西中清衆議院議員 国会活動データ「委員会出席・発言」



衆議院委員会発言統計

在籍期別委員会出席・発言数

  32期(1969/12/27〜)   76回出席(うち幹部出席 35回)   25回発言  130082文字発言
  34期(1976/12/05〜)  102回出席(うち幹部出席 42回)   18回発言  128153文字発言
  35期(1979/10/07〜)   20回出席(うち幹部出席 18回)    4回発言   31760文字発言
  36期(1980/06/22〜)   69回出席(うち幹部出席 49回)   21回発言  106907文字発言
  37期(1983/12/18〜)   52回出席(うち幹部出席 16回)   12回発言   79979文字発言
  38期(1986/07/06〜)   46回出席(うち幹部出席 27回)   10回発言   66916文字発言
  39期(1990/02/18〜)   52回出席(うち幹部出席 19回)    8回発言   41785文字発言

    衆議院在籍時通算    417回出席(うち幹部出席206回)   98回発言  585582文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言回数は本統計に含まれていません。
 「幹部出席」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。

委員会別通算出席・発言数

 1位  145回出席  45回発言 運輸委員会
 2位   81回出席  15回発言 商工委員会
 3位   48回出席  19回発言 外務委員会
 4位   46回出席   8回発言 農林水産委員会
 5位   28回出席   1回発言 石炭対策特別委員会
 6位   14回出席   1回発言 安全保障特別委員会
 7位   11回出席   2回発言 日本国有鉄道改革に関する特別委員会
 7位   11回出席   4回発言 決算委員会
 9位    8回出席   2回発言 沖縄返還協定特別委員会
10位    7回出席   0回発言 交通安全対策特別委員会
11位    6回出席   0回発言 社会労働委員会
12位    5回出席   1回発言 予算委員会
12位    5回出席   0回発言 災害対策特別委員会
14位    1回出席   0回発言 沖縄及び北方問題に関する特別委員会
14位    1回出席   0回発言 内閣委員会

衆議院委員長経験

委員長経験

交通安全対策特別委員会委員長(第96回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。
 括弧内は初任の会期を示します。その後の会期での就任状況は「在籍期別委員会出席・発言数」からリンクしている各期別議員活動ページを参照してください。

理事経験

外務委員会理事(第67回国会)
沖縄返還協定特別委員会理事(第67回国会)
石炭対策特別委員会理事(第79回国会)
運輸委員会理事(第87回国会)
日本国有鉄道改革に関する特別委員会理事(第107回国会)
農林水産委員会理事(第118回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。
 括弧内は初任の会期を示します。その後の会期での就任状況は「在籍期別委員会出席・発言数」からリンクしている各期別議員活動ページを参照してください。


衆議院委員会発言一覧

第63回国会 衆議院 決算委員会 第16号(1970/05/12、32期)

最初に大蔵省のほうにお伺いします。この前の委員会で同僚議員から問題になりました、また官公労でも問題になっておりますが、国家公務員共済組合連合会の理事でありました栗田氏の問題について、前回大蔵大臣にも…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 決算委員会 第17号(1970/05/19、32期)

先ほど丹羽先生からもお話がありました古古米、そして古米の処理については、先ほどから聞いておると、もうひとつすっきりした返事がないし、これは食糧庁また農林省も、その他の関係省庁がもう一つ認識がないんじゃ…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 決算委員会 第18号(1970/06/10、32期)

専売公社の質問を前回やらしていただきましたが、きょうは引き続いて残された部分をひとつ質問したいと思います。前回の質問で、外国葉たばこの輸入について質問したわけですが、その検査機関についてこまかくお聞…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 決算委員会 第22号(1970/10/13、32期)

せんだって、全日空の事故につきましての調査団の結論が出たわけでございますが、原因が不明という結論でありますので、私たちとしても釈然としないものが残っておるわけでございますが、さきの松山沖の問題も十分な…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1971/03/05、32期)

私は逐条的に質問をしていきたいと思いますが、まず第一条の(a)、この(a)の中に「(未遂を含む。)」ということがございますが、このハイジャックにおける未遂というものは一体どういうことなのかということが…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1971/03/11、32期)

私は、新聞報道で各紙が報道しております南ベトナムの石油開発につきましての質問をいたしたいと思います。これによりますと、石油開発公団と民間の八社が海洋石油を設立して、アメリカ国際石油資本と組んで南ベト…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 外務委員会 第8号(1971/03/12、32期)

前回少し入ったところで終わってしまったわけですが、ハイジャック条約の第一条の(a)の未遂についてその範囲をお聞きしました。そのときの御返事では、この条約でいう未遂は乗降口が閉ざされてから開かれるときま…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 外務委員会 第15号(1971/05/10、32期)

「日本国の譲許表に掲げる譲許を修正し又は撤回するための第二十八条の規定に基づくアメリカ合衆国との交渉の結果」「第三十八表の変更」ということで出ておりますが、これによりますと、いわゆるチューインガムの関…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 外務委員会 第19号(1971/05/21、32期)

初めに、万国郵便条約について簡単にお伺いしておきたいのですが、この条約の署名国は百二十七カ国、このようになっておるようでありますし、説明書にもそのように書かれておるわけでございますが、いろいろ属領とい…会議録へ(外部リンク)

第66回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1971/08/10、32期)

高野先生にお伺いしたいのですが、いま台湾の帰属未定論についてお話がございましたので了解したわけでございますが、政府はいままでこれは放棄しただけである、連合国とか多数国できめてもらうべき問題であるという…会議録へ(外部リンク)

第67回国会 衆議院 沖縄返還協定特別委員会 第3号(1971/11/11、32期)

私は公明党を代表いたしまして、総理並びに関係大臣に質問をいたします。今回の沖繩返還は、長い異民族の支配にありました沖繩県民の長年の悲願であり、同時に全日本国民の大いなる願望でありまして、日本人として…会議録へ(外部リンク)

第67回国会 衆議院 沖縄返還協定特別委員会 第8号(1971/11/22、32期)

私は、自民、民社、公明の三党を代表いたしまして、提案の趣旨を説明いたします。本委員会における協定審議の過程において種々なる問題点が指摘されました経緯にかんがみ、本委員会として次の決議を行なわんとする…会議録へ(外部リンク)

第67回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1971/10/22、32期)

いま戸叶委員から質問があったのですが、私も非常にひっかかるので、一言だけ申しておきたいと思います。やはりこれはあくまでも施政権の返還であって、何だかこの文章、演説を読んでみますと、アメリカのたいへん…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1972/03/17、32期)

いま外務大臣から政府間折衝を考えておるんだ、その前の段階として関連の質問がございましたが、これは中国としてはそれなりの原則というものがあるわけでございまして、先ごろの委員会におきましても領土の問題等が…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1972/04/12、32期)

時間が、午後の審議に差しさわるそうでございますから、質問は途中までになるかわかりませんが、少しやってみたいと思います。重複するところはできるだけ避けますが、先ほども現在の日本の置かれました状況から、…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 外務委員会 第11号(1972/04/26、32期)

沖繩の返還も旬日のうちに迫りましたが、一方ではベトナムにおいて北爆が激化いたしておるわけでございます。こういう背景から、いわゆる沖繩の基地について返還後どういう態様になるかということは非常に国民の不安…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1972/04/28、32期)

三木先生、たいへん御苦労さまでございました。先ほどから委員の方がお聞きになりまして、その意図されているところは非常に敬意を表しておるわけでございます。特に、またたいへんな決意を持って政府与党説得をし…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 外務委員会 第13号(1972/05/10、32期)

先ごろより種々の報道がされております沖繩の那覇空港におけるP3の移転について、本来ですとこれは言うまでもなく沖繩復帰と同時に移転を完了すべきものである、こういうものでございますが、その点についていささ…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 外務委員会 第14号(1972/05/12、32期)

五月の十日からバードウイークが始まっているわけでございますが、現在日本の生活環境というものは、御承知のように緑がどんどんと奪われていっている。そうして公害が日本列島に大きく広がっておる。こういう状況の…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 外務委員会 第15号(1972/05/17、32期)

御本人にじかにお尋ねします。いままで論議がありましたのでもう一切省略いたしまして、一点だけ聞いておきたいのですが、うそかまことかというのは私個人の考えとしては第二義的な問題で、楢崎君が何回もおっしゃっ…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 外務委員会 第16号(1972/05/19、32期)

最初に、国際民間航空条約に関する議定書の御質問をいたしたいと思います。このニューヨークで署名された議定書の問題でございますが、これは一九七一年の三月に招集されておるその会議でこの議定書ができたという…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 外務委員会 第18号(1972/05/24、32期)

ベトナム戦争が激化いたしまして、四月上旬以来横須賀の空母コンステレーション出港、その後岩国からの海兵隊及びファントムF4出動、さらにはスカイホークの二個中隊出動、その他米陸軍相模補給廠での戦車の修理、…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 外務委員会 第20号(1972/06/02、32期)

せんだっての当委員会でも御質問いたしました点について、時間がなかったものですから途中でやめたわけですが、外務大臣は沖繩におけるB52のベトナムに対する爆撃戦闘作戦行動、この往路は地上給油で事前協議であ…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 外務委員会 第21号(1972/06/07、32期)

先ほどもお話が出ておりましたが、キッシンジャー大統領補佐官が九日に来られるということで、日本側としては米ソ、米中、こういった会談について何らかの報告を受けられると思います。日本側としてはいま問題になっ…会議録へ(外部リンク)

第69回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1972/08/10、32期)

私は、現在急ピッチで進んでおります日中問題について、最初に御質問をいたしたいと思います。今日の田中内閣の姿勢というものは肯定的で、そしてかなり積極的な面も見えるわけでございまして、これはわれわれとし…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 商工委員会 第5号(1977/03/11、34期)

私は、主にエネルギー問題についてお伺いをしたいと思います。政府は、このほど、昭和六十五年を目標としてエネルギー政策需給見直しを策定するということを正式決定したようでございますけれども、その基本的な姿…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 商工委員会 第7号(1977/03/23、34期)

最初に、中小企業の下請代金支払いの遅延について御質問いたしたいと思います。現在、長期の不況のために企業の倒産は依然高い水準で推移をしておるわけでございます。一月の倒産は民間調査で千二百八十五件、負債…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 商工委員会 第10号(1977/04/08、34期)

きょうは三点についてお伺いをいたしたいと思います。最初に、原子力発電所の問題についてお伺いをいたしますが、電源開発、とりわけ原子力の開発は何といっても国民の合意を取りつけるということが非常に重要なこ…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 商工委員会 第14号(1977/04/20、34期)

最初に総務長官にお伺いしたいのです。私たちは、今国会におけるこの法案の強化改正を目標にしておることはこれまでも表明してきたところでございます。福田総理も今国会での決着を明言しているわけでございますけ…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 商工委員会 第17号(1977/04/26、34期)

きょうは長時間にわたりまして参考人の皆様方には大変御苦労をかけております。お昼も飛ばしての大変な審議になっておりますが、よろしくお願いいたしたいと思います。最初に山本参考人にお伺いをいたしたいと思い…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 商工委員会 第19号(1977/04/28、34期)

長時間御苦労さんでございます。最初に、徳永参考人にお伺いをいたしたいわけでございますが、私は、この四月十二日だったと思いますが、読売新聞に掲載されました山中先生、板川先生、正田先生、そして徳永参考人…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 商工委員会 第4号(1977/11/01、34期)

午前中からの質疑を聞いてまいったわけでございますけれども、この協定については、ますます疑問点を浮き彫りにしたのではないかという印象を持っておるわけでございます。少なくとも中国がわが国のこの日韓の協定…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 商工委員会 第7号(1977/11/11、34期)

最初に、円高差益の還元につきまして御質問をいたしたいと思います。円高に伴いまして、輸入物資については膨大な為替差益というものが発生しておる。これを消費者に還元しろという声は非常に高いわけであります。…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 商工委員会 第27号(1978/05/09、34期)

本日、私は、河本通産大臣のASEAN三カ国の訪問について質問をいたす予定でございました。大臣がお出にならない。非常に残念でございますが、ほかの方でお答え願える部分だけ御質問をしておきたいと思います。…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 商工委員会 第29号(1978/05/12、34期)

最初に、河本通産大臣にお伺いをいたしたいと思います。せんだっての日米首脳会談で、日本のODAを五年で倍増するということを今度は三カ年で倍増するというような、言うならば首脳会談の一つの目玉として提案を…会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 商工委員会 第3号(1978/10/13、34期)

今日、流通部門の動きというものは、流通戦争と言われるようにまことに激烈な競争が行われておるわけでございまして、それに対応して、今回また大店法、商調法の改正ということでございますが、非常に経済不況の中で…会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 商工委員会 第6号(1978/10/18、34期)

特定不況地域中小企業対策臨時措置法案について御質問をいたしたいと思います。造船また合繊その他水産業等いわゆる構造不況業種を基幹産業といたしております地域、これはいま大変な不況に見舞われておるわけでご…会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1978/10/17、34期)

ただいまも問題になっておりましたけれども、国内炭の在庫の増大の問題についてお伺いをいたしたいと思います。従来より二千万トン体制ということで、会社も労働者もその目標達成のためにそれぞれある種の使命感を…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 運輸委員会 第3号(1979/02/15、34期)

最初に、運輸省の行政のあり方、行政の姿勢、こういう点についてお話をお伺いしたいと思います。ただいまもお話が出ましたけれども、さきの予算委員会でわが党の矢野委員から、グラマン社のガルフストリームU型機…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 運輸委員会 第6号(1979/03/20、34期)

参考人の皆さん、大変御苦労さまでございます。最初に、永井参考人にお伺いをいたしたいわけでございますが、若干いままでも同僚委員から質問が出ておりますので、重複するところもあるかもわかりませんが、お許し…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 運輸委員会 第7号(1979/04/10、34期)

初めに、外航海運並びに日本造船業の不況に対する政府の基本的な姿勢についてお伺いをしておきたいと思います。海運不況の原因の一つは、一九七三年のオイルショック、その前における世界の石油需要の見誤まり、こ…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 運輸委員会 第11号(1979/05/25、34期)

きょうは午前中から大臣の記者会見に関連しての質疑が続いております。いまもお話があったばかりでございますけれども、私も、一言お話をさせていただきたいと思います。ということは、いまの熱弁を聞いております…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 運輸委員会 第16号(1979/08/15、34期)

長時間にわたりまして参考人の皆様には大変御苦労さまでございます。いままであらかた問題の大半は議論が行われておると思いますが、ある程度重複する面もあり、また、もう一歩お聞きをしたい点もございますので、…会議録へ(外部リンク)

第90回国会 衆議院 運輸委員会 第1号(1979/12/05、35期)

けさ方鉄建公団の不正経理につきまして、大臣並びに会計検査院より御報告をいただきました。いま国民はこの乱脈な経理につきましては、大変な不信感と憤りを感じておるわけでございまして、できる限りこの内容につい…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 運輸委員会 第8号(1980/04/02、35期)

先ほども議論がございましたが、自動車運転者の労働時間等の改善基準について私もお伺いをしておきたいと思います。最初に労働省にお伺いをしたいのですが、新二・九通達が出されまして、昨日より実施ということで…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 運輸委員会 第9号(1980/04/08、35期)

きわめて技術的な法案でございますので、細部にわたって若干の重複はあるかと思いますけれども、御答弁を願いたいと思います。最初に、この法律のもとになっております外務委員会に付託されました船舶積量測度条約…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 予算委員会 第16号(1980/02/21、35期)

昨年また今年に入りまして新聞、テレビ等でしばしば報道されておりますように、金の私設市場における取引の実態、さらに取引業者によって被害を受けた多くの市民、それから不正な取引が現在のところほぼ野放しといっ…会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 運輸委員会 第1号(1980/10/14、36期)

最初に、外務省にお伺いをいたしたいと思います。新聞報道によりますと、アメリカ最大の航空会社ユナイテッド航空の日本乗り入れの問題につきまして、日本は日米航空交渉においてこのユナイテッド航空の日本乗り入…会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 運輸委員会 第4号(1980/10/21、36期)

日本国有鉄道経営再建促進特別措置法案について御質問するわけでございますが、過日の委員会におきまして、わが党の浅井委員から、わが党の基本的な疑問その他考え方について概略申し上げた次第でありますけれども、…会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 運輸委員会 第6号(1980/10/24、36期)

本日は、大変御多用中のところ、参考人の皆さんには御苦労さまでございます。国鉄のこの再建の問題は、国鉄のみならず日本の財政の上で非常に重大な問題でございますし、また国民の足としても基幹的な役割りを今日…会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 運輸委員会 第7号(1980/10/28、36期)

わずか十四分で大変短い時間で残念なんですが、いま同僚委員からわれわれが危惧いたしておる何点かについて質問がございました。重ねて御質問する部分もございますが、一番問題だと思うのは政令の問題だと考えてお…会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 運輸委員会 第8号(1980/10/31、36期)

私は、公明党・国民会議を代表して、日本国有鉄道経営再建促進特別措置法案及び加藤君修正案について反対の立場から討論を行い、同時に、久保君修正案に対して賛成の討論を行うものであります。本法案の問題点の一…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 安全保障特別委員会 第4号(1981/04/20、36期)

最初に、先ほど御報告のありました原潜の問題について、この事件についてお伺いをいたしたいと思います。今回の事件は、まことに遺憾と言う以外にないわけでございます。われわれは日米友好は重要であるという認識…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 運輸委員会 第2号(1981/03/03、36期)

国鉄再建法に関しましてこのほど政令が決まったわけでございますけれども、最初に、特定地方交通線、これを二段階に分けて廃止をする、こういう形になっているわけでございますが、この第一次選定は五十六年度から五…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 運輸委員会 第3号(1981/03/20、36期)

今回、日本航空株式会社法の一部を改正する法律案が出たわけでございますけれども、その前に航空企業の運営体制、昭和四十一年、四十五年、四十七年、それぞれ閣議了解によって、その時期に適応した航空企業の運営体…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 運輸委員会 第5号(1981/03/27、36期)

外貿埠頭公団の解散及び業務の承継に関する法律案について御質問をしますが、その前に、第六次港湾整備五カ年計画は、昨年九月に投資総額七兆三千億円で策定をされましたけれども、今年三月十三日の閣議了解で四兆二…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 運輸委員会 第7号(1981/04/03、36期)

港湾整備緊急措置法の一部を改正する法律案について、数点お伺いしておきたいと思います。まず第一点は、港湾整備と港湾管理者、この関係において一つの問題になるのは入港料ではないかと思っております。港湾整備…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 運輸委員会 第8号(1981/04/10、36期)

広域臨海環境整備センター法案についてお伺いをするわけですが、提案理由の説明にもありましたとおり、近年大都市圏における廃棄物の発生量は非常に膨大なものとなっておりますし、その最終処分場の確保は非常に困難…会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 運輸委員会 第10号(1981/04/17、36期)

今回の日昇丸事件につきまして十分な議論をしたいという気持ちを持っておりますが、いろいろの都合でわずか二十分だったと思いますが、非常に残念ですが、かいつまんだ質問になると思いますが、若干伺っておきたい。会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 運輸委員会 第11号(1981/05/13、36期)

日昇丸事件について御質問をいたしたいと思います。最初に、大臣にお伺いをいたしたいのですが、八日の閣議後の記者会見で、この衝突事件についての海上保安庁の報告書がまとまったので、訪米中の鈴木首相、伊東外…会議録へ(外部リンク)

第95回国会 衆議院 運輸委員会 第2号(1981/10/23、36期)

先ほど来同僚の委員からも御質問がございましたけれども、特定地方交通線廃止問題についてお伺いをしたいと思います。この特定地方交通線の廃止につきましては、対象線区の関係知事の意見書が提出されましたし、ま…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 運輸委員会 第2号(1983/02/22、36期)

運輸大臣の所信を先ごろお聞かせいただきましたが、何といっても問題意識として第一番目に日本国有鉄道の事業の再建、これをお取り上げになっているわけでございます。未曽有の危機的状況にあるという御認識であるわ…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 運輸委員会 第5号(1983/03/25、36期)

国鉄の改革は、今日におきましては国民的な課題であると同時に、その解決、再建は一日も早く行っていかなきゃならぬ、こういう段階ではなかろうかと思います。ただ、この改革を進める前に、国鉄を今日こういう危機的…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 運輸委員会 第6号(1983/04/05、36期)

きょうは参考人の皆さん、大変御苦労さまでございます。先ほどから貴重な御意見を伺っておるわけでございますけれども、いまも同僚委員から国鉄の今日の危機的状況というものについての責任の問題が出ておりました…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 運輸委員会 第9号(1983/04/13、36期)

本委員会におきましては、行政改革の柱とも言うべき国鉄再建監理委員会法案を審議中でございますけれども、一方で衆参ダブル同日選挙というような話も出ており、総理もこれについて種々御発言をなさっておられるとこ…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 運輸委員会 第10号(1983/04/27、36期)

海洋汚染の問題はいわば地球的規模の環境問題、このように言われております。したがって、その防止ということは国際的な次元からの理解と協力が必要であり、海に囲まれました日本としてはこの問題に積極的に取り組み…会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 運輸委員会 第11号(1983/05/18、36期)

最初に、関西新国際空港問題についてお伺いをいたしたいと思います。去る十三日の閣議におきまして、新空港の建設準備のための関係閣僚会議の設置が決定されました。昨日ですか、第一回の会合を開かれたようでござ…会議録へ(外部リンク)

第100回国会 衆議院 運輸委員会 第1号(1983/10/05、36期)

初めに、今回の三宅島の噴火についてお伺いをしておきたいと思います。各種の報道で情報をいろいろ聞いておるわけでございますけれども、規模、状況、まず最初に概況をお伺いしておきたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 運輸委員会 第8号(1984/05/08、37期)

関西国際空港の建設はまさしく国家的事業でございますが、事業主体が特殊法人たる株式会社ということで、事業の成否はもちろん主体たる株式会社にあるわけでございますけれども、やはり運輸省なり政府のこの事業に対…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 運輸委員会 第9号(1984/05/09、37期)

きょうは、極めて技術的な問題でありますけれども、日本の国有財産または国民の財産というべきいわゆる公共事業の構造物、その中でもコンクリートの構造物について最近さまざまな報道がなされて、その劣性化が問題と…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 運輸委員会 第16号(1984/07/24、37期)

道路運送法等の一部を改正する法律案について若干質問をいたします。この改正に当たりまして大臣から理由の説明をちょうだいいたしました。先ほどからいろいろと同僚議員からも議論がございましたけれども、今回の…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 運輸委員会 第17号(1984/07/25、37期)

本日は、参考人、大変御多用のところ御苦労さまでございます。昨年六月の発足以来、監理委員会の皆さんには大変な御努力を続けていただいておるわけでございまして、心から敬意を表したいと存じます。そこで、まず…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 商工委員会 第6号(1985/03/26、37期)

最初に、情報処理振興事業協会等に関する法律の一部を改正する法律案について、この法律案を改正しなければならないことになった背景、これについてまず御説明をいただきたいと思います。本法が制定されました昭和…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 商工委員会 第9号(1985/04/03、37期)

最初に、この法案が提出されました背景及びねらいについて簡潔にお答えをいただきたいと思います。そういうような観点から、昨年春以来、産業構造審議会におきまして、この技術政策のあり方というのを学識経験者に…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 商工委員会 第6号(1985/11/29、37期)

私は、当面の景気の現状、そして今後の見通しについて若干の御質問をしておきたいと思います。初めに、我が国経済のみならず、世界経済に重大な影響を与える米国経済についてでございますけれども、その動向は、月…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 運輸委員会 第3号(1986/02/21、37期)

大臣の所信に対する質問ということでございますけれども、運輸行政全般にわたってさまざまな施策を御発表いただきました。きょうはそれに対する質問でありますけれども、私は国鉄改革、そして熱川のホテル火災、そし…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 運輸委員会 第5号(1986/03/25、37期)

特定都市鉄道整備促進特別措置法案について御質問をいたします。大都市圏における鉄道は、急激な人口増加、利用者の激増、こういうことで朝夕の通勤通学時間帯の混雑ぶりというのは古くからの課題でございまして、…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 運輸委員会 第8号(1986/04/08、37期)

最初に、昨年の四月に運輸省港湾局として「二十一世紀への港湾」という提言をなされておるわけでございますけれども、これはいろいろと御検討していただいたとは思うのですけれども、今回の整備計画とどのような整合…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 運輸委員会 第10号(1986/04/15、37期)

今御提案があったことで、私も審議を聞いておりましてやはり大事な一点だと思います。結論が理事会ということでございますので、私も質問に入りますけれども、特段の配慮をしていただきたいと思います。いろいろ長…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 運輸委員会 第14号(1986/05/09、37期)

特定外航船舶解撤促進臨時措置法案について若干の質問をいたしたいと存じます。この法律は大幅な船舶過剰により長期的な不況に陥っている我が国海運企業のうち外航海運の健全な振興を図るために提案され、過剰化し…会議録へ(外部リンク)

第107回国会 衆議院 日本国有鉄道改革に関する特別委員会 第8号(1986/10/21、38期)

最初に、職員の再就職問題、雇用問題について伺っておきたいと思います。もう既に多くの同僚議員からこの問題は質疑がなされておりますが、ごく限られた問題だけに絞ってお伺いをいたしたいと存じます。まず第一点…会議録へ(外部リンク)

第107回国会 衆議院 日本国有鉄道改革に関する特別委員会 第11号(1986/10/24、38期)

最初に、総理にお伺いをいたしたいと思います。我が党は、今日までの審議を通じまして、清算事業団の用地について、一定の大規模用地はその利用のあり方を検討した上で、公正かつ公平に処分すべきであると主張しま…会議録へ(外部リンク)

第108回国会 衆議院 運輸委員会 第1号(1987/03/25、38期)

初めに、提案されております法案とは直接関係はございませんけれども、大臣に一、二点お伺いをいたしておきたいと思います。それは日本航空の伊藤会長の問題でありますけれども、去る三月十四日、運輸大臣に辞意を…会議録へ(外部リンク)

第108回国会 衆議院 運輸委員会 第3号(1987/05/22、38期)

最初に、大臣、我が国は今、経済的には、大変急激な円高によりまして、好むと好まざるとにかかわらず産業構造の大転換を余儀なくされておることは御承知のとおりであります。一方で、我が国の膨大な貿易黒字は新たな…会議録へ(外部リンク)

第109回国会 衆議院 運輸委員会 第1号(1987/07/28、38期)

日本航空株式会社法を廃止する等の法律案について若干の質問をいたします。せんだって大臣から提案理由の説明を伺いましたが、今回の日本航空の完全民営化、これに当たって運輸省としてその意義をどういうようにお…会議録へ(外部リンク)

第109回国会 衆議院 運輸委員会 第4号(1987/08/21、38期)

最初に、整備新幹線の財源問題がいまだ決着を見ない今日の段階でこの法案が提案されたその理由について、提案者からお伺いをいたしたいと思います。その後、財源問題検討委員会を数回開いておりまして、これは非常…会議録へ(外部リンク)

第109回国会 衆議院 運輸委員会 第5号(1987/08/26、38期)

最初に、営団地下鉄の民営化問題についてお伺いをしたいと思います。六十一年六月十日の行革審答申によりますと、営団地下鉄は「五年以内に可及的速やかに特殊会社に改組し、地下鉄のネットワークがほぼ概成し、路…会議録へ(外部リンク)

第112回国会 衆議院 運輸委員会 第7号(1988/04/13、38期)

初めに、地下高速鉄道について、若干の御質問をいたしたいと思います。間もなく暑い夏がやってまいりますけれども、東京の夏の地下鉄というのは冷房もほとんどなくて、まさに残酷なほどの暑さでございます。古くか…会議録へ(外部リンク)

第114回国会 衆議院 運輸委員会 第4号(1989/06/14、38期)

特定船舶製造業安定事業協会法の一部を改正する法律案に対しての質疑を行います。我が国の造船業は、昭和四十八年の第一次オイルショック以来、長い間不況の波を受けてまいりましたが、本年に入りましてから大きく…会議録へ(外部リンク)

第116回国会 衆議院 運輸委員会 第2号(1989/11/17、38期)

このたび提出されました流通二法案、これは、規制が多くて自由な事業活動が制限されがちでございました貨物運送事業の分野を、需要、ニーズの多様化や高度化に対応して、新規参入や運賃制度などの規制を大幅に緩和す…会議録へ(外部リンク)

第118回国会 衆議院 農林水産委員会 第5号(1990/03/22、39期)

我が国の農業をめぐる環境というものは、国の内外の経済の急激な変化や、さらにはまた農業環境の著しい変化が見られますし、また欧米諸国からは米の市場の開放や農産物の内外価格差の問題、こういった点に批判が高ま…会議録へ(外部リンク)

第118回国会 衆議院 農林水産委員会 第9号(1990/04/17、39期)

初めに、池田参考人にお伺いをいたしたいと思います。農業者年金の財政運営に大きな影響を与えるものが今後の被保険者数の動向にあるのではないかと私は見ております。今回の財政再計算において、平成二十七年度末…会議録へ(外部リンク)

第118回国会 衆議院 農林水産委員会 第13号(1990/05/31、39期)

市民農園整備促進法案について御質問をいたします。恐縮ですけれども、それに先立ちまして、直接関係はございませんけれども、一つお聞きをしておきたいと思います。それは、昨年、政府は生産者米価を新算定方式に…会議録へ(外部リンク)

第120回国会 衆議院 農林水産委員会 第5号(1991/03/07、39期)

法案の審議に先立ちまして、京都の北山杉の被害について若干お伺いをいたしたいと思います。二月十六日からの雪害によりまして、北山を中心とする北山杉の被害は約五千ヘクタールにも及んでおるわけでございまして…会議録へ(外部リンク)

第120回国会 衆議院 農林水産委員会 第11号(1991/04/17、39期)

競馬法及び日本中央競馬会法の一部を改正する法律案について若干の質疑をさせていただきたいと思います。競馬は、国、地方公共団体の財政への寄与、また畜産の振興等、我が国の経済社会の中で大きな役割を果たして…会議録へ(外部リンク)

第120回国会 衆議院 農林水産委員会 第12号(1991/04/18、39期)

きょうは大変お忙しい中をこうして参考人として御出席を賜りまして、本当にありがとうございます。今回の改正をそれなりの評価をしていらっしゃることは、先ほど来のお話で大体理解をいたしたところでございます。会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 農林水産委員会 第8号(1992/04/22、39期)

法案の質問に入ります前に、一点お伺いをいたしておきたいと思います。平成三年度産米の不作によりまして、今年度の転作目標面積は八十三万ヘクタールから七十万ヘクタールに、十三万ヘクタール緩和をされたわけで…会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 農林水産委員会 第9号(1992/04/23、39期)

最初に、信用事業について若干お伺いをいたしたいと思います。農協は、従来から信用事業部門の収益で他の部門の赤字を補う、こういう形でまいりました。近年の金融自由化の進展に伴う競争の激化、信用リスクの増大…会議録へ(外部リンク)



データ更新日:2019/03/12