岸田文雄衆議院議員 47期国会活動まとめ



在籍期:40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-) - 46期(2012/12/16-) - 47期(2014/12/14-)
47期在籍の他の議員はこちら→47期衆議院統計 47期衆議院議員


衆議院本会議(47期)

40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議 - 43期本会議 - 44期本会議 - 45期本会議 - 46期本会議 - 47期本会議

本会議発言統計

 第188回国会(特別:2014/12/24-2014/12/26)  0回発言      0文字発言
 第189回国会(通常:2015/01/26-2015/09/27)  4回発言   6442文字発言
 第190回国会(通常:2016/01/04-2016/06/01)  5回発言  10469文字発言
 第191回国会(臨時:2016/08/01-2016/08/03)  0回発言      0文字発言
 第192回国会(臨時:2016/09/26-2016/12/17)  1回発言   3653文字発言
 第193回国会(通常:2017/01/20-2017/06/18)  5回発言  17614文字発言

       47期通算   (2014/12/14-2017/09/30) 15回発言  38178文字発言

本会議発言一覧

第189回国会 衆議院 本会議 第4号(2015/02/05、47期)

このたびの事件によって、二名の日本人がテロの犠牲となられたことは、まことに無念、痛恨のきわみであります。非道、卑劣きわまりないテロ行為は、絶対に許すことはできません。我が国がテロに屈することは決してありません。ただいま採択されました御決議の趣旨を踏まえ、政府といたしましても、今後とも国内外の日本人の………会議録へ(外部リンク)

第189回国会 衆議院 本会議 第5号(2015/02/12、47期)

第百八十九回国会に当たり、外交の基本方針について所信を申し述べます。最初に、シリアにおいて、非道、卑劣きわまりないテロ行為により殺害された日本人お二人に哀悼の誠をささげ、御家族に心からお悔やみを申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第189回国会 衆議院 本会議 第28号(2015/05/26、47期)

まず、新三要件の第三要件に言う必要最小限度の意味についてお尋ねがありました。新三要件の第三要件に言う必要最小限度とは、国際法の用語で言う均衡性を意味するものですが、同時に、我が国に対する武力攻撃、または、我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険をつくり出………会議録へ(外部リンク)

第189回国会 衆議院 本会議 第44号(2015/09/03、47期)

外国人技能実習制度に係る二国間協定について御質問がありました。技能実習制度については、技能移転による国際貢献という制度本来の趣旨、目的と実態との間に乖離があるとして、国内外からさまざまな指摘や懸念が表明されていたところ、技能実習制度の見直しに関する法務省・厚労省合同有識者懇談会報告書において、不適正………会議録へ(外部リンク)

第190回国会 衆議院 本会議 第6号(2016/01/22、47期)

第百九十回国会に当たり、外交の基本方針について所信を申し述べます。本年は、日本の外交にとり、大変重要で責任の大きい一年です。特に、G7議長国として、四月には広島で外相会合、五月には伊勢志摩サミットを主催します。自由、民主主義、法の支配、人権といった基本的価値を共有するG7としてふさわしい課題を取り上………会議録へ(外部リンク)

第190回国会 衆議院 本会議 第15号(2016/03/10、47期)

ただいま議題となりました日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第六条に基づく施設及び区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定第二十四条についての新たな特別の措置に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定の締結について承認を求めるの件につきまして、その趣旨を御説明申し上げま………会議録へ(外部リンク)

第190回国会 衆議院 本会議 第19号(2016/03/24、47期)

日米原子力協定についてお尋ねがありました。日米原子力協定の当初の有効期間は三十年、二〇一八年七月十六日までですが、その後は、自動的に失効するのではなく、日米いずれかが終了通告を行わない限り存続されます。会議録へ(外部リンク)

第190回国会 衆議院 本会議 第21号(2016/04/01、47期)

我が国による気候変動及び防災、減災分野の途上国支援についてお尋ねがありました。昨年のCOP21首脳会合において安倍総理から表明した、二〇二〇年における官民合わせて一兆三千億円の途上国支援は、同年までに、先進国全体で、官民合わせて年間一千億ドルを動員するとの過去のCOP決定でのコミットメント実現に道筋………会議録へ(外部リンク)

第190回国会 衆議院 本会議 第22号(2016/04/05、47期)

ただいま議題となりました環太平洋パートナーシップ協定の締結について承認を求めるの件につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。政府は、平成二十五年七月から、この協定の交渉に参加しました。その結果、本年二月四日にニュージーランドのオークランドにおいて、十二カ国の代表者によりこの協定の署名が行われた次第………会議録へ(外部リンク)

第192回国会 衆議院 本会議 第7号(2016/10/28、47期)

ただいま議題となりましたパリ協定の締結について承認を求めるの件につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。この協定は、平成二十七年十二月にフランスのパリで開催された気候変動に関する国際連合枠組条約の第二十一回締約国会議において採択されたものであります。会議録へ(外部リンク)

第193回国会 衆議院 本会議 第1号(2017/01/20、47期)

第百九十三回国会に当たり、外交の基本方針について所信を申し述べます。本年、二〇一七年は、さまざまな変化の可能性を秘めた年です。現在、世界各地では、保護主義や内向きの傾向が強まり、また、法の支配に基づく国際秩序が挑戦にさらされています。会議録へ(外部リンク)

第193回国会 衆議院 本会議 第10号(2017/03/14、47期)

ただいま議題となりました日本国の自衛隊とアメリカ合衆国軍隊との間における後方支援、物品又は役務の相互の提供に関する日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の協定の締結について承認を求めるの件につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。我が国及び国際社会の平和及び安全の確保に資するための自衛隊法等の一部を………会議録へ(外部リンク)

第193回国会 衆議院 本会議 第17号(2017/04/06、47期)

私には、TOC条約、すなわち国際組織犯罪防止条約の締結に当たってテロ等準備罪を新設する必要性についてお尋ねがありました。本条約第五条は、締約国に対し、重大な犯罪の合意または組織的な犯罪集団の活動への参加の少なくとも一方を、その未遂または既遂とは別に犯罪化することを義務づけています。会議録へ(外部リンク)

第193回国会 衆議院 本会議 第19号(2017/04/14、47期)

ただいま議題となりました原子力の平和的利用における協力のための日本国政府とインド共和国政府との間の協定の締結について承認を求めるの件につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。平成二十年、主要先進国を含む原子力供給国グループは、インドが表明した、約束と行動と呼ばれる核実験モラトリアム等の政策を前提と………会議録へ(外部リンク)

第193回国会 衆議院 本会議 第25号(2017/05/16、47期)

千葉県でのベトナム女児殺害事件についてお尋ねがありました。御指摘の事件につきましては、私も大変心を痛めております。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(47期)

40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会 - 43期委員会 - 44期委員会 - 45期委員会 - 46期委員会 - 47期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 期間中、委員会での発言なし。

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 期間中、委員会での発言なし。

委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

 期間中、委員会での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院質問主意書(47期)

40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書 - 43期質問主意書 - 44期質問主意書 - 45期質問主意書 - 46期質問主意書 - 47期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-) - 46期(2012/12/16-) - 47期(2014/12/14-)
47期在籍の他の議員はこちら→47期衆議院統計 47期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22