木下敬之助衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(37期)

35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  1回発言   1836文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  0回発言      0文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  1回発言   1836文字発言

本会議発言一覧

第101回国会 衆議院 本会議 第6号(1984/02/22、37期)

私は、民社党・国民連合を代表して、ただいま議題となっております昭和五十八年度補正予算二案に対し、反対の討論を行うものであります。(拍手)我が国経済は、ようやく景気回復の方向にあるとはいうものの、中小企業を中心とする企業倒産は、昨年は前年比一一・八%増の一万九千百五十五件と過去最高を記録し、また失業率………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 39回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 39) 10回発言  42945文字発言
第102回国会 38回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 38) 16回発言  54690文字発言
第103回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  1回発言   4887文字発言
第104回国会 26回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員 22)  3回発言  18625文字発言

  37期通算 111回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員107) 30回発言 121147文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

予算委員会
            65回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 65)   9回発言  49233文字発言

外務委員会
            35回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 35)  19回発言  65321文字発言

環境委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  0)   1回発言   3539文字発言

農林水産委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)   1回発言   3054文字発言

商工委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)   0回発言      0文字発言

逓信委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

大蔵委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

社会労働委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

環境委員会理事(第104回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1984/04/13、37期)

千九百八十三年の国際熱帯木材協定の締結承認に関して幾つかの質問をいたします。最初にお伺いいたしますが、昨年あたりから世界経済は先進国を中心に全体として世界的不況から脱却しつつあるのではないか、このよ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 外務委員会 第8号(1984/04/18、37期)

安倍外務大臣は、今月十四日札幌におかれまして「一日外務省」ということで地元関係者と話し合いをされた後、記者会見でソ連との対話の拡大強化に本格的に着手をされる意向を表明され、西山欧亜局長を今月末ソ連に派…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 外務委員会 第14号(1984/05/11、37期)

まず最初に、国際電気通信条約及び紛争の義務的解決に関する国際電気通信条約の選択追加議定書について御質問いたします。現在、電気通信分野は新しい技術が次々に開発されて、高度化、多様化の時代を迎えていると…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 外務委員会 第16号(1984/06/20、37期)

安倍外務大臣、先日のサミットは御苦労さまでございました。サミットに関した質問はもう相当されておると思いますが、私なりに私の角度から幾つかの質問をいたしたいと思います。まず最初にサミットの性格について…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 外務委員会 第17号(1984/07/18、37期)

外務大臣、ASEAN拡大外相会議に御出席、まことに御苦労さまでございます。まず、カンボジア問題に関し三項目構想の具体案を提示する等、意欲的な努力をされてこられましたことに敬意を表しまして、質問に入り…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 農林水産委員会 第25号(1984/07/17、37期)

いよいよ来週二十四日、二十五日と米価審議会が開かれますが、米価はこの六年間据え置かれたり、ほんの少ししか上がらなかったりで、結局六年間で六%しか上がっておりません。その間に物価は二七%上がり、平均賃金…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 予算委員会 第10号(1984/02/22、37期)

私は、民社党・国民連合を代表して、ただいま議題となっております昭和五十八年度補正予算二案に対し、反対の討論を行うものであります。我が国経済はようやく景気回復の方向に向かいつつあるとはいうものの、中小…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 予算委員会 第11号(1984/02/25、37期)

早速、御質問申し上げます。総理は、昨年総選挙で多数の議席を失った後の十二月二十四日の総裁声明で、「政治倫理への取り組みについて国民に不満を与えた」と反省の弁を述べられておりますが、そのことは言うまで…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 予算委員会 第19号(1984/03/13、37期)

私は、民社党・国民連合を代表し、ただいま議題となっております昭和五十九年度予算三案に対し、一括して反対の討論を行います。我が党は、かねてより政府・自民党に対し、経済運営をこれまでの縮小均衡型から拡大…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 予算委員会 第20号(1984/03/29、37期)

総理、先日の中国訪問は大変御苦労さまでございました。日中友好の前進に大変意義があったと、私たちも高く評価いたしております。早速質問に入りますが、福島交通問題でお伺いいたします。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1984/12/12、37期)

米原子力空母カール・ビンソンは、けさ無事出港したことと思いますが、今回の横須賀寄港の目的は何であったと考えておられますか。正味二日半程度の寄港では、休養とレクリエーションになり得ないのではないか。今回…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1985/04/03、37期)

SDIに関連して質問いたします。予算委員会で総理にいろいろ質問しまして、そのときにどうしても疑問点が残っておりますので、続けてただしていきたいと思っております。まず最初に確認いたしたいと思いますが、…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1985/04/10、37期)

まず最初に外務大臣に、貿易摩擦関係について幾つか質問いたしたいと思います。この問題に関して、アメリカ政府やアメリカのマスコミ等は比較的冷静であると思うのですが、それにもかかわらず、なぜこの時期に議会…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1985/04/17、37期)

外務大臣が、OECD閣僚理事会に出席及び米国訪問からの帰国報告をされて、お伺いいたしたわけですが、一連の会議の中身についてどういう雰囲気のものであったか、幾つかの点についてお伺いいたしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 外務委員会 第8号(1985/04/19、37期)

SAR条約に関して質問いたします。最近における我が国周辺の海域の海難発生状況とその救助体制はどうなっているか、お伺いいたします。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 外務委員会 第10号(1985/05/10、37期)

大臣、サミットヘ、いろいろな外交に行って御苦労さまでございました。早速質問いたします。去る五月三日に採択されました「第二次大戦四十周年に際しての政治宣言」、これに対してシュルツ国務長官は、我々は極め…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 外務委員会 第11号(1985/05/13、37期)

日ソ漁業協力協定締結交渉は、昨年五月の交渉開始以来一年ぶりに合意に達し、無協定状態によるサケ・マス漁業の操業見送りという最悪の事態だけはどうにか回避されたわけで、御関係の、交渉に当たった皆様の御努力に…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1985/05/15、37期)

米州投資公社は、昭和五十四年にオルティス・メナ米州開発銀行総裁より、民間企業に対する直接投資を拡大することを目的とする新たな機構を創設するべきであるとの提案を受けて設立するに至った、こういうことでござ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 外務委員会 第13号(1985/05/17、37期)

さきのボン・サミットにおいて、多…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 外務委員会 第14号(1985/05/22、37期)

ちょっと前のことですが、新聞報道によりますと、ASEAN歴訪中の自民党の藤尾政調会長が今月六日に、インドネシアのスハルト大統領との会談で、日本が国連安保理事会の常任理事国になることへの支持を求めた、こ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 外務委員会 第15号(1985/05/24、37期)

ことしは国連婦人の十年の最終年に当たりますが、この十年間を振り返ってどういう感想を持たれておられますか、まず外務大臣にお伺いをいたしたいと思います。第一の議題のもとでは、現在の十年の国内、地域、国際…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 外務委員会 第19号(1985/06/07、37期)

本日の議題となっております国際郵便関係の諸問題について質問いたします。まず、郵便為替に関してお伺いいたしますが、日米の郵便為替はその送達に一カ月余りも要しておるようですが、日米間ではどのような方法で…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 外務委員会 第20号(1985/06/19、37期)

米上院本会議は去る十一日、日本に対し、「防衛計画の大綱」の改定等、四点についての要請を盛り込んだ対日決議を行いましたが、その背景は何か、また、これが今後の日米関係にどのような影響を与えると考えられるか…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 予算委員会 第8号(1985/02/09、37期)

私は、民社党・国民連合を代表し、ただいま議題となっております昭和五十九年度補正予算三案に対し、反対の討論を行います。今日、我が国は、二十一世紀に向けて活力ある福祉社会の基盤を築くため、「増税なき財政…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 予算委員会 第13号(1985/02/19、37期)

総理、早速質問いたします。まず最初に、SDIに関して質問いたしますが、米国防総省のバーチ報道官は二月十四日の会見で、ワインバーガー国防長官が、既に日本に対してもSDIについての技術協力を要請したと思…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 予算委員会 第21号(1985/03/09、37期)

私は、民社党・国民連合を代表し、昭和六十年度予算三案に対し、一括して反対の討論を行います。我が党は、かねてより政府・自民党に対し、既に破綻が立証されたこれまでの縮小均衡型経済運営を早急に転換し、その…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1985/11/27、37期)

皆さんも質問されておりますが、私も、さきにジュネーブで開催されました米ソ首脳会談についてご質問いたしたいと思います。この会談は、両国の間に幾つかの重要問題で重大な相違が残っている旨を明記した共同声明…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 環境委員会 第4号(1986/05/09、37期)

まず、四月二十五日深夜ないし二十六日未明に起こったと言われておりますソ連チェルノブイル原子力発電所の事故の影響についてお伺いいたします。あれから二週間たったわけですが、事故の原因と被害、現在の状況、…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 予算委員会 第9号(1986/02/13、37期)

私は、民社党・国民連合を代表し、ただいま議題となっております昭和六十年度補正予算二案に対し、反対の討論を行うものであります。現在、我が国は三つの重要な課題を抱えております。それは対外経済摩擦の解消と…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 予算委員会 第11号(1986/02/18、37期)

総理にまずお伺いいたしたいと思います。衆議院の定数是正という問題は、この国会のまことに重大な課題でございます。そして、これが今第三者機関を設置してそこにゆだねようという動きもあり、またそれも現実味を…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12