北側一雄衆議院議員 44期国会活動まとめ



在籍期:39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 46期(2012/12/16-) - 47期(2014/12/14-)
44期在籍の他の議員はこちら→44期衆議院統計 44期衆議院議員


衆議院本会議(44期)

39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議 - 43期本会議 - 44期本会議 - 46期本会議 - 47期本会議

本会議発言統計

 第163回国会(特別:2005/09/21-2005/11/01)  1回発言   1272文字発言
 第164回国会(通常:2006/01/20-2006/06/18)  7回発言  28518文字発言
 第165回国会(臨時:2006/09/26-2006/12/19)  0回発言      0文字発言
 第166回国会(通常:2007/01/25-2007/07/05)  0回発言      0文字発言
 第167回国会(臨時:2007/08/07-2007/08/10)  0回発言      0文字発言
 第168回国会(臨時:2007/09/10-2008/01/15)  0回発言      0文字発言
 第169回国会(通常:2008/01/18-2008/06/21)  0回発言      0文字発言
 第170回国会(臨時:2008/09/24-2008/12/25)  0回発言      0文字発言
 第171回国会(通常:2009/01/05-2009/07/21)  0回発言      0文字発言

       44期通算   (2005/09/11-2009/08/29)  8回発言  29790文字発言

本会議発言一覧

第163回国会 衆議院 本会議 第4号(2005/09/28、44期)

水害対策についてお尋ねがございました。昨年は十個の台風が上陸をいたしまして、全国各地で甚大な豪雨災害が発生したことを踏まえ、豪雨災害対策緊急アクションプランを策定するとともに、ハザードマップの整備を義務化する水防法の改正を行いました。現在、これらの施策に鋭意取り組んでいるところでございます。会議録へ(外部リンク)

第164回国会 衆議院 本会議 第3号(2006/01/24、44期)

まず、羽越線事故の安全対策についてお答えを申し上げます。羽越線事故につきましては、五名の方がお亡くなりになり、三十二名の方が重軽傷を負われました。今回の事故でお亡くなりになられた方々の御遺族の皆様に心からお悔やみを申し上げますとともに、けがをされた皆様の一刻も早い回復をお祈り申し上げる次第でございます。会議録へ(外部リンク)

第164回国会 衆議院 本会議 第4号(2006/01/27、44期)

高木議員にお答えをいたします。御指摘のとおり、対策の実効性を上げるためには、法律の的確な運用が不可欠でございます。会議録へ(外部リンク)

第164回国会 衆議院 本会議 第10号(2006/02/28、44期)

運輸の安全性の向上のための鉄道事業法等の一部を改正する法律案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。最近の運輸分野における事故等の発生状況にかんがみ、鉄道、航空、自動車、海運の各分野の運輸事業者における輸送の安全を確保するための取り組みを強化するとともに、鉄道事故の約半数が発生している踏切道の安………会議録へ(外部リンク)

第164回国会 衆議院 本会議 第14号(2006/03/16、44期)

都市の秩序ある整備を図るための都市計画法等の一部を改正する法律案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。近年、モータリゼーションの進展等を背景として、都市の無秩序な拡散が進み、中心市街地の空洞化のみならず、高齢者等が病院等の公共公益施設に徒歩等で容易に行くことができなくなることや、公共投資の非効………会議録へ(外部リンク)

第164回国会 衆議院 本会議 第17号(2006/03/24、44期)

早川議員にお答え申し上げます。この法律案の成立にかける決意についてお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第164回国会 衆議院 本会議 第21号(2006/04/11、44期)

住生活基本法案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。これまで、我が国の住宅政策は、住宅建設計画法のもと、公的資金による住宅の新規供給の支援を通じて、戦後の住宅不足の解消や居住水準の向上に一定の役割を果たしてまいりました。会議録へ(外部リンク)

第164回国会 衆議院 本会議 第27号(2006/04/28、44期)

建築物の安全性の確保を図るための建築基準法等の一部を改正する法律案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。今回の構造計算書偽装問題は、多数のマンション等の耐震性に大きな問題を発生させ、多くの住民の安全と居住の安定に大きな支障を与えただけでなく、国民の間に建築物の安全性に対する不安と建築界への不信………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(44期)

39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会 - 43期委員会 - 44期委員会 - 46期委員会 - 47期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第165回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   6455文字発言
第166回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言  16118文字発言
第168回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
第169回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   8590文字発言
第170回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   8144文字発言
第171回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   9024文字発言

  44期通算  10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  5回発言  48331文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 予算委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  5回発言  48331文字発言

 国家基本政策委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第165回国会 衆議院 予算委員会 第2号(2006/10/05、44期)

公明党の北側一雄でございます。まず安倍総理、総理就任、まことにおめでとうございます。大変な大任でございまして、重圧も大変な重圧があろうかというふうにお察しをいたします。私どもも、安倍総理をしっかりお…会議録へ(外部リンク)

第166回国会 衆議院 予算委員会 第6号(2007/02/09、44期)

公明党の北側一雄でございます。閣僚の皆様、また予算委員の皆様、また委員長、大変御苦労さまでございます。時間が限られておりますので、早速質問に入らせていただきたいと思います。きのうの質疑通告から少し順…会議録へ(外部リンク)

第169回国会 衆議院 予算委員会 第2号(2008/01/28、44期)

公明党の北側一雄でございます。平成十九年度の補正予算案の質疑に立たせていただきます。会議録へ(外部リンク)

第170回国会 衆議院 予算委員会 第2号(2008/10/06、44期)

公明党の北側一雄でございます。麻生総理初め閣僚の皆さん、大変御苦労さまでございます。会議録へ(外部リンク)

第171回国会 衆議院 予算委員会 第3号(2009/01/08、44期)

公明党の衆議院議員の北側一雄でございます。総理初め閣僚の皆さん、大変御苦労さまでございます。時間が限られておりますので、早速質疑に入らせていただきたいと思います。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(44期)

39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書 - 43期質問主意書 - 44期質問主意書 - 46期質問主意書 - 47期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 46期(2012/12/16-) - 47期(2014/12/14-)
44期在籍の他の議員はこちら→44期衆議院統計 44期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22