谷垣禎一衆議院議員 43期国会活動まとめ



在籍期:36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-) - 46期(2012/12/16-) - 47期(2014/12/14-)
43期在籍の他の議員はこちら→43期衆議院統計 43期衆議院議員


衆議院本会議(43期)

36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議 - 43期本会議 - 44期本会議 - 45期本会議 - 46期本会議 - 47期本会議

本会議発言統計

 第158回国会(特別:2003/11/19-2003/11/27)  0回発言      0文字発言
 第159回国会(通常:2004/01/19-2004/06/16)  7回発言  15421文字発言
 第160回国会(臨時:2004/07/30-2004/08/06)  0回発言      0文字発言
 第161回国会(臨時:2004/10/12-2004/12/03)  1回発言    719文字発言
 第162回国会(通常:2005/01/21-2005/08/08) 13回発言  17092文字発言

       43期通算   (2003/11/09-2005/09/10) 21回発言  33232文字発言

本会議発言一覧

第159回国会 衆議院 本会議 第1号(2004/01/19、43期)

平成十六年度予算及び平成十五年度補正予算の御審議に当たり、今後の財政政策等の基本的な考え方について所信を申し述べますとともに、予算の大要を御説明いたします。(拍手)日本経済の現状を見ますと、長期的な低迷の中でも、多くの国民の英知と努力によって培われてきた活力が、政府、民間の改革への取り組みによってよ………会議録へ(外部リンク)

第159回国会 衆議院 本会議 第9号(2004/02/17、43期)

ただいま議題となりました平成十六年度における財政運営のための公債の発行の特例等に関する法律案及び所得税法等の一部を改正する法律案の趣旨を御説明申し上げます。まず、平成十六年度における財政運営のための公債の発行の特例等に関する法律案につきまして御説明申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第159回国会 衆議院 本会議 第10号(2004/02/19、43期)

松崎議員にお答えいたします。三位一体の改革についてのお尋ねでありますが、いわゆる三位一体の改革は、地方にできることは地方に、権限も責任も持ってやっていただくということとあわせて、国、地方全体のスリム化も推進するという観点から進めていくものでございます。会議録へ(外部リンク)

第159回国会 衆議院 本会議 第14号(2004/03/12、43期)

吉田治議員にお答えいたします。まず、平成十六年度の中小企業対策費についてのお尋ねですが、これは、やる気と能力のある中小企業の自助努力に対して支援を行うという基本的考え方に立ちまして、歳出内容の見直しを行いました。そして、中小企業の再生とか創業とか経営革新に対する支援、あるいは中小企業金融の円滑化とい………会議録へ(外部リンク)

第159回国会 衆議院 本会議 第16号(2004/03/18、43期)

泉議員にお答えいたします。私に対しましては、司法改革の重要性、それから司法ネット拡充の必要性についてのお尋ねであったと存じます。会議録へ(外部リンク)

第159回国会 衆議院 本会議 第19号(2004/04/01、43期)

大口議員にお答えをいたします。国民年金保険料の未納問題についてのお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第159回国会 衆議院 本会議 第26号(2004/04/22、43期)

小泉俊明議員にお答えいたします。小泉内閣三年間の成果についてお尋ねがありました。会議録へ(外部リンク)

第161回国会 衆議院 本会議 第5号(2004/10/26、43期)

田中議員にお答えいたします。災害復旧に必要予算の確保、財源についてお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第162回国会 衆議院 本会議 第1号(2005/01/21、43期)

平成十七年度予算及び平成十六年度補正予算の御審議に当たり、今後の財政政策等の基本的な考え方について所信を申し述べますとともに、予算の大要を御説明いたします。(拍手)昨年来、たび重なる大型台風や新潟県中越地震、スマトラ沖大地震及びインド洋津波などの自然災害が甚大な被害をもたらしております。ここに、亡く………会議録へ(外部リンク)

第162回国会 衆議院 本会議 第3号(2005/01/25、43期)

横光議員の御質問は、定率減税は、平成十一年に所得税の最高税率の引き下げや法人税率の引き下げとセットで行ったのに、定率減税だけを今回いじるのは考え方があべこべじゃないか、こういう御質問だったと思います。これについては、共産党の御質問に先ほど総理からも御答弁があったところでございますが、これらの減税をや………会議録へ(外部リンク)

第162回国会 衆議院 本会議 第6号(2005/02/15、43期)

ただいま議題となりました平成十七年度における財政運営のための公債の発行の特例等に関する法律案及び所得税法等の一部を改正する法律案の趣旨を御説明申し上げます。まず、平成十七年度における財政運営のための公債の発行の特例等に関する法律案につきまして御説明申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第162回国会 衆議院 本会議 第7号(2005/02/22、43期)

稲見議員にお答えいたします。平成十七年度の地財計画についてお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第162回国会 衆議院 本会議 第9号(2005/03/08、43期)

古本議員から、四つお問いかけいただきました。第一は、官民の役割分担と予算編成についてのお尋ねであります。会議録へ(外部リンク)

第162回国会 衆議院 本会議 第10号(2005/03/10、43期)

計屋議員にお答えいたします。まず、中小企業対策費についてのお尋ねですが、平成十七年度予算案では、中小企業対策費として千七百三十億円を計上しております。これは、厳しい財政事情の中で、新事業への挑戦を図る企業への支援や中小企業金融の円滑化、再生支援など、やる気と能力のある中小企業の自助努力を支援するため………会議録へ(外部リンク)

第162回国会 衆議院 本会議 第15号(2005/03/29、43期)

和田議員にお答えいたします。都市再生を大都市から中小都市へとの順番で進めた結果、投入国費等が高くなったのではないかというお尋ねがありました。会議録へ(外部リンク)

第162回国会 衆議院 本会議 第16号(2005/04/01、43期)

本多議員にお答えいたします。弾道ミサイル防衛システムの導入について、財政面からどう考えるかということでございます。会議録へ(外部リンク)

第162回国会 衆議院 本会議 第18号(2005/04/07、43期)

村越議員にお答えいたします。会計参与と税理士についてのお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第162回国会 衆議院 本会議 第20号(2005/04/19、43期)

室井議員にお答えいたします。いわゆる財投の繰り上げ償還の件についてお尋ねがありました。会議録へ(外部リンク)

第162回国会 衆議院 本会議 第21号(2005/04/21、43期)

下条議員にお答えいたします。住宅金融公庫の損失処理についての展望及び指導、さらに財投全体の今後の方針についてお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第162回国会 衆議院 本会議 第25号(2005/05/17、43期)

三日月議員にお答えいたします。まず最初に、国、地方の長期債務残高が七百七十四兆円まで達しているのをどうするつもりかというお問いかけでございました。会議録へ(外部リンク)

第162回国会 衆議院 本会議 第27号(2005/05/26、43期)

柳澤伯夫議員にお答えいたします。私に対するお尋ねは、郵政民営化に伴う国債市場への影響について懸念はないかということでございました。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(43期)

36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会 - 43期委員会 - 44期委員会 - 45期委員会 - 46期委員会 - 47期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 期間中、委員会での発言なし。

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 期間中、委員会での発言なし。

委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

 期間中、委員会での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院質問主意書(43期)

36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書 - 43期質問主意書 - 44期質問主意書 - 45期質問主意書 - 46期質問主意書 - 47期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-) - 46期(2012/12/16-) - 47期(2014/12/14-)
43期在籍の他の議員はこちら→43期衆議院統計 43期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22