河野太郎衆議院議員 48期国会活動まとめ


今期は集計中です。

在籍期:41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-) - 46期(2012/12/16-) - 47期(2014/12/14-) - 48期(2017/10/22-)
48期在籍の他の議員はこちら→48期衆議院統計 48期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(48期)

41期本会議 - 42期本会議 - 43期本会議 - 44期本会議 - 45期本会議 - 46期本会議 - 47期本会議 - 48期本会議

本会議発言統計

 第195回国会(特別:2017/11/01-2017/12/09)  0回発言      0文字発言
 第196回国会(通常:2018/01/22-2018/07/22)  5回発言  13482文字発言
 第197回国会(臨時:2018/10/24-2018/12/10)  1回発言   5796文字発言
 第198回国会(通常:2019/01/28-2019/03/11)  1回発言   7667文字発言

       48期通算   (2017/10/22-2019/03/11)  7回発言  26945文字発言

本会議発言一覧

第196回国会 衆議院 本会議 第1号(2018/01/22、48期)

第百九十六回国会に当たり、所信を申し述べます。この外交演説では、本年、私が外務大臣として日本外交を進めていくに当たっての基本的な考え方について御説明申し上げます。私は、外務大臣に就任以来の約半年間で、外国訪問を十三回行い、延べ三十か国を訪問しました。初めに、これらの訪問を通じた現在の世界についての私………会議録へ(外部リンク)

第196回国会 衆議院 本会議 第17号(2018/04/10、48期)

気候変動に係る途上国支援や国際協力についてのお尋ねがありました。気候変動は、海面上昇や干ばつ、自然災害の激甚化等の問題を引き起こし、こうした問題による影響を受けやすい脆弱な国々だけでなく、地球規模の安全保障及び経済の繁栄に脅威をもたらすものとして国際社会が一致して対応すべき喫緊の課題です。会議録へ(外部リンク)

第196回国会 衆議院 本会議 第19号(2018/04/17、48期)

ただいま議題となりました環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定の締結について承認を求めるの件につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。政府は、アメリカ合衆国が環太平洋パートナーシップ協定からの離脱を表明したことを受け、同国を除く同協定署名十一か国で同協定の内容を実現するための法的枠………会議録へ(外部リンク)

第196回国会 衆議院 本会議 第20号(2018/04/19、48期)

海外インフラ受注における関係者間での連携及び民間企業の実情を踏まえた取組の必要性についてのお尋ねがありました。企業の海外展開を支援し、最先端のインフラシステム輸出を後押しすることは、成長戦略の重要な柱であります。会議録へ(外部リンク)

第196回国会 衆議院 本会議 第23号(2018/05/08、48期)

米国による鉄鋼、アルミニウムに関する措置についてのお尋ねがありました。米国の鉄鋼、アルミニウムの関税措置に関し、今般の安全保障を理由とした広範な貿易制限措置は、単に米国のみならず、アジア地域を含む世界の鉄鋼、アルミ市場を混乱させる懸念があるほか、同盟関係にある日米両国の経済協力関係、ひいては多角的貿………会議録へ(外部リンク)

第197回国会 衆議院 本会議 第7号(2018/11/20、48期)

ただいま議題となりました経済上の連携に関する日本国と欧州連合との間の協定の締結について承認を求めるの件につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。政府は、平成二十五年四月以来、欧州連合との間で協定の締結交渉を行いました。その結果、本年七月十七日に東京において、安倍内閣総理大臣とトゥスク欧州理事会議長………会議録へ(外部リンク)

第198回国会 衆議院 本会議 第1号(2019/01/28、48期)

第百九十八回国会に当たり、所信を申し述べます。今回が私の二度目の外交演説となりますが、昨年の外交演説の中で申し上げた六本の柱を引き続き、外交政策の中心に据えてまいります。第一に、日本の平和と安全を確保していく上で、日米関係を一層強化し、日米同盟の抑止力と対処力を一層向上させます。同時に、普天間飛行場………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(48期)

41期委員会 - 42期委員会 - 43期委員会 - 44期委員会 - 45期委員会 - 46期委員会 - 47期委員会 - 48期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 期間中、委員会での発言なし。

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 期間中、委員会での発言なし。

委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

 期間中、委員会での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院質問主意書(48期)

41期質問主意書 - 42期質問主意書 - 43期質問主意書 - 44期質問主意書 - 45期質問主意書 - 46期質問主意書 - 47期質問主意書 - 48期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ


今期は集計中です。

在籍期:41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-) - 46期(2012/12/16-) - 47期(2014/12/14-) - 48期(2017/10/22-)
48期在籍の他の議員はこちら→48期衆議院統計 48期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12