金子一平衆議院議員 34期国会活動まとめ



在籍期:29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


衆議院本会議(34期)

29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議

本会議発言統計

  第79回国会(臨時:1976/12/24-1976/12/28)  0回発言      0文字発言
  第80回国会(通常:1976/12/30-1977/06/09)  0回発言      0文字発言
  第81回国会(臨時:1977/07/27-1977/08/03)  0回発言      0文字発言
  第82回国会(臨時:1977/09/29-1977/11/25)  0回発言      0文字発言
  第83回国会(臨時:1977/12/07-1977/12/10)  0回発言      0文字発言
  第84回国会(通常:1977/12/19-1978/06/16)  0回発言      0文字発言
  第85回国会(臨時:1978/09/18-1978/10/21)  0回発言      0文字発言
  第86回国会(臨時:1978/12/06-1978/12/12)  0回発言      0文字発言
  第87回国会(通常:1978/12/22-1979/06/14)  9回発言  32219文字発言
  第88回国会(臨時:1979/08/30-1979/09/07)  0回発言      0文字発言

       34期通算   (1976/12/05-1979/10/06)  9回発言  32219文字発言

本会議発言一覧

第87回国会 衆議院 本会議 第2号(1979/01/25、34期)

ここに、昭和五十四年度予算の御審議をお願いするに当たりまして、当面の財政金融政策につき、所信を申し述べますとともに、予算の大綱を御説明いたしたいと存じます。顧みますれば、一九七〇年代は、わが国経済が高度成長から安定成長へ、量的拡大から質的向上へと転換を迫られ、加えて、石油危機を契機として、世界経済が………会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第3号(1979/01/29、34期)

総理から、財政再建の問題、一般消費税の問題等につきましては、すでにお話がございましたから繰り返して申しません。私から申し上げたいと思いますのは、物価調整減税を行えということでございますが、多賀谷さんも御承知のとおり、わが国の所得税の課税最低限は世界で最高の水準にございます。夫婦子供二人の標準世帯で二………会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第7号(1979/02/13、34期)

租税特別措置法の一部を改正する法律案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。租税特別措置につきましては、現下の厳しい財政事情と最近における社会経済情勢に顧み、税負担の公平確保の見地から、社会保険診療報酬課税の特例の是正を初めとしてその整理合理化をさらに推進し、あわせて交際費課税を強化する一方、産………会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第8号(1979/02/15、34期)

昭和五十四年度の公債の発行の特例に関する法律案の趣旨を御説明申し上げます。昭和五十四年度の経済運営の基本は、物価の動向に留意しつつ、景気の回復基調を一層確実なものとすることにより国民生活の安定を図り、わが国経済を均衡のとれた安定成長路線へ円滑に移行させることにあると考えます。会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第9号(1979/02/20、34期)

新村さんの私に対する御質問の第一点は、今回の土地税制の緩和が新たな不公平を生まないかという問題でございますが、御承知のとおり、いま一番宅地供給についての隘路になっておりまするのは、税制が動かない、土地規制が変わらないということで宅地供給がなかなか促進されないところが問題でございます。そこで、土地税制………会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第10号(1979/02/27、34期)

加藤さんにお答えいたします。御質問の第一点は、補助金を整理統合して、総括的な補助金のようなものに改めたらどうかという御趣旨でございますが、国庫補助金は、特定の施策を実現するために必要なもので、行政目的を異にする補助金等を一括して地方団体に交付するということであると、補助金制度の意義から見て、これは大………会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第11号(1979/03/01、34期)

日本専売公社法等の一部を改正する法律案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。わが国財政は、昭和五十年度以降、特例公債を含む大量の公債発行に依存する異常な状況にあり、わが国経済の発展のためには、財政の再建が最も緊急な課題となっております。昭和五十四年度の予算編成に当たっては、歳出の一層の節減合理………会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第23号(1979/05/08、34期)

昭和四十二年度以後における国家公務員共済組合等からの年金の額の改定に関する法律等の一部を改正する法律案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。まず、国家公務員共済組合法等の規定により支給されている年金につきまして、このたび、別途、本国会で御審議をお願いしております恩給法等の一部を改正する法律案に………会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第29号(1979/05/29、34期)

昭和五十二年度の一般会計歳入歳出決算、特別会計歳入歳出決算、国税収納金整理資金受払計算書及び政府関係機関決算書につきまして、その大要を御説明申し上げます。昭和五十二年度予算は、昭和五十二年四月十六日に成立いたしました。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(34期)

29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第80回国会 27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 27)  2回発言  13296文字発言
 第81回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第82回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  0回発言      0文字発言
 第83回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第84回国会 21回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 21)  1回発言   5422文字発言
 第85回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  0回発言      0文字発言

  34期通算  64回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 64)  3回発言  18718文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 予算委員会
            64回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 64)  3回発言  18718文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第80回国会 衆議院 予算委員会 第2号(1977/02/07、34期)

私は、自由民主党を代表して、政府の外交並びに政治姿勢について、主として経済問題を中心にいたしまして、総理並びに関係大臣の御所見を承りたいと思います。不況のさなかで国民が将来の経済の見通しについて非常…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 予算委員会 第23号(1977/03/16、34期)

第二分科会の審査の経過について御報告申し上げます。本分科会の審査対象は、昭和五十二年度総予算中、外務省、大蔵省及び労働省所管のものでありまして、去る三月十一日から十五日までの間、四日間にわたり慎重に…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1978/02/21、34期)

私は、自由民主党の立場から、きょうは減税問題を中心にいたしまして政府の考え方を伺いたいと考えます。野党五党の修正案が出そろいまして、所得税で五千五百億円、住民税で千二百億円を中心とした修正案が提出さ…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(34期)

29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22