野田佳彦衆議院議員 45期国会活動まとめ



在籍期:40期(1993/07/18-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-) - 46期(2012/12/16-) - 47期(2014/12/14-)
45期在籍の他の議員はこちら→45期衆議院統計 45期衆議院議員


衆議院本会議(45期)

40期本会議 - 42期本会議 - 43期本会議 - 44期本会議 - 45期本会議 - 46期本会議 - 47期本会議

本会議発言統計

 第172回国会(特別:2009/09/16-2009/09/19)  0回発言      0文字発言
 第173回国会(臨時:2009/10/26-2009/12/04)  0回発言      0文字発言
 第174回国会(通常:2010/01/18-2010/06/16)  0回発言      0文字発言
 第175回国会(臨時:2010/07/30-2010/08/06)  0回発言      0文字発言
 第176回国会(臨時:2010/10/01-2010/12/03)  3回発言   5897文字発言
 第177回国会(通常:2011/01/24-2011/08/31)  5回発言  11376文字発言
 第178回国会(臨時:2011/09/13-2011/09/30)  3回発言  46237文字発言
 第179回国会(臨時:2011/10/20-2011/12/09)  6回発言  88420文字発言
 第180回国会(通常:2012/01/24-2012/09/08) 14回発言 172224文字発言
 第181回国会(臨時:2012/10/29-2012/11/16)  4回発言  64323文字発言

       45期通算   (2009/08/30-2012/12/15) 35回発言 388477文字発言

本会議発言一覧

第176回国会 衆議院 本会議 第5号(2010/11/02、45期)

さきに決定されました円高・デフレ対応のための緊急総合経済対策を受けて、今般、平成二十二年度補正予算を提出することとなりました。その御審議をお願いするに当たり、補正予算の大要について御説明いたします。まず、最近の経済情勢と緊急総合経済対策について申し述べます。会議録へ(外部リンク)

第176回国会 衆議院 本会議 第6号(2010/11/04、45期)

大串議員からは、私には五問、御質問がございました。謹んでお答えをしたいというふうに思います。まず、補正予算についてのお尋ねでございます。特に、与野党の幅広い理解と支援を得られるような工夫をどうするかというお尋ねでございました。会議録へ(外部リンク)

第176回国会 衆議院 本会議 第9号(2010/11/16、45期)

柿澤議員から、私には二つのお尋ねがございました。一つは、為替介入についての御質問でございます。会議録へ(外部リンク)

第177回国会 衆議院 本会議 第1号(2011/01/24、45期)

平成二十三年度予算の御審議に当たり、財政政策等の基本的な考え方について所信を申し述べますとともに、予算の大要を御説明申し上げます。我が国経済は、リーマン・ショック後の経済危機を克服したものの、足元については、失業率が若年層を中心に依然として高水準で推移するなど、厳しい状況にあります。加えてデフレが続………会議録へ(外部リンク)

第177回国会 衆議院 本会議 第4号(2011/02/15、45期)

ただいま議題となりました平成二十三年度における財政運営のための公債の発行の特例等に関する法律案及び所得税法等の一部を改正する法律案の趣旨を御説明申し上げます。まず、平成二十三年度における財政運営のための公債の発行の特例等に関する法律案について御説明申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第177回国会 衆議院 本会議 第17号(2011/04/28、45期)

今般、平成二十三年三月十一日に発生した東日本大震災に対応し、必要な財政措置を講ずるため、平成二十三年度補正予算を提出することといたしました。その御審議をお願いするに当たり、補正予算の大要を御説明申し上げます。三月十一日に発生した東日本大震災は、甚大な被害をもたらしました。この災害により亡くなられた方………会議録へ(外部リンク)

第177回国会 衆議院 本会議 第21号(2011/05/19、45期)

柿澤議員からは、復興財源の調達のあり方について御質問がございました。復興財源のあり方については、復興の青写真や今後の対策の規模、さらには市場の信認確保の観点などを踏まえて、今後、歳入歳出にわたり、あらゆる方策を検討してまいります。会議録へ(外部リンク)

第177回国会 衆議院 本会議 第33号(2011/07/15、45期)

今般、東日本大震災の当面の復旧対策に万全を期すため、必要な財政措置を盛り込んだ平成二十三年度第二次補正予算を提出することといたしました。その御審議をお願いするに当たり、補正予算の大要を御説明申し上げます。甚大な被害をもたらした東日本大震災の発生から四カ月が経過しました。全会一致で御賛同いただいた平成………会議録へ(外部リンク)

第178回国会 衆議院 本会議 第1号(2011/09/13、45期)

第百七十八回国会の開会に当たり、東日本大震災、そして、その後も相次いだ集中豪雨や台風の災害によって亡くなられた方々の御冥福をお祈りします。また、被害に遭われ不自由な暮らしを余儀なくされている被災者の方々に、改めてお見舞い申し上げます。このたび、私は、内閣総理大臣に任命されました。政治に求められるのは………会議録へ(外部リンク)

第178回国会 衆議院 本会議 第2号(2011/09/14、45期)

自民党の谷垣総裁から、多岐にわたる御質問をいただきました。ありがとうございました。まず、民主党の綱領に関する御質問がございました。会議録へ(外部リンク)

第178回国会 衆議院 本会議 第3号(2011/09/15、45期)

公明党の井上幹事長の御質問にお答えをいたします。まず最初に、枝野経産大臣の任命について御質問をいただきました。会議録へ(外部リンク)

第179回国会 衆議院 本会議 第3号(2011/10/28、45期)

第百七十九回国会に当たり、私の所信を申し上げます。東日本大震災からの復興に歩み始めた被災地で、改革に情熱を傾ける全国各地の農村や漁村で、歴史的な円高に立ち向かう中小企業の町で、そして欧州に発したあらしが吹き荒れる国際金融市場で、今、私たち政治家の覚悟と器量が問われています。会議録へ(外部リンク)

第179回国会 衆議院 本会議 第4号(2011/10/31、45期)

自民党の谷垣総裁から御質問をいただきました。順次お答えしていきたいというふうに思います。まず、民意を問うことについてのお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第179回国会 衆議院 本会議 第5号(2011/11/01、45期)

公明党の斉藤議員からは、私に対して厳しい御指摘も含めて、また、建設的な御提言もいただきまして、ありがとうございました。まず、私の政治信念と復興への決意についてのお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第179回国会 衆議院 本会議 第6号(2011/11/07、45期)

自民党西村議員の御質問に順次お答えをしてまいります。まず最初に、震災対応のおくれについてのお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第179回国会 衆議院 本会議 第9号(2011/11/17、45期)

ただいまの御決議に対して、所信を申し述べます。政府といたしましては、ただいま採択されました御決議の趣旨を十分に体しまして、世界の難民問題の恒久的な解決と難民の保護の質的向上に向けて、国際社会で引き続き主導的な役割を果たしていく考えであります。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第179回国会 衆議院 本会議 第11号(2011/11/24、45期)

民主党・無所属クラブを代表しての畑浩治議員の御質問にお答えをいたします。私に対する御質問は、復興庁の長としてのリーダーシップについてのお尋ねでございました。会議録へ(外部リンク)

第180回国会 衆議院 本会議 第1号(2012/01/24、45期)

第百八十回国会の開会に当たり、この国が抱える諸課題と野田内閣の基本方針について、謹んで申し上げます。昨年九月、野田内閣は、目の前にある課題を一つ一つ解決していくことを使命として誕生いたしました。日本再生元年となるべき本年、私は、何よりも、国政の重要課題を先送りしてきた決められない政治から脱却すること………会議録へ(外部リンク)

第180回国会 衆議院 本会議 第2号(2012/01/26、45期)

自由民主党の谷垣総裁の御質問に順次お答えをしてまいります。まず、選挙時の消費税に関する発言などについて御質問をいただきました。会議録へ(外部リンク)

第180回国会 衆議院 本会議 第3号(2012/01/27、45期)

公明党の井上幹事長の御質問に順次お答えをしてまいりたいと思います。まず最初に、仮設住宅の寒さ対策についてのお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第180回国会 衆議院 本会議 第5号(2012/02/21、45期)

民主党野木実議員の御質問にお答えをしたいと思います。まず最初に、避難指示の解除に向けた政府の取り組みに関する御質問をいただきました。会議録へ(外部リンク)

第180回国会 衆議院 本会議 第14号(2012/04/12、45期)

ただいまの御決議に対しまして、所信を申し述べます。今回、北朝鮮が予告した人工衛星と称するミサイルの発射は、我が国を含む地域の平和と安定を損なう、安全保障上の重大な挑発行為と言わざるを得ません。会議録へ(外部リンク)

第180回国会 衆議院 本会議 第15号(2012/04/13、45期)

ただいまの御決議に対しまして、所信を申し述べます。我が国を含む関係各国が、北朝鮮に対し発射の自制を強く求めてきたにもかかわらず、今回、北朝鮮が発射を強行したことは、我が国を含む地域の平和と安定を損なう、安全保障上の重大な挑発行為と言わざるを得ません。会議録へ(外部リンク)

第180回国会 衆議院 本会議 第16号(2012/04/17、45期)

ただいまの御決議に対して、所信を申し述べます。政府といたしましては、ただいま採択されました御決議の趣旨を十分に体しまして、原子力発電所事故後の対応に関する協力を含めた日ウクライナ関係を一層緊密なものへと発展させ、世界の平和と安定を実現すべく、最大限の努力を払っていく考えであります。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第180回国会 衆議院 本会議 第18号(2012/05/08、45期)

民主党を代表しての長妻昭議員の御質問にお答えをいたします。まずは、少子高齢社会の日本モデルについてのお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第180回国会 衆議院 本会議 第19号(2012/05/10、45期)

民主党泉健太議員の御質問にお答えをしてまいります。まず最初に、社会保障に子育て支援を位置づけた意味、財源確保、法案成立に向けた決意についてのお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第180回国会 衆議院 本会議 第20号(2012/05/11、45期)

民主党を代表しての古本伸一郎議員の御質問にお答えをしてまいります。まず、社会保障の安定財源確保と財政健全化についての御質問をいただきました。会議録へ(外部リンク)

第180回国会 衆議院 本会議 第22号(2012/05/29、45期)

民主党山花議員の御質問にお答えをいたします。原子力安全規制組織、制度の改革についてのお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第180回国会 衆議院 本会議 第23号(2012/06/01、45期)

民主党福島伸享議員の御質問にお答えをいたします。私には、二問、御質問がございました。会議録へ(外部リンク)

第180回国会 衆議院 本会議 第30号(2012/07/26、45期)

民主党楠田大蔵議員の御質問にお答えをいたします。まず最初に、九州北部豪雨による災害への対応についての御質問をいただきました。会議録へ(外部リンク)

第180回国会 衆議院 本会議 第35号(2012/08/24、45期)

ただいまの御決議に対しまして、所信を申し述べます。今般の李明博大統領の竹島上陸は、竹島に関する我が国の立場とは相入れず、極めて遺憾であり、政府としては毅然とした対応措置をとります。会議録へ(外部リンク)

第181回国会 衆議院 本会議 第1号(2012/10/29、45期)

第百八十一回国会に当たり、謹んで所信を申し上げます。内閣総理大臣を拝命してから一年余り、この間、私を突き動かしてきたものは、この国の将来を憂える危機感です。今何とかしなければならないという切迫した使命感です。会議録へ(外部リンク)

第181回国会 衆議院 本会議 第2号(2012/10/31、45期)

自由民主党の安倍総裁から御質問をいただきました。順次お答えをしてまいりたいと思います。まず最初に、解散についての御質問をいただきました。会議録へ(外部リンク)

第181回国会 衆議院 本会議 第3号(2012/11/01、45期)

公明党の井上議員の御質問にお答えをしてまいります。まず最初に、閣僚の任命に関するお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第181回国会 衆議院 本会議 第4号(2012/11/08、45期)

民主党を代表しての中野寛成議員の御質問にお答えをしてまいります。三十年を超える長い国会議員活動を踏まえての万感の思いを込めた御質問、ありがとうございました。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(45期)

40期委員会 - 42期委員会 - 43期委員会 - 44期委員会 - 45期委員会 - 46期委員会 - 47期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第173回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  0回発言      0文字発言
第174回国会 17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 17)  0回発言      0文字発言

  45期通算  22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 22)  0回発言      0文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 財務金融委員会
            22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 22)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

 期間中、委員会での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院質問主意書(45期)

40期質問主意書 - 42期質問主意書 - 43期質問主意書 - 44期質問主意書 - 45期質問主意書 - 46期質問主意書 - 47期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:40期(1993/07/18-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-) - 46期(2012/12/16-) - 47期(2014/12/14-)
45期在籍の他の議員はこちら→45期衆議院統計 45期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22