谷垣禎一衆議院議員 44期国会活動まとめ



在籍期:36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-) - 46期(2012/12/16-) - 47期(2014/12/14-)
44期在籍の他の議員はこちら→44期衆議院統計 44期衆議院議員


衆議院本会議(44期)

36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議 - 43期本会議 - 44期本会議 - 45期本会議 - 46期本会議 - 47期本会議

本会議発言統計

 第163回国会(特別:2005/09/21-2005/11/01)  2回発言    817文字発言
 第164回国会(通常:2006/01/20-2006/06/18)  6回発言  15844文字発言
 第165回国会(臨時:2006/09/26-2006/12/19)  0回発言      0文字発言
 第166回国会(通常:2007/01/25-2007/07/05)  0回発言      0文字発言
 第167回国会(臨時:2007/08/07-2007/08/10)  0回発言      0文字発言
 第168回国会(臨時:2007/09/10-2008/01/15)  0回発言      0文字発言
 第169回国会(通常:2008/01/18-2008/06/21)  0回発言      0文字発言
 第170回国会(臨時:2008/09/24-2008/12/25)  0回発言      0文字発言
 第171回国会(通常:2009/01/05-2009/07/21)  0回発言      0文字発言

       44期通算   (2005/09/11-2009/08/29)  8回発言  16661文字発言

本会議発言一覧

第163回国会 衆議院 本会議 第5号(2005/10/06、44期)

石破議員にお答えいたします。郵政民営化と財政の関係についてのお尋ねでございますが、御指摘のとおり、郵政民営化は、小さな政府を実現し、子や孫の世代にツケを先送りしない、そういう体質をつくるという構造改革の本丸でございまして、財政健全化への道筋を開くために必要不可欠な改革であります。会議録へ(外部リンク)

第163回国会 衆議院 本会議 第7号(2005/10/18、44期)

菊田議員にお答えいたします。社会福祉や社会保障への予算配分についてのお尋ねでございますが、小泉内閣におきましては、発足以来、財政規律を堅持するという方針のもとで、重立った歳出項目について徹底した見直しを行いました。御指摘の公共事業費に関しては、約四割削減する等、既に十兆円に上る歳出改革を断行したとこ………会議録へ(外部リンク)

第164回国会 衆議院 本会議 第1号(2006/01/20、44期)

平成十八年度予算及び平成十七年度補正予算の御審議に当たり、今後の財政政策等の基本的な考え方について所信を申し述べますとともに、予算の大要を御説明いたします。我が国経済は、これまで成長の制約となっていた三つの過剰、すなわち過剰雇用、過剰設備、過剰債務が解消し、企業部門の好調さが家計部門に波及する中、民………会議録へ(外部リンク)

第164回国会 衆議院 本会議 第3号(2006/01/24、44期)

重野議員にお答えいたします。まず最初に、所得税の累進性強化についてのお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第164回国会 衆議院 本会議 第7号(2006/02/16、44期)

ただいま議題となりました平成十八年度における財政運営のための公債の発行の特例等に関する法律案及び所得税法等の一部を改正する等の法律案の趣旨を御説明申し上げます。まず、平成十八年度における財政運営のための公債の発行の特例等に関する法律案について御説明申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第164回国会 衆議院 本会議 第8号(2006/02/17、44期)

福田議員にお答えいたします。まず、補助金の交付金化についての御議論でございますが、交付金化の改革は、地方の裁量度を高め、自主性を大幅に拡大する改革でございまして、税源移譲に結びつく改革、スリム化の改革と並んで、重要な補助金改革の一つとされているところです。会議録へ(外部リンク)

第164回国会 衆議院 本会議 第20号(2006/04/06、44期)

阿部議員にお答えいたします。救急、小児、産科などを提供する施設に対する財政支援や税制上の優遇措置についてお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第164回国会 衆議院 本会議 第29号(2006/05/11、44期)

武正議員にお答えいたします。まず、米軍基地のグアム移転費用の負担の枠組みについてのお尋ねでございます。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(44期)

36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会 - 43期委員会 - 44期委員会 - 45期委員会 - 46期委員会 - 47期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第165回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
第166回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
第168回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言  16320文字発言
第169回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言  15948文字発言
第170回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  0回発言      0文字発言
第171回国会 15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 15)  1回発言   7024文字発言

  44期通算  25回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 25)  3回発言  39292文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 文部科学委員会
            13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 13)  0回発言      0文字発言

 総務委員会
             6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  0回発言      0文字発言

 予算委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  3回発言  39292文字発言

 懲罰委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第168回国会 衆議院 予算委員会 第2号(2007/10/09、44期)

おはようございます。自由民主党の谷垣禎一です。きょうから予算委員会の論戦が始まるわけですが、まず冒頭に、私はおわびしたいと思っております。会議録へ(外部リンク)

第169回国会 衆議院 予算委員会 第4号(2008/02/07、44期)

自民党の谷垣禎一でございます。よろしくお願いいたします。きのう、原油高対策等を含みました補正予算が国会で成立いたしました。ねじれ国会でございますから、衆議院では可決されましたけれども、参議院では否決…会議録へ(外部リンク)

第171回国会 衆議院 予算委員会 第17号(2009/02/20、44期)

予算委員会の審議も大分進んでまいりまして、きょうは社会保障に関する集中審議ということでございます。そこで、社会保障に入る前に、今の状況を踏まえまして、基本的な心構えにつきまして総理に伺いたいと思いま…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(44期)

36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書 - 43期質問主意書 - 44期質問主意書 - 45期質問主意書 - 46期質問主意書 - 47期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-) - 46期(2012/12/16-) - 47期(2014/12/14-)
44期在籍の他の議員はこちら→44期衆議院統計 44期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22