生越三郎衆議院議員 23期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(23期)

23期本会議

本会議発言統計

   第1回国会(特別:1947/05/20-1947/12/09)  0回発言      0文字発言
   第2回国会(通常:1947/12/10-1948/07/05)  0回発言      0文字発言
   第3回国会(臨時:1948/10/11-1948/11/30)  1回発言   2331文字発言
   第4回国会(通常:1948/12/01-1948/12/23)  0回発言      0文字発言

       23期通算   (1947/04/25-1949/01/22)  1回発言   2331文字発言

本会議発言一覧

第3回国会 衆議院 本会議 第14号(1948/11/17、23期)

ただいま議題と相なりました国際電氣通信條約に加入することについて承認を求めるの件について、外務委員会における審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。本件は、十一月九日内閣から国会に提出され、ただちに本委員会に付託されましたので、十一月十一日及び十二日の二回にわたり委員会を開き、降旗逓信大臣、外務・………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(23期)

23期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第1回国会 37回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 37)  8回発言  11875文字発言
  第2回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  1回発言     85文字発言
  第3回国会  6回出席(長  6 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  1回発言      6文字発言
  第4回国会  3回出席(長  3 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言

  23期通算  54回出席(長  9 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 45) 10回発言  11966文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

鉱工業委員会
            42回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 42)   9回発言  11960文字発言

外務委員会
             9回出席(長  9 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)   1回発言      6文字発言

水害地対策特別委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)   0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

外務委員会委員長(第3回国会)
外務委員会委員長(第4回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験


※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第1回国会 衆議院 鉱工業委員会 第5号(1947/08/07、23期)

先ほど火力發電をフルに使うようにやらしておるというお話がありましたが、私どもが赤池炭鑛にまいりましたときに、赤池炭鑛にも火力發電がありました。そこのキヤパシテイーは一萬五千キロと聞いておりますが、それ…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 鉱工業委員会 第11号(1947/09/27、23期)

今岡田委員の言われたことは、少し虚偽的な言葉ではないかと思います。二日間と、一日をやるということはありまして、それで日曜日があるから二日になるから、それで月曜日にやろうじやないかということに決定したと…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 鉱工業委員会 第17号(1947/10/10、23期)

この本委員會が開かれる當初、私が申し上げましたごとく、公国法に代るべき法案の問題が、まだそのままになつていると思うのであります。これをどうして早く政府はこの委員會に出してこないかと私は思うのであります…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 鉱工業委員会 第27号(1947/11/01、23期)

十月三十一日の午後九時のラジオ放送におきまして、この石炭国管法案に對して、一箇月かかつて審議をやつておる。その状態は非常に混沌たるものである。しかしながら、これを明日の委員會において社會黨及びその與黨…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 鉱工業委員会 第28号(1947/11/04、23期)

私の緊急質疑に對して委員長から御調査の報告がありまして諒とする次第であります。昨今の状況を見ますると、ややもすると、われわれが隱謀的ではないかというような問題が、政治の上に行われんとしておるように思わ…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 鉱工業委員会 第33号(1947/11/13、23期)

委員長に伺いたいのでありますが、わが民主黨の修正案というものが出まして、これに對して委員長及び西村栄一君が出て、この修正案なるものをもつていろいろ協議されたと聞き、またそれが新聞にも出ておつたのであり…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 鉱工業委員会 第38号(1947/11/25、23期)

私どもは、石炭の三千萬トン以上生産がわが国産業復興の絶對要件であり、現在の危局を切り抜けて、新日本建設ができるか否かの重大問題であるため、真に責任を重んじて、今日まであらゆる角度から審議をいたしてきた…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 鉱工業委員会 第40号(1947/12/08、23期)

紹介議員が出席されおりませんから、代つて説明いたします。本請願の要旨は、伸鉄事業の特異性竝びにその利用價値については(一)スクラツプの利用活用により鋼材の増産ができる(二)生産に當り燃料、副資材が僅少…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 鉱工業委員会 第9号(1948/06/22、23期)

本小委員の数は六名とし、選挙の手続を省略して、委員長において指名せられんことを望みます。有田二郎君 生越三郎君 三好竹勇君 豊沢豊雄君 斎藤昇君会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1948/11/12、23期)

速記を始めて。そこで国際電氣通信條約の問題ですが、これは事務的に行われておるところの問題であると同時に、年限を切つて今起つて來た問題です。ですから今せつかく向うから好意をもつて加盟しろ、便宜をはから…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(23期)

23期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:23期(1947/04/25-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員
データ更新日:2019/02/16