生悦住貞太郎衆議院議員 23期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 25期(1952/10/01-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(23期)

23期本会議 - 25期本会議

本会議発言統計

   第1回国会(特別:1947/05/20-1947/12/09)  1回発言   5118文字発言
   第2回国会(通常:1947/12/10-1948/07/05)  1回発言    583文字発言
   第3回国会(臨時:1948/10/11-1948/11/30)  1回発言    358文字発言
   第4回国会(通常:1948/12/01-1948/12/23)  0回発言      0文字発言

       23期通算   (1947/04/25-1949/01/22)  3回発言   6059文字発言

本会議発言一覧

第1回国会 衆議院 本会議 第29号(1947/08/26、23期)

わが国民経済を破局への轉落より救うために、国をあげて生産再建に邁進いたさねばならぬときにあたつて、私は今日鉄鋼の過少生産が全産業と国民経済に及ぼす重大性について意見を申し上げ、これが増産達成に対する政府所信を質したいと思うのであります。鉄鋼と石炭の生産が両々相まつて初めて産業の復興が可能であるという………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第41号(1948/04/13、23期)

ただいま議題となりました石炭廳設置法案につきまして、鉱工業委員会における経過ならびに結果を御報告申上げます。本法案の趣旨といたしますところは、第一に、臨時石炭鉱業管理法はいよいよ本年四月一日より施工になりましたが、同法の施行に関する事務は、すでに昨年御決定の通り、第一線業務は石炭局においてこれを行う………会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 本会議 第25号(1948/11/30、23期)

私は、民主党を代表いたしまして、ただいま上程に相なりました国家公務員法の一部を改正する法律案の修正案に賛成の意を表するものであります。(拍手)いまさら申すまでもなく、本案の重要性と特殊性にかんがみ、また日本の置かれている現実の情勢を直視いたしますならば、謙虚な気持で本案に対処しなければならないと存ず………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(23期)

23期委員会 - 25期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第1回国会 33回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 32 委員  1)  5回発言  12581文字発言
  第2回国会 26回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 14 委員 12)  3回発言   9603文字発言
  第3回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員  4)  3回発言   5465文字発言
  第4回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員  0)  2回発言    743文字発言

  23期通算  79回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 62 委員 17) 13回発言  28392文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

鉱工業委員会
            48回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 46 委員  2)   8回発言  22184文字発言

人事委員会
            20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 16 委員  4)   5回発言   6208文字発言

通信委員会
             6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)   0回発言      0文字発言

予算委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)   0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

鉱工業委員会理事(第1回国会)
鉱工業委員会理事(第2回国会)
人事委員会理事(第3回国会)
人事委員会理事(第4回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第1回国会 衆議院 鉱工業委員会 第3号(1947/08/01、23期)

金屬工業小委員會に関する件でありますが、まず本小委員會の所管につきましては、去る二十六日の小委員長の打合會と、きのうの本小委員會におきまして、本小委員會の所管は鉄鋼業、非鉄金屬鑛工業、輕金屬鑛業、石油…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 鉱工業委員会 第9号(1947/08/21、23期)

鉄鋼業の調査に関する金屬鑛工業小委員會の中間經過報告について申し上げます。本小委員會は、鉄鋼業に関する調査について、主として鉄鋼問題を取上げ、政府及び民間各方面より資料の提出を求めまして、説明及び意…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 鉱工業委員会 第27号(1947/11/01、23期)

過日來より各黨からの代表質問は、一應一順はいたしましたが、質問の論點は、大體において同一方向に向つているのであります。この點においては、伊藤委員長より注意がありまして、なるべく重複質問にわたらないよう…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 鉱工業委員会 第38号(1947/11/25、23期)

私は本案につきましては贊成の意を表するものであります。本案は組織法でありまして、増産になるかならぬかという議論は、すでに盡されておると思います。もちろん本案を通過させることによつて、増産は可能であるこ…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 鉱工業委員会 第39号(1947/11/28、23期)

本法律案は、討論を省略して、ただちに採決せられんことを望みます。なお本日審査をいたしました請願の可否は、他の請願と同じく、後日一括して決定をいたしたいと思いますが、御異議ございませんか、会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 鉱工業委員会 第7号(1948/05/26、23期)

ただいま議題となりました鉄鋼増産対策に関する請願について、その趣旨の説明とともに、本問題に関しまして、金属鉱工業小委員会において行つた調査の概要を併せて御報告申し上げたいと思います。わが国の鉄鋼業は、…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 鉱工業委員会 第14号(1948/07/04、23期)

日程第一五、鉄鋼増産対策に関する請願は、去る五月二十六日の本委員会におきまして、すでに審査を終了し、議院の会議に付して採択の上、内閣に送付すべきものと議決いたしました請願第一〇四三号と同一趣旨の請願で…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 鉱工業委員会 第17号(1948/10/09、23期)

御指名によりまして私から実地調査の御報告を申し上げます。石炭鉱業に関する問題の中心は、臨時石地鉱業管理法の実施状況いかんにあることは、われわれ委員が派遣される当初におきまして、調査項目が決定されました…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 人事委員会 第7号(1948/11/20、23期)

総理大臣に質問いたしたいと思います。総理大臣は最近非常にわれわれの質問に対して快く、なごやかに御答弁くださることを感謝いたします。過般來よりしばしば質問が発せられておりまするが、御答弁がないのでさらに…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 人事委員会 第11号(1948/11/26、23期)

議事進行について……このままで一ぺん休憩して理事会を開いて、それから次の進行に入つていただきたいと思います。それからもう一つ、高橋委員の問に答えて、教員も国家公務員であるというようなことを申しており…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 人事委員会 第12号(1948/11/27、23期)

第百三條第二項が修正された理由はどういうわけですか。それからもう一つ、五年間と申しますのは、五年間経歴していた職務を指します。それでありますから、その五年間に歩いて来た経歴がその制限を受けるわけです…会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 人事委員会 第1号(1948/12/04、23期)

私は松沢君とまつたく同意見でありまして、賃金関係の権威者であるこのお三方は、非常にりつぱな閲歴を持つた人たちで適当だと思いますが、どうしても賃金関係に重点を置くというような建前から、その方のエキスパー…会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 人事委員会 第3号(1948/12/07、23期)

民主党を代表いたしまして賛成をいたしますが、この賛成はやむを得ざる賛成であります。われわれの方では賃金関係の権威者を、ぜひともこの際採用してもらいたいということを、政府に対して強く要望いたしたのであり…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(23期)

23期質問主意書 - 25期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 25期(1952/10/01-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12