石原伸晃衆議院議員 47期国会活動まとめ



在籍期:39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-) - 46期(2012/12/16-) - 47期(2014/12/14-)
47期在籍の他の議員はこちら→47期衆議院統計 47期衆議院議員


衆議院本会議(47期)

39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議 - 43期本会議 - 44期本会議 - 45期本会議 - 46期本会議 - 47期本会議

本会議発言統計

 第188回国会(特別:2014/12/24-2014/12/26)  0回発言      0文字発言
 第189回国会(通常:2015/01/26-2015/09/27)  0回発言      0文字発言
 第190回国会(通常:2016/01/04-2016/06/01)  4回発言   7379文字発言
 第191回国会(臨時:2016/08/01-2016/08/03)  0回発言      0文字発言
 第192回国会(臨時:2016/09/26-2016/12/17)  1回発言   2491文字発言
 第193回国会(通常:2017/01/20-2017/06/18)  4回発言   3868文字発言

       47期通算   (2014/12/14-2017/09/30)  9回発言  13738文字発言

本会議発言一覧

第190回国会 衆議院 本会議 第9号(2016/02/02、47期)

経済財政政策を担当する内閣府特命担当大臣として、我が国の経済に関し、一言発言をさせていただきます。安倍内閣では、一体的に推進してきた三本の矢から成る経済財政政策のもと、デフレ脱却・経済再生に向けた取り組みは、全体として着実に前進しており、景気は緩やかな回復基調が続いております。会議録へ(外部リンク)

第190回国会 衆議院 本会議 第10号(2016/02/09、47期)

鷲尾議員にお答えいたします。中長期試算の想定及び潜在成長率についてお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第190回国会 衆議院 本会議 第22号(2016/04/05、47期)

ただいま議題となりました環太平洋パートナーシップ協定の締結に伴う関係法律の整備に関する法律案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。この法律案は、環太平洋パートナーシップ協定を締結し、これを実施するため、必要な関係法律の規定の整備を総合的、一体的に行うものであります。会議録へ(外部リンク)

第190回国会 衆議院 本会議 第25号(2016/04/19、47期)

本村議員にお答えいたします。震災対策を行う中でTPP審議を行う理由について、また、一度立ちどまって国民理解が得られる段階で審議を深めるべきとのお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第192回国会 衆議院 本会議 第5号(2016/10/18、47期)

木内議員にお答えいたします。まず、名目GDP六百兆円の実現についてお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第193回国会 衆議院 本会議 第1号(2017/01/20、47期)

経済財政政策を担当する内閣府特命担当大臣として、我が国経済の課題と政策運営の基本的考え方について所信を申し述べさせていただきます。第二次安倍内閣発足後、我が国の名目GDPは四十四兆円、実質GDPは二十五兆円増加し、デフレではないという状況をつくり出しました。雇用者数は二百万人近く増加、失業率は四%程………会議録へ(外部リンク)

第193回国会 衆議院 本会議 第6号(2017/02/16、47期)

田村議員の御質問にお答えいたします。PFI事業における住民合意についてのお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第193回国会 衆議院 本会議 第9号(2017/03/09、47期)

教育無償化の効果分析についてお尋ねがございました。全ての子供たちが、家庭の経済状況にかかわらず、未来に希望を持ち、それぞれの夢に向かって頑張ることができる社会を実現していく必要がございます。会議録へ(外部リンク)

第193回国会 衆議院 本会議 第24号(2017/05/11、47期)

経済の現状認識についてお尋ねがございました。政権交代後、名目GDPは九・五%、四十七兆円増加、デフレではないという状況をつくり出すことができました。また、生産年齢人口が四百万人減少する中で就業者は百八十五万人増加するなど、国民生活にとりまして一番重要な雇用は大きく改善しております。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(47期)

39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会 - 43期委員会 - 44期委員会 - 45期委員会 - 46期委員会 - 47期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第189回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

  47期通算   1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 決算行政監視委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

 期間中、委員会での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院質問主意書(47期)

39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書 - 43期質問主意書 - 44期質問主意書 - 45期質問主意書 - 46期質問主意書 - 47期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-) - 46期(2012/12/16-) - 47期(2014/12/14-)
47期在籍の他の議員はこちら→47期衆議院統計 47期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22