正示啓次郎衆議院議員 34期国会活動まとめ



在籍期:29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


衆議院本会議(34期)

29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議

本会議発言統計

  第79回国会(臨時:1976/12/24-1976/12/28)  0回発言      0文字発言
  第80回国会(通常:1976/12/30-1977/06/09)  7回発言   3797文字発言
  第81回国会(臨時:1977/07/27-1977/08/03)  0回発言      0文字発言
  第82回国会(臨時:1977/09/29-1977/11/25)  2回発言   1521文字発言
  第83回国会(臨時:1977/12/07-1977/12/10)  1回発言    975文字発言
  第84回国会(通常:1977/12/19-1978/06/16)  1回発言    959文字発言
  第85回国会(臨時:1978/09/18-1978/10/21)  0回発言      0文字発言
  第86回国会(臨時:1978/12/06-1978/12/12)  0回発言      0文字発言
  第87回国会(通常:1978/12/22-1979/06/14)  0回発言      0文字発言
  第88回国会(臨時:1979/08/30-1979/09/07)  0回発言      0文字発言

       34期通算   (1976/12/05-1979/10/06) 11回発言   7252文字発言

本会議発言一覧

第80回国会 衆議院 本会議 第10号(1977/03/11、34期)

ただいま議題となりました運輸省設置法の一部を改正する法律案につきまして、内閣委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。本案は、気象衛星による気象等の観測及び気象通信簿に関する業務を行うため、気象庁の付属機関として気象衛星センターを清瀬市に設置するとともに、気象通信所を廃止し、あわせて東………会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 本会議 第17号(1977/04/12、34期)

ただいま議題となりました皇室経済法施行法の一部を改正する法律案につきまして、内閣委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。本案は、内廷費の定額一億六千七百万円を一億九千万円に、皇族費算出の基礎となる定額千五百三十万円を千七百六十万円に、それぞれ改定しようとするものであります。会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 本会議 第18号(1977/04/14、34期)

ただいま議題となりました恩給法等の一部を改正する法律案につきまして、内閣委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。本案は、昭和五十一年度における公務員給与の改善に伴う恩給年額の増額並びに普通恩給等の最低保障額の引き上げ等の措置を、昭和五十二年四月目から実施するほか、公務関係扶助料及び傷………会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 本会議 第19号(1977/04/19、34期)

ただいま議題となりました文部省設置法の一部を改正する法律案につきまして、内閣委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。本案は、文部省の付属機関として、国立婦人教育会館を埼玉県に、文化庁の付属機関として、国立国際美術館を吹田市にそれぞれ設置しようとするものであります。会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 本会議 第25号(1977/05/11、34期)

ただいま議題となりました沖繩県の区域内の駐留軍用地等に関する特別措置法案につきまして、内閣委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。本案は、沖繩県内の駐留軍用地等の区域内において、大部分の土地の位置境界が明らかでないことにかんがみ、その明確化のための措置を定めるとともに、現に駐留軍また………会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 本会議 第28号(1977/05/19、34期)

ただいま議題となりました在外公館の名称及び位置並びに在外公館に勤務する外務公務員の給与に関する法律の一部を改正する法律案につきまして、内閣委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。本案の主な内容は、会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 本会議 第29号(1977/05/24、34期)

ただいま議題となりました二法律案につきまして、内閣委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。厚生省設置法の一部を改正する法律案は、厚生省の付属機関として、国立循環器病センターを大阪府に新設しようとするものであります。会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 本会議 第10号(1977/11/02、34期)

ただいま議題となりました防衛庁設置法及び自衛隊法の一部を改正する法律案につきまして、内閣委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。本案の内容は、海上自衛官八百九十人、航空自衛官九百十七人、合計千八百七人を増員すること、航空自衛隊輸送航空団の編成を改めること、並びに航空自衛隊第三航空団司………会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 本会議 第15号(1977/11/24、34期)

ただいま議題となりました三法律案につきまして、内閣委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。まず、各法律案の要旨を申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第83回国会 衆議院 本会議 第1号(1977/12/07、34期)

ただいま議題となりました四法律案につきまして、内閣委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。まず、防衛庁設置法及び自衛隊法の一部を改正する法律案について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 本会議 第2号(1977/12/21、34期)

ただいま議題となりました四法律案につきまして、内閣委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。四法律案は、いずれも前国会において政府より提出され、本院において原案のとおり可決の上、参議院に送付、同院において継続審査となっておりましたが、今国会において、一般職の職員の給与に関する法律の一部………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(34期)

29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第79回国会  1回出席(長  1 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第80回国会 19回出席(長 19 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  2回発言   1775文字発言
 第81回国会  2回出席(長  2 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第82回国会  8回出席(長  8 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第83回国会  1回出席(長  1 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第84回国会 11回出席(長  1 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  1回発言   1255文字発言
 第85回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言
 第87回国会 14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 14)  1回発言  14013文字発言

  34期通算  60回出席(長 32 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 28)  4回発言  17043文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 内閣委員会
            32回出席(長 32 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  2回発言   1775文字発言

 予算委員会
            28回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 28)  2回発言  15268文字発言


委員会委員長経験

 内閣委員会委員長(第79回国会)
 内閣委員会委員長(第80回国会)
 内閣委員会委員長(第81回国会)
 内閣委員会委員長(第82回国会)
 内閣委員会委員長(第83回国会)
 内閣委員会委員長(第84回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験


※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第80回国会 衆議院 内閣委員会 第13号(1977/04/26、34期)

沖繩の実情調査につき、派遣委員を代表して、その概要を御報告申し上げます。派遣班は、私、正示啓次郎と木野晴夫、竹中修一、木原実、長谷川正三、受田新吉、逢沢英雄、関谷勝嗣、栂野泰二、新井彬之、市川雄一、…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 内閣委員会 第14号(1977/05/09、34期)

遺憾ながら私はきょうはもうその限界に来ておるということを申し上げざるを得ないのであります。受田新吉君。会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 予算委員会 第20号(1978/03/04、34期)

第二分科会の審査の経過について御報告申し上げます。本分科会の審査対象は、昭和五十三年度総予算中外務省、大蔵省及び文部省所管のものでありまして、去る二月二十七日から昨三月三日までの間、五日間にわたり、…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 予算委員会 第13号(1979/02/17、34期)

連日予算委員長を初め委員の方々、閣僚、政府委員御苦労さまですが、きょうは自民党の一般質問の最初に若干お伺いをいたします。まず最初に、最近野党の方々で、いま審議の対象になっております予算を修正すべきで…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(34期)

29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22