に多数の市民を殺りくした憎むべき犯罪行為です。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 本会議 第7号(2002/02/07、42期)

日本共産党を代表して、小泉首相に質問します。(拍手)首相が自民党を変えると叫んで政権を発足させてから、九カ月がたちました。しかし、小泉政権がこれまでの自民党政治の古い枠組みを少しも変えるものでなかったことは、今や明らかであります。会議録へ(外部リンク)

第155回国会 衆議院 本会議 第3号(2002/10/22、42期)

日本共産党を代表して、小泉総理に質問します。(拍手)私は、まず、総理が構造改革の名で進めている経済政策の二つの重大問題についてただしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 本会議 第16号(2003/03/20、42期)

日本共産党を代表して、質問します。(拍手)本日、米英軍によって、イラクに対する軍事攻撃が開始されました。この戦争は、一かけらの道理もない、無法な戦争であります。地球的規模で広がった平和の願いを踏みにじり、戦争という暴挙に訴えた米英両国政府に、我が党は、厳しい抗議を表明します。そして、野蛮な軍事攻撃を………会議録へ(外部リンク)

第157回国会 衆議院 本会議 第2号(2003/09/29、42期)

日本共産党を代表して、小泉総理に質問します。(拍手)この国会は、解散・総選挙が間近に迫る中で開かれました。国民の前で十分な審議を行い、総選挙の争点を明らかにすることは、この国会の重要な責務であります。私は、二十一世紀の日本の進路はどうあるべきかについて、我が党の改革の提案を述べるとともに、総理の見解………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(42期)

40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会 - 43期委員会 - 44期委員会 - 45期委員会 - 46期委員会 - 47期委員会 - 48期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第148回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
第149回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言   9318文字発言
第150回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言
第151回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言  18172文字発言
第154回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言  17482文字発言
第156回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言  18388文字発言
第157回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  1)  1回発言  11295文字発言

  42期通算  14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員 13)  5回発言  74655文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

予算委員会
            11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)   4回発言  57173文字発言

国家基本政策委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  1)   0回発言      0文字発言

武力攻撃事態への対処に関する特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   1回発言  17482文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

国家基本政策委員会理事(第157回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第149回国会 衆議院 予算委員会 第1号(2000/08/02、42期)

日本共産党を代表して、森総理に質問いたします。まず、久世前金融再生委員長の解任問題についてであります。会議録へ(外部リンク)

第151回国会 衆議院 予算委員会 第3号(2001/02/09、42期)

私は、日本共産党を代表して、森総理に質問いたします。まず、KSD汚職についてであります。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 武力攻撃事態への対処に関する特別委員会 第3号(2002/05/07、42期)

私は、有事法制三法案について、日本共産党を代表して、小泉首相に質問いたします。自衛隊を海外に派兵する法案としては、既に周辺事態法が九九年に強行されたわけでありますが、この法律は、できないことが二つあ…会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 予算委員会 第8号(2003/02/07、42期)

日本共産党を代表して質問いたします。まず冒頭に述べたいのは、昨日、この予算委員会の場で自民党議員によって、医療事故・事件を党略的に利用した不当な誹謗中傷が民主医療機関と日本共産党に対して加えられたこ…会議録へ(外部リンク)

第157回国会 衆議院 予算委員会 第1号(2003/10/01、42期)

日本共産党を代表して、小泉総理に質問いたします。きょうは、限られた質問時間ですので、イラクへの自衛隊派遣を中心に伺います。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(42期)

40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書 - 43期質問主意書 - 44期質問主意書 - 45期質問主意書 - 46期質問主意書 - 47期質問主意書 - 48期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-) - 46期(2012/12/16-) - 47期(2014/12/14-) - 48期(2017/10/22-)
42期在籍の他の議員はこちら→42期衆議院統計 42期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12