臼井荘一衆議院議員 28期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 33期(1972/12/10-)
28期在籍の他の議員はこちら→28期衆議院統計 28期衆議院議員


衆議院本会議(28期)

25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 33期本会議

本会議発言統計

  第29回国会(特別:1958/06/10-1958/07/08)  0回発言      0文字発言
  第30回国会(臨時:1958/09/29-1958/12/07)  0回発言      0文字発言
  第31回国会(通常:1958/12/10-1959/05/02)  5回発言   5117文字発言
  第32回国会(臨時:1959/06/22-1959/07/03)  0回発言      0文字発言
  第33回国会(臨時:1959/10/26-1959/12/27)  0回発言      0文字発言
  第34回国会(通常:1959/12/29-1960/07/15)  0回発言      0文字発言
  第35回国会(臨時:1960/07/18-1960/07/22)  0回発言      0文字発言
  第36回国会(臨時:1960/10/17-1960/10/24)  0回発言      0文字発言

       28期通算   (1958/05/22-1960/11/19)  5回発言   5117文字発言

本会議発言一覧

第31回国会 衆議院 本会議 第14号(1959/02/13、28期)

ただいま議題となりました国立学校設置法の一部を改正する法律案の要点と、文教委員会における審査の経過と結果について御報告いたします。まず、本案の内容について簡単に申し上げますと、第一点は、鹿児島大学に医学に関する大学院を設置しようとしております。第二点は、新潟大学、富山大学及び岐阜大学に、それぞれ新潟………会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 本会議 第19号(1959/02/26、28期)

ただいま議題となりました、内閣提出にかかる、盲学校、聾学校及び養護学校への就学奨励に関する法律の一部を改正する法律案につきまして、その要旨及び文教委員会における審議の経過と結果を申し上げます。まず、本案の要旨について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 本会議 第21号(1959/03/03、28期)

ただいま議題となりました、内閣の提出にかかる、就学困難な児童及び生徒のための教科用図書の給与に対する国の補助に関する法律の一部を改正する法律案につきまして、その要旨及び文教委員会における審議の経過と結果を申し上げます。まず、本案の要旨について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 本会議 第26号(1959/03/17、28期)

ただいま上程されました二つの法案の要点と、文教委員会における審査の経過及び結果について御報告申し上げます。初めに、学校教育法等の一部を改正する法律案について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 本会議 第37号(1959/04/09、28期)

ただいま議題となりました、内閣の提出にかかる社会教育法等の一部を改正する法律案につきまして、その要旨及び文教委員会における審議の経過と結果を御報告申し上げます。本案は、参議院の先議でありまして、同院においては、去る三月十一日、自由民主党、日本社会党、緑風会の三派共同提案によりこれを修正議決し、即日本………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(28期)

25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 33期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第29回国会 18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員 10)  3回発言  17917文字発言
 第30回国会 13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員  6)  0回発言      0文字発言
 第31回国会 25回出席(長 20 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  3)  1回発言   1075文字発言
 第32回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  1)  2回発言   5055文字発言
 第33回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員  0)  2回発言   2689文字発言
 第34回国会 20回出席(長  0 代理理事 2 代理 0 理事 15 委員  3)  8回発言  25836文字発言
 第35回国会  5回出席(長  0 代理理事 1 代理 0 理事  2 委員  2)  0回発言      0文字発言

  28期通算  93回出席(長 20 代理理事 3 代理 0 理事 45 委員 25) 16回発言  52572文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 文教委員会
            69回出席(長 20 代理理事 3 代理 0 理事 45 委員  1) 12回発言  39069文字発言

 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会
             9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  2回発言   3724文字発言

 農林水産委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言

 社会労働委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言   7252文字発言

 外務委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 議院運営委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 決算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 科学技術振興対策特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 地方行政委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   2527文字発言

 内閣委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 文教委員会委員長(第31回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 文教委員会理事(第29回国会)
 文教委員会理事(第30回国会)
 文教委員会理事(第31回国会)
 文教委員会理事(第32回国会)
 文教委員会理事(第33回国会)
 文教委員会理事(第34回国会)
 文教委員会理事(第35回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第29回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第2号(1958/07/17、28期)

ちょっと関連して……。先ほど厚生大臣は、最後の一人まで、なお未帰還者の引き揚げについては援護の手を差し伸べるというあたたかいお話があったのですが、中共の方では、集団帰国を打ち切るというようなことも、あ…会議録へ(外部リンク)

第29回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第4号(1958/09/26、28期)

これより、舞鶴に参りまして、ソ連地区よりの第十六次――これは樺太地区としては第五次でありますが、その引揚者の状況及び受け入れ援護の状況を調査いたしました結果につきまして、その大要を簡単に御報告申し上げ…会議録へ(外部リンク)

第29回国会 衆議院 文教委員会 第7号(1958/08/28、28期)

私は勤務評定を中心といたしまして、政府の文教政策並びに大臣の御所見を一つ伺いたいと思うのであります。文教政策の問題として従来いろいろ議論のあった勤務評定問題が、最近はこれがむしろ労働問題、さらに政治…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 文教委員会 第2号(1958/12/19、28期)

関連して。この機会にちょっと特に復旧に関する方針について一点お伺いしたいのですが、学校の建物は、非常の災害等の場合、また災害が起るであろうというような場合の避難所になるわけなのです。特に地方におきまし…会議録へ(外部リンク)

第32回国会 衆議院 地方行政委員会 第3号(1959/07/04、28期)

時間がないようですから、簡単に一、二点御質問申し上げたいと思います。今社会党の皆さんから、メトロ交通並びに主婦と生活社の争議のことについていろいろ御質問があったわけです。最近中小企業の争議が頻発して、…会議録へ(外部リンク)

第32回国会 衆議院 文教委員会 第4号(1959/09/10、28期)

私の質問は今堀委員の御質問のありました兵庫県の高等学校の問題、これは尼崎市の城内高等学校の問題にもからんでくると思うのでありますが、この問題について、警察庁はお見えになっておりませんので、文部省からお…会議録へ(外部リンク)

第33回国会 衆議院 文教委員会 第2号(1959/11/11、28期)

ただいま辻原弘市君から本決議案の趣旨説明がございましたが、本案は自民党と社会党との共同提案でありまして、この趣旨においては私どもも一致して賛成であります。ただ財政上の当面のいろいろ、特に義務教育の充実…会議録へ(外部リンク)

第33回国会 衆議院 文教委員会 第4号(1959/11/18、28期)

関連して。ただいま横路委員の御質問で、私も学問の自由というものはぜひ確保しなくちゃならぬと考えております。従って学者の方があらゆる問題について検討して、こういう学説もあるしこういう学説もあるということ…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 社会労働委員会 第36号(1960/05/12、28期)

ただいま議題となっておりますこの身体障害者雇用促進法案が今度提出せられましたことは、かねて国民からも希望きれていた法案でありまするし、非常な一大進歩といいますか、収穫であるというふうに考えるのでありま…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 文教委員会 第5号(1960/03/09、28期)

公立学校の学校医の公務災害補償に関する法律の一部を改正する法律案につきましての趣旨を申し上げます。このもとの法律は公立学校の学校区の公務上の災害に対する補償を行なうとともに、当該補償に要する経費につ…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 文教委員会 第6号(1960/03/11、28期)

ただいま可決されました法案に対しまして附帯決議をつけたいと存じます。まずその案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 文教委員会 第7号(1960/03/16、28期)

高等学校の定時制教育及び通信教育振興法の一部を改正する法律案につきまして簡単に御質問したいのですが、この法律案の第五条を見ますと、この手当の適用される者は「校長及び教員」、こういうことになっておりまし…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 文教委員会 第8号(1960/03/18、28期)

ちょっと関連して。教官に対する給与を私立学校の同種類の給与体系と比較してみる。そして必ずしもよくないというような見解が発表になっております。事案はそうでしょうけれども、今委員長が質問されたように、その…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 文教委員会 第11号(1960/04/08、28期)

学校教科書の問題について少しく御質問申し上げたいのですが、その前に緊急の問題で一つお伺いいたしたいのは、これは千葉の野田市の高等学校で起こった問題であります。しかしながらこれはひとり野田の一高等学校の…会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 文教委員会 第14号(1960/04/27、28期)

この際教科書採択等の公正に関する決議案を動議として提出いたしたいと思います。案文を朗読いたします。教科書採択等の公正に関する決議案会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 文教委員会 第16号(1960/05/18、28期)

関連。今小牧委員から、大学における通信教育の質問が出たのですが、今お話にもありましたように、アメリカでは、高等学校よりもむしろ大学の方が通信教育が発達しておる、こういうようなことを聞いております。そこ…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(28期)

25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 33期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 33期(1972/12/10-)
28期在籍の他の議員はこちら→28期衆議院統計 28期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22