麻生太郎衆議院議員 47期国会活動まとめ



在籍期:35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-) - 46期(2012/12/16-) - 47期(2014/12/14-)
47期在籍の他の議員はこちら→47期衆議院統計 47期衆議院議員


衆議院本会議(47期)

35期本会議 - 36期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議 - 43期本会議 - 44期本会議 - 45期本会議 - 46期本会議 - 47期本会議

本会議発言統計

 第188回国会(特別:2014/12/24-2014/12/26)  0回発言      0文字発言
 第189回国会(通常:2015/01/26-2015/09/27)  7回発言  11247文字発言
 第190回国会(通常:2016/01/04-2016/06/01)  9回発言  13612文字発言
 第191回国会(臨時:2016/08/01-2016/08/03)  0回発言      0文字発言
 第192回国会(臨時:2016/09/26-2016/12/17)  3回発言  12067文字発言
 第193回国会(通常:2017/01/20-2017/06/18)  7回発言   8184文字発言

       47期通算   (2014/12/14-2017/09/30) 26回発言  45110文字発言

本会議発言一覧

第189回国会 衆議院 本会議 第1号(2015/01/26、47期)

さきに閣議決定いたしました地方への好循環拡大に向けた緊急経済対策を受けて、今般、平成二十六年度補正予算を提出することとなりました。その御審議をお願いするに当たり、補正予算の大要について御説明をさせていただきたいと存じます。まず、最近の経済情勢と緊急経済対策について申し述べます。会議録へ(外部リンク)

第189回国会 衆議院 本会議 第2号(2015/01/27、47期)

財政健全化計画についてのお尋ねがあっております。安倍内閣におきましては、経済再生と財政健全化を両立させるといたしております。二〇二〇年度の財政健全化目標につきましても、しっかりとこれを堅持し、本年夏までに、その達成に向けた具体的な財政健全化計画を策定することといたしております。会議録へ(外部リンク)

第189回国会 衆議院 本会議 第5号(2015/02/12、47期)

平成二十七年度予算の御審議に当たり、財政政策等の基本的な考え方について所信を申し上げますとともに、予算の大要を御説明させていただきたいと存じます。安倍内閣では、日本経済の再生に向けて、三本の矢から成る経済運営を一体的に推進してまいりました。こうした政策のもと、有効求人倍率は二十二年ぶりに高水準となり………会議録へ(外部リンク)

第189回国会 衆議院 本会議 第9号(2015/02/26、47期)

ただいま議題となりました所得税法等の一部を改正する法律案の趣旨を御説明申し上げます。本法律案は、デフレ脱却と経済再生、地方創生への取り組み、経済再生と財政健全化の両立、国境を越えた取引等に係る課税の国際的調和、震災からの復興支援などの観点から、国税に関し、所要の施策を講ずるものであります。会議録へ(外部リンク)

第189回国会 衆議院 本会議 第15号(2015/04/14、47期)

国保を含め社会保障予算の一律カットを行うのかとのお尋ねがあっております。国保への財政支援の強化は、社会保障・税一体改革におけます充実策の一環として大変重要なものと考えております。会議録へ(外部リンク)

第189回国会 衆議院 本会議 第20号(2015/04/24、47期)

現在の財政状況と今後の財政健全化の道筋についてのお尋ねがあっております。日本では、今までのところ、預金等の潤沢な国内の家計金融資産の存在等を背景に、低い金利水準で安定的に国債が消化をされていますという、まことに幸運な状態が続いてきておりますのは御存じのとおりです。会議録へ(外部リンク)

第189回国会 衆議院 本会議 第24号(2015/05/15、47期)

ゆうちょ銀行及びかんぽ生命の限度額についてのお尋ねがあっております。ゆうちょ銀行及びかんぽ生命の限度額の水準につきましては、郵政民営化法において、他の金融機関などとの間の競争関係に影響を及ぼす事情、ゆうちょ銀行及びかんぽ生命の経営状況などを勘案することが求められておりますのは御存じのとおりです。会議録へ(外部リンク)

第190回国会 衆議院 本会議 第1号(2016/01/04、47期)

平成二十七年度補正予算の御審議をお願いするに当たり、補正予算の大要につきまして御説明をさせていただきたいと存じます。日本経済につきましては、安倍内閣におけるこれまでの取り組みによって、デフレ不況から脱却しつつあります。会議録へ(外部リンク)

第190回国会 衆議院 本会議 第2号(2016/01/06、47期)

保育、介護の施設整備のための予算についてのお尋ねがあっております。保育につきましては、女性の就業率上昇などを背景とする申込者数の大幅増により、待機児童数は前年より増加をいたしております。このため、受け皿整備は緊急の課題であり、昨年十一月に一億総活躍国民会議が取りまとめられた緊急対策の中でも、平成二十………会議録へ(外部リンク)

第190回国会 衆議院 本会議 第6号(2016/01/22、47期)

平成二十八年度予算の御審議に当たり、財政政策等の基本的な考えについて所信を申し述べさせていただきます。予算の大要を御説明申し上げます。安倍内閣における三年間の経済再生に向けた取り組みにより、日本の経済はデフレ不況から脱却しつつあります。企業の経常利益は過去最高となるとともに、雇用・所得環境も確実に改………会議録へ(外部リンク)

第190回国会 衆議院 本会議 第10号(2016/02/09、47期)

ただいま議題となりました東日本大震災からの復興のための施策を実施するために必要な財源の確保に関する特別措置法及び財政運営に必要な財源の確保を図るための公債の発行の特例に関する法律の一部を改正する法律案の趣旨を御説明申し上げさせていただきます。政府は、東日本大震災からの復興のために実施する施策に必要な………会議録へ(外部リンク)

第190回国会 衆議院 本会議 第11号(2016/02/16、47期)

ただいま議題となりました所得税法等の一部を改正する法律案の趣旨を御説明申し上げさせていただきます。本法律案は、経済の好循環の確立、消費税率引き上げに伴う低所得者への配慮、少子化対策・教育再生、地方創生の推進、国際課税の枠組みの再構築、震災からの復興支援等の観点から、国税に関し、所要の改正を一体として………会議録へ(外部リンク)

第190回国会 衆議院 本会議 第15号(2016/03/10、47期)

いわゆるHNSについてのお尋ねがあっております。この予算につきましては、新たな特別協定の締結に際し、安全保障環境や日本の厳しい財政状況などを踏まえつつ、聖域視することなく、その減額を含めて見直しを図るべきと考えておりまして、このような考え方につきましては、外務大臣、防衛大臣に伝えたところでもあります………会議録へ(外部リンク)

第190回国会 衆議院 本会議 第16号(2016/03/15、47期)

地方創生事業についてお尋ねがあっております。地方創生は大変重要な課題であるとの政府の考え方は、これまで一貫いたしております。そのもとで、毎年の予算編成過程において、地方創生の取り組み状況や課題などを踏まえつつ、必要な財政上の支援を行っているところであります。会議録へ(外部リンク)

第190回国会 衆議院 本会議 第25号(2016/04/19、47期)

障害福祉予算についてのお尋ねがあっております。障害福祉予算につきましては、近年、その伸びが社会保障関係費の中でも大きく、今後も伸びが見込まれているところであります。会議録へ(外部リンク)

第190回国会 衆議院 本会議 第32号(2016/05/13、47期)

今般、平成二十八年熊本地震に対応し必要な財政措置を講ずるため、平成二十八年度補正予算を提出することといたしております。その御審議をお願いするに当たり、補正予算の大要について御説明申し上げます。まず、このたびの地震により亡くなられた方々と御遺族に対し、深く哀悼の意を表しますとともに、被災された方々に心………会議録へ(外部リンク)

第192回国会 衆議院 本会議 第1号(2016/09/26、47期)

さきに閣議決定いたしました未来への投資を実現する経済対策を受けて、今般、平成二十八年度第二次補正予算を提出することといたしました。その御審議をお願いするに当たり、補正予算の大要につきまして御説明を申し上げます。日本経済につきましては、安倍内閣におけるこれまでの取り組みによって、雇用・所得環境等が大き………会議録へ(外部リンク)

第192回国会 衆議院 本会議 第2号(2016/09/27、47期)

配偶者控除の見直しを含みます所得税改革についてのお尋ねがあっております。配偶者控除につきましては、配偶者の就労を抑制する効果があるとの指摘があります一方、家族の助け合いや家庭における子育てに対する配偶者の貢献を積極的に評価すべきとの御指摘もあります。などなど、さまざまな立場から議論がなされております………会議録へ(外部リンク)

第192回国会 衆議院 本会議 第5号(2016/10/18、47期)

ただいま議題となりました社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法の一部を改正する等の法律等の一部を改正する法律案の趣旨を御説明させていただきます。世界経済の不透明感が増す中、新たな危機に陥ることを回避するため、あらゆる政策を講ずることが必要となっております。これを踏まえ………会議録へ(外部リンク)

第193回国会 衆議院 本会議 第1号(2017/01/20、47期)

平成二十九年度予算及び平成二十八年度第三次補正予算の御審議に当たり、財政政策等の基本的な考え方につきまして所信を申し上げますとともに、予算の大要を御説明させていただきたいと存じます。日本経済につきましては、安倍内閣のこれまでの取り組みによって、雇用・所得環境が着実に改善するなど、経済の好循環が生まれ………会議録へ(外部リンク)

第193回国会 衆議院 本会議 第6号(2017/02/16、47期)

ただいま議題となりました所得税法等の一部を改正する等の法律案の趣旨を御説明申し上げたいと存じます。本法律案は、日本経済の成長力の底上げのため、就業調整を意識しなくて済む仕組みの構築、経済の好循環の促進、酒類間の税負担の公平性の回復、国際的な租税回避への効果的な対応などの観点から、国税に関し、所要の改………会議録へ(外部リンク)

第193回国会 衆議院 本会議 第9号(2017/03/09、47期)

菊田議員から、奨学金制度などに関する四つの点についてのお尋ねがあっております。まず、森友学園への国有地の売却手続についてのお尋ねがありました。会議録へ(外部リンク)

第193回国会 衆議院 本会議 第12号(2017/03/23、47期)

畠山議員から、日米経済対話について一問お尋ねがあっております。御指摘のような発言が報道されていることは承知をしておりますが、先日の日米首脳会談における一連の会談を含め、米国政府からそのような要請はありませんでした。会議録へ(外部リンク)

第193回国会 衆議院 本会議 第14号(2017/03/30、47期)

真島議員から、日米経済対話と原発輸出について、一問お尋ねがあっております。日米経済対話の具体的な構成、内容につきましては、今後、日米間で調整をしていくことになります。御指摘の原発輸出も含めまして、現時点では何も決まっておるわけではありません。会議録へ(外部リンク)

第193回国会 衆議院 本会議 第17号(2017/04/06、47期)

土屋先生からは、国際犯罪防止条約、いわゆるTOC条約締結によります影響について、一問お尋ねがあっております。マネーロンダリングとかテロ資金対策のための政府間会合として、G7のもとに設立されております金融活動作業部会、通称FATFにおきましても、参加国は、国際組織犯罪防止条約、いわゆるTOC条約の締結………会議録へ(外部リンク)

第193回国会 衆議院 本会議 第25号(2017/05/16、47期)

阿部議員から、児童相談所の体制強化について一問お尋ねがあっております。児童虐待相談への対応件数は、近年増加を続けております。増加する児童虐待相談に的確に対応し、子供の安全確保を迅速に行うため、厚生労働省においては、昨年四月に児童相談所強化プランを策定し、児童福祉司等の専門職の配置の充実や資質の向上を………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(47期)

35期委員会 - 36期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会 - 43期委員会 - 44期委員会 - 45期委員会 - 46期委員会 - 47期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 期間中、委員会での発言なし。

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 期間中、委員会での発言なし。

委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

 期間中、委員会での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院質問主意書(47期)

35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書 - 43期質問主意書 - 44期質問主意書 - 45期質問主意書 - 46期質問主意書 - 47期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-) - 46期(2012/12/16-) - 47期(2014/12/14-)
47期在籍の他の議員はこちら→47期衆議院統計 47期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22