安島友義衆議院議員 34期国会活動まとめ



在籍期:34期(1976/12/05-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


衆議院本会議(34期)

34期本会議

本会議発言統計

  第79回国会(臨時:1976/12/24-1976/12/28)  0回発言      0文字発言
  第80回国会(通常:1976/12/30-1977/06/09)  1回発言   3192文字発言
  第81回国会(臨時:1977/07/27-1977/08/03)  0回発言      0文字発言
  第82回国会(臨時:1977/09/29-1977/11/25)  0回発言      0文字発言
  第83回国会(臨時:1977/12/07-1977/12/10)  0回発言      0文字発言
  第84回国会(通常:1977/12/19-1978/06/16)  0回発言      0文字発言
  第85回国会(臨時:1978/09/18-1978/10/21)  0回発言      0文字発言
  第86回国会(臨時:1978/12/06-1978/12/12)  0回発言      0文字発言
  第87回国会(通常:1978/12/22-1979/06/14)  1回発言   2866文字発言
  第88回国会(臨時:1979/08/30-1979/09/07)  0回発言      0文字発言

       34期通算   (1976/12/05-1979/10/06)  2回発言   6058文字発言

本会議発言一覧

第80回国会 衆議院 本会議 第10号(1977/03/11、34期)

私は、日本社会党を代表して、ただいま議題となりました雇用保険法等の一部を改正する法律案に対し、福田総理、石田労働大臣に質問をいたします。高度経済成長政策の破綻は、今日、長期的不況、物価高に加えて深刻な雇用不安を招来しています。勤労国民の生活と権利は重大な脅威にさらされております。一体、これからどうな………会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第13号(1979/03/13、34期)

私は、日本社会党を代表し、ただいま提案されました原子力損害の賠償に関する法律の一部を改正する法律案について、その幾つかの基本的問題について、総理並びに関係各大臣にお伺いいたします。申し上げるまでもなく、今日の原子力開発は幾つかの基本的問題を抱えているのであります。政府は、わが国のエネルギー供給見通し………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(34期)

34期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第79回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第80回国会 28回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 28)  5回発言  32731文字発言
 第81回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
 第82回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  2回発言   7125文字発言
 第83回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
 第84回国会 32回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 32)  8回発言  67640文字発言
 第85回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  1回発言   7215文字発言
 第86回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
 第87回国会 27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 27)  5回発言  43054文字発言
 第88回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

  34期通算 111回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員111) 21回発言 157765文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 社会労働委員会
            66回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 66) 17回発言 129327文字発言

 科学技術振興対策特別委員会
            43回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 43)  4回発言  28438文字発言

 文教委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 商工委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第80回国会 衆議院 社会労働委員会 第2号(1977/03/01、34期)

社会党の安島友義でございます。先輩の枝村委員の方からいろいろ問題が指摘されまして、若干私の質問が関連する部分もございますが、よろしくお願いしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 社会労働委員会 第9号(1977/04/13、34期)

まず初めに、大臣の所見といいますか、雇用問題に対する受けとめ方についてお尋ねしたいと思うのです。過般、本会議で質問をいたしまして、またその前に一度、ここで労働問題全般にわたりまして質問をいたしました…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 社会労働委員会 第13号(1977/04/20、34期)

まず初めに大臣に、現在の年金制度についてどういう御認識をお持ちかお伺いしたいと思うのです。やや抽象的でございますが、簡単に言いますと、現在の年金制度は非常によい制度で、うまくいっているというふうにお…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 社会労働委員会 第15号(1977/04/26、34期)

後で関連して御質問することがございますので、まず傾向だけ伺っておきたいと思うのですが、現在全国で粉じん作業に従事している方々の数はどのくらいになっていますか。そこで次に、企業規模別に見てじん肺発生状…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 社会労働委員会 第19号(1977/05/17、34期)

本日は、安宅、伊藤忠合併にかかわる雇用問題について御質問したいと思います。まず、質問に入る前に、四月十九日の本委員会で石田労働大臣は、枝村委員の質問に対しまして大要次のような答弁をされました。雇用問…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 社会労働委員会 第1号(1977/10/25、34期)

私は、雇用問題に関する労働大臣の基本的な御所見をお伺いしたいと思います。私は、経済政策と労働政策の結合を図らない限り深刻な雇用問題は解決しないであろうという基調に立って、私の見解を述べながら質問をい…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 社会労働委員会 第3号(1977/11/01、34期)

私は、日本社会党を代表して、ただいま議題となりました健康保険法及び船員保険法の一部を改正する法律案及び自由民主党の、これに対する修正案に対して、ともに反対するものであります。反対理由の第一は、健康保…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第1号(1977/12/19、34期)

これより会議を開きます。衆議院規則第百一条第四項の規定によりまして、委員長が選任されますまで、私がその職務を行います。会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第11号(1978/04/27、34期)

私は、長期エネルギー需給の見通しと対策についてお伺いしたいと思います。まず、通産省の諮問機関である総合エネルギー調査会の見通しによれば、五十年度の実績は石油換算で三・九億キロリットル、消費エネルギー…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第14号(1978/05/25、34期)

わが国のエネルギー政策は一貫してアメリカに依存してまいったわけであります。昭和三十五年から石炭から石油へと、そして四十八年の石油ショックで日本の自主的な開発というものの急務をようやく政府も認識した。い…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 社会労働委員会 第2号(1978/02/16、34期)

大臣の御都合がおありだそうですから、本来は一つ一つ具体的に問題をただした後でお伺いしたかったのですが、順不同で、まず大臣にお伺いしたいのです。昨年十一月一日に社会労働委員会において医療保険制度に関す…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 社会労働委員会 第6号(1978/03/22、34期)

この法律が制定された当町と今日の勤労者の置かれている情勢等考えますと、ますます、この財形法というものの意義といいますか、重要性というものが私は高まってきているように思います。そこで、今日の情勢を踏まえ…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 社会労働委員会 第10号(1978/04/06、34期)

まず大臣にお伺いしたいのですが、昨年の十二月九日、これまで一年半にわたる審議の経過を中間意見として、年金制度基本構想懇談会から大臣の方に、その報告書が提出されたわけです。この中には、現状の八種類に分か…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 社会労働委員会 第12号(1978/04/12、34期)

先般労働省が五十三年度の雇用情勢の見通しについて発表をされました。これは基本的な問題なので、まず簡潔に御答弁いただきたいと思いますが、年間を通して完全失業者数が百十五万という見通しの上に立っておられる…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 社会労働委員会 第20号(1978/06/06、34期)

最近の経済企画庁の発表によりますと、五十二年の十月から十二月と比較しまして五十三年の一月から三月の実質国民総生産は二・四%ふえている。これをそのまま年率に延ばしますと一〇%成長可能ということになります…会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 社会労働委員会 第3号(1978/10/17、34期)

私は、まず、政府の経済政策と雇用のかかわりについて、御質問をしたいと思います。まず初めに、主として公共事業を中心としての景気浮場対策ということで、政府はいろいろ施策を講じているわけでございますが、こ…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第5号(1979/03/22、34期)

賠償の仕組みと国の責任とのかかわりについて、まず御質問をしたいと思うのです。今回賠償措置額を現行の六十億から百億に引き上げるわけですけれども、保険会社には年間幾ら保険料を納めることになるのですか。御…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 社会労働委員会 第3号(1979/02/20、34期)

労働大臣は就任以来、雇用対策を初め労働政策に非常に意欲的に活躍されているようでございまして、その点については敬意を表しますが、どうも私のこれまでの経験によりますと、初めはかなり意欲が見られるのでござい…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 社会労働委員会 第5号(1979/02/27、34期)

前回の委員会におきまして、冒頭、栗原労働大臣に経済団体首脳部との懇談内容について若干お尋ねをしたわけでございます。実はその直後、日経連タイムスを見ましたところが、かなり詳しく内容が報道されておりますが…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 社会労働委員会 第9号(1979/03/22、34期)

現行制度には改革すべき問題点がいろいろありますけれども、それにも増して、将来にわたりこの制度を維持する、言うなれば現行の水準を維持するだけでも、これは大変な財政負担が今後待ち構えているわけです。したが…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 社会労働委員会 第15号(1979/05/09、34期)

私は、いま審査中のこの法案について、医療健保制度の仕組み、運用というような広いかかわりを持ったものだ、したがって、法体系というのもやはり縦の面だけではなくて、横のかかわりというものを十分考えるべきだと…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(34期)

34期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:34期(1976/12/05-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22