長勢甚遠衆議院議員 44期国会活動まとめ



在籍期:39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-)
44期在籍の他の議員はこちら→44期衆議院統計 44期衆議院議員


衆議院本会議(44期)

39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議 - 43期本会議 - 44期本会議 - 45期本会議

本会議発言統計

 第163回国会(特別:2005/09/21-2005/11/01)  0回発言      0文字発言
 第164回国会(通常:2006/01/20-2006/06/18)  0回発言      0文字発言
 第165回国会(臨時:2006/09/26-2006/12/19)  2回発言   6570文字発言
 第166回国会(通常:2007/01/25-2007/07/05)  3回発言  10867文字発言
 第167回国会(臨時:2007/08/07-2007/08/10)  0回発言      0文字発言
 第168回国会(臨時:2007/09/10-2008/01/15)  0回発言      0文字発言
 第169回国会(通常:2008/01/18-2008/06/21)  0回発言      0文字発言
 第170回国会(臨時:2008/09/24-2008/12/25)  0回発言      0文字発言
 第171回国会(通常:2009/01/05-2009/07/21)  0回発言      0文字発言

       44期通算   (2005/09/11-2009/08/29)  5回発言  17437文字発言

本会議発言一覧

第165回国会 衆議院 本会議 第14号(2006/11/07、44期)

柴山議員にお答え申し上げます。多重債務者への支援に関する取り組みについてお尋ねがありました。会議録へ(外部リンク)

第165回国会 衆議院 本会議 第16号(2006/11/14、44期)

少年法等の一部を改正する法律案につきまして、その趣旨を御説明いたします。近年、少年人口に占める刑法犯の検挙人員の割合が増加し、強盗等の凶悪犯の検挙人員が高水準で推移している上、いわゆる触法少年による凶悪重大な事件も発生するなど、少年非行は深刻な状況にあります。会議録へ(外部リンク)

第166回国会 衆議院 本会議 第15号(2007/03/20、44期)

丸谷佳織議員にお答えを申し上げます。刑事司法制度改革の重要性についてお尋ねがありました。会議録へ(外部リンク)

第166回国会 衆議院 本会議 第21号(2007/04/12、44期)

更生保護法案につきまして、その趣旨を御説明いたします。更生保護は、犯罪をした者及び非行のある少年を実社会の中で適切に処遇することにより、その再犯を防ぎ、非行をなくし、これらの者が自立し改善更生することを助け、もって社会を保護し、個人及び公共の福祉を増進することを目的とするものですが、近時、社会及び犯………会議録へ(外部リンク)

第166回国会 衆議院 本会議 第31号(2007/05/17、44期)

犯罪被害者等の権利利益の保護を図るための刑事訴訟法等の一部を改正する法律案につきまして、その趣旨を御説明いたします。犯罪によって傷ついた被害者やその遺族の方々の保護、支援を図っていくことは極めて重要であり、これまでもさまざまな取り組みが行われてきましたが、多くの犯罪被害者等にとって、その被害から回復………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(44期)

39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会 - 43期委員会 - 44期委員会 - 45期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第163回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  9 委員  0)  0回発言      0文字発言
第168回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  0回発言      0文字発言
第169回国会 30回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 30)  1回発言   5635文字発言
第170回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  1回発言   7052文字発言
第171回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  0回発言      0文字発言

  44期通算  57回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  9 委員 48)  2回発言  12687文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 法務委員会
            30回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 30)  0回発言      0文字発言

 予算委員会
            16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 16)  1回発言   5635文字発言

 厚生労働委員会
            10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  9 委員  1)  1回発言   7052文字発言

 国家基本政策委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 厚生労働委員会理事(第163回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第169回国会 衆議院 予算委員会 第8号(2008/02/14、44期)

おはようございます。長勢甚遠でございます。今、政府の方では、生活を重視していく、消費者を重視する、また地方を重視していくという視点に立って、いろいろな各案の政策を考えておられるということに対して、ぜ…会議録へ(外部リンク)

第170回国会 衆議院 厚生労働委員会 第11号(2008/12/22、44期)

おはようございます。久しぶりの厚生労働委員会でございまして、質問の機会を与えていただきまして、ありがとうございます。何か険悪な雰囲気でございますが、今、雇用情勢が大変深刻である、緊急の事態であるとい…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(44期)

39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書 - 43期質問主意書 - 44期質問主意書 - 45期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-)
44期在籍の他の議員はこちら→44期衆議院統計 44期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22