和田敏明衆議院議員 国会活動データ「委員会出席・発言」



衆議院委員会発言統計

在籍期別委員会出席・発言数

  23期(1947/04/25〜)   57回出席(うち幹部出席  7回)   14回発言   16445文字発言

    衆議院在籍時通算     57回出席(うち幹部出席  7回)   14回発言   16445文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言回数は本統計に含まれていません。
 「幹部出席」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。

委員会別通算出席・発言数

 1位   32回出席  12回発言 外務委員会
 2位   25回出席   2回発言 海外同胞引揚に関する特別委員会

衆議院委員長経験

委員長経験

衆議院委員会での委員長経験なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

理事経験

外務委員会理事(第3回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。
 括弧内は初任の会期を示します。その後の会期での就任状況は「在籍期別委員会出席・発言数」からリンクしている各期別議員活動ページを参照してください。


衆議院委員会発言一覧

第1回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1947/08/04、23期)

この今日の議案は、外務委員會の所管であるよりも、むしろ海外同胞引揚に関する特別委員會の所管事項だと思います。こういう請願を一一外務委員會で取上げていることは、せつかく成立した海外同胞引揚に関する特別委…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1947/10/06、23期)

ただいまの請願の扱いでありますが、北海道の島民があの島の日本への歸環を希望しておることは十分了解いたしますが、この領土の問題は非常にデリケートな関係にあるし、またわれわれとしては実はそうにいつた希望を…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 外務委員会 第17号(1947/11/13、23期)

經濟運用の基本的な問題ですがソヴイエトに軍人や邦人などを殘しておることは、新五箇年計畫の遂行途上において、勞働人口が不足しておるから、日本人を殘しておるということを盛んにいわれます。これは今政府はそう…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 外務委員会 第19号(1947/11/27、23期)

本請願提出者は本會議では活躍しておれるが、誠意がないし、それに戰犯問題というものは、今、日本としては渉外関係としてとり上げるような時代にも立至つていないと思いますので、今の説明で十分肯けると思いますか…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 海外同胞引揚に関する特別委員会 第6号(1948/03/18、23期)

どう書くのが彼に対する敬称として一番いいかという問題ですね。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1948/01/27、23期)

今の問題に関連してでありますが、今議題になつている議題には、私はもちろん賛成なんです。外務省から終連を離さなくちやならぬという議論を前からしていたし、実はあなたが統率されておる外務省の中にもそういう議…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1948/04/01、23期)

私も大体芦田・ドレーパー会談のこと、並びに本日新聞に発表された一月十八日のマツカーサー声明に関連して、逐次質問したいと思います。第一点は、今世界の問題となつている米ソの問題でありますが、私は実は芦田外…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1948/05/20、23期)

外資導入の問題についてもいろいろお話がありました。これは向うとの話合いがあるのでなかなかむずかしい問題だろうと思いますが、日本国としては外資導入法というようなものをつくつて規制するというふうな考え方は…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 外務委員会 第10号(1948/06/26、23期)

現在郵便物や小包の交換状況は、実際どうなつておりますか、またそれは戰爭中にこういう国際條約から一切日本は離れているわけですが、しかし実際にはアメリカあたりから加州米を送つてきたという人もあるということ…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 海外同胞引揚に関する特別委員会 第5号(1948/11/27、23期)

あなたの今の報告をずつと聞いておると、初めの方は思想的の対立があるからトラブルが起るのではないかということが前提でありましたが、結論においては抑留中の原因らしいということですが、共産党の連中でも袋たた…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1948/11/12、23期)

すべてのこういつた委員会における審議も、実は政府の施設方針演説がなくては非常に審議を進めることが困難なんです。この條約なども少し基本的に考えた場合に、先般も国際郵便條約、また今般はこの電氣通信條約とい…会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1948/12/04、23期)

野坂さんの発言と多少関係があるのですが、今日みたいなときには、こういつた外務省側で調べられたことについて、政府は政策的にどういうふうに考えておるかということを――公開のところはむりだつたら、場合によつ…会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1948/12/06、23期)

私は第一には、一昨日の新聞に出ていた、天皇のアメリカ大統領に対するメツセージの問題について御質問申し上げます。連合軍の占領下において、いまだ政府の外交権は復活されていないのでありますが、突如としてあ…会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1948/12/14、23期)

せつかく動議が成立して、調べて報告すべしということになつたのに、そういう報告ではまつたくわれわれとしては納得が行きません。吉田さん自身で調べなくてもいいんです、沢山事務当局がおるんだから天皇陛下に会う…会議録へ(外部リンク)



データ更新日:2019/03/12