国会議員白書トップ衆議院議員鈴木強>37期国会活動まとめ

鈴木強衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:34期(1976/12/05-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

34期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  2回発言   5476文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  0回発言      0文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  2回発言   5476文字発言

本会議発言一覧

第101回国会 衆議院 本会議 第15号(1984/04/05、37期)

ただいま、私が国会議員として在職二十五年に及びましたことに対し、御丁重なる表彰の御決議を賜りましたことは、まことに身に余る光栄でございまして、ただただ感謝と感激にたえません。(拍手)議長並びに先輩同僚議員各位の御厚情に対し、謹んで厚くお礼申し上げます。(拍手)私は、昭和三十一年七月の参議院議員選挙で………会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第24号(1984/05/10、37期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表して、ただいま議題となりました電気通信事業改革三法案に対し、総理並びに関係大臣に質問いたします。質問の第一は、なぜ現行公社制度を廃止してその経営を会社形態に移行させるのか、その理由を明らかにしていただきたいのであります。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

34期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 20 委員  0)  8回発言  68159文字発言
第102回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 10 委員  1)  4回発言  26270文字発言
第103回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  1回発言   7704文字発言
第104回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員  0)  6回発言  41470文字発言

  37期通算  44回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 43 委員  1) 19回発言 143603文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 逓信委員会
            43回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 43 委員  0) 18回発言 137285文字発言

 商工委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   6318文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 逓信委員会理事(第101回国会)
 逓信委員会理事(第102回国会)
 逓信委員会理事(第103回国会)
 逓信委員会理事(第104回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 逓信委員会 第2号(1984/03/23、37期)

最初に電波監理局長にお伺いいたしますが、民放のFM放送、これは既に免許をおろしてよろしいということでチャンネルプランが決まっておる地域がございます。そこがなかなか遅々として進んでおりません。特に私の山…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 逓信委員会 第4号(1984/04/11、37期)

本改正法案に入ります前に、一言、大臣と総裁に御所見を承っておきたいと存じます。それは時節柄春闘のことでございますが、御承知のとおり八四国民春闘もいよいよ大詰めに参っております。新聞が一斉に書いており…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 逓信委員会 第5号(1984/04/12、37期)

郵政大臣の御所信の表明と電電公社総裁の事業概要の説明について若干の質問をさせていただきます。私は特にきょうは時間の関係もございまして電電の問題に限って質問をいたしたいと思いますが、電波関係がございます…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 逓信委員会 第8号(1984/05/09、37期)

提案されております電波法の一部改正法案について、若干の質疑をいたしたいと存じます。その前に、ただいまも、森中委員から若干触れられました放送衛星二号aの問題について、特に、森中委員からは事業団、放送機…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 逓信委員会 第11号(1984/06/27、37期)

私は、大臣と総裁に最初お伺いしたいのであります。提案されておりますこの電電改革三民営化法案は、電気通信事業の持つ最も重要な公共性というものよりも、効率化とかあるいは活性化というものを最優先しているも…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 逓信委員会 第17号(1984/07/13、37期)

きょうは、山同先生お忙しい中をありがとうございました。臨調第四部会で大変御苦労いただいたのでございますが、最初に、第四部会がこの仕事を始めたのはいつで、第三次の答申を出したのはたしか五十七年七月三十…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 逓信委員会 第18号(1984/07/19、37期)

総理大臣、連日の御健闘を心から感謝申し上げます。私は、去る五月十日本会議におきまして、この三法案について総理にも質疑をいたしたのでございますが、日来、きょうまで慎重に審議を進めてまいりました。その結…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 逓信委員会 第20号(1984/11/29、37期)

非常に残念な質疑をしなければなりませんことを本当に遺憾に思いますが、新大臣並びに総裁からもごあいさつがございましたように、世田谷電話局の局前洞道での火災によって引き込みケーブルが焼失して史上最大の被害…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 商工委員会 第9号(1985/04/03、37期)

お許しをいただきましたので、若干の質疑をさせていただきます。なお、既に質疑者がございましたので、重複するような点があるかもしれませんが、その点は御寛容のほどをお願い申し上げます。私は最初にお伺いいた…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 逓信委員会 第1号(1984/12/19、37期)

ただいま参議院における三法案に対する修正の御趣旨の御説明を拝聴いたしました。先生方大変御苦労をいただきまして、立派な修正をしていただきまして感謝にたえません。心からお礼を申し上げます。私からは提案者…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 逓信委員会 第3号(1985/03/06、37期)

昨年末の十二月二十日、本院で可決成立をいたしました電電制度改革三法のうち、会社法は十二月二十五日公布、施行、また、事業法は十二月二十五日公布、本年四月一日より施行されることになっております。これによっ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 逓信委員会 第5号(1985/03/25、37期)

大分時間がおくれておりますので、簡潔に二、三質問をいたします。まず郵政大臣、この意見書を拝見しますと、協会は昨年、要するに五十九年度に受信料の改定を行いました。そして現在は財政基盤の安定を確保してお…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 逓信委員会 第1号(1985/10/14、37期)

私は、最初にFM放送のチャンネル問題でお伺いをいたします。御承知のように、昭和五十七年の十一月の第四次チャンネルプランで、郵政省は全国二十二地区にチャンネルの割り当てを行ったのですが、現在までに何局…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 逓信委員会 第2号(1986/02/20、37期)

佐藤先生、郵政大臣御就任おめでとうございます。私は、先生が郵政大臣に御就任以来大変活発に御活躍をなさっておられますことを、新聞その他で十分承知をいたしておるのでございます。私は参議院の方が長かったも…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 逓信委員会 第4号(1986/03/06、37期)

私は、議題になっております簡易保険、郵便年金両改正案の内容を拝見いたしましたが、これは、最近における社会経済情勢の変化と保険需要の動向にかんがみ、加入者に対する制度の内容の充実、利便の増進などサービス…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 逓信委員会 第5号(1986/03/24、37期)

大臣の御都合があるようでございますから、最初二つだけ大臣にお伺いをしておきたいと思います。その一つは、面接NHKの予算と関係はございませんが、いわゆる都民テレビの開設の問題についてでございます。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 逓信委員会 第6号(1986/04/03、37期)

若干の質疑をいたしたいと思いますが、あるいは松前委員と重複するようなことが出てくるかもしれません。その点は御容赦をいただきたいと存じます。最初にお伺いしたいのは、今回の電波法の一部改正法案は、SOL…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 逓信委員会 第8号(1986/04/16、37期)

私は最初に、郵便事業の現況と今後の展望についてお伺いをいたします。郵便は、年間百六十六億通を超える需要がございます。国民の基本的な通信手段として、将来にわたって重要な役割を果たしていくものであること…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 逓信委員会 第10号(1986/04/23、37期)

時間がございませんので、ごく簡単に質問したいと思います。最初に、議題となっておりますこの有線テレビ放送法は、昭和四十七年の七月に制定されました。そして昭和四十八年一月一日から施行されて今日に至ってお…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

34期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書

質問主意書提出数

 37期(1983/12/18〜)  2本提出

質問主意書一覧

中央自動車道西宮線長坂及び上野原インターチェンジの追加新設と工事の進捗状況に関する質問主意書
第101回国会 衆議院 質問主意書 第37号(1984/08/01提出、37期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

保釈保証金返還債権の帰属及び保管金規則第三条の解釈に関する質問主意書
第101回国会 衆議院 質問主意書 第51号(1984/08/08提出、37期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:34期(1976/12/05-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22