上野建一衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:37期(1983/12/18-) - 39期(1990/02/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(37期)

37期本会議 - 39期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  1回発言   4244文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  1回発言   4629文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  2回発言   8873文字発言

本会議発言一覧

第102回国会 衆議院 本会議 第11号(1985/02/19、37期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表いたしまして、議題となりました地方税法等の一部を改正する法律案に対し、自治体の行財政の基本問題を中心にいたしまして、総理並びに各大臣に質問をいたします。質問の前に、まず私は総理に対して強く注文をしておきたいと存じます。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第9号(1986/02/25、37期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表いたしまして、ただいま議題になりました東京湾横断道路の建設に関する特別措置法案に対する質問を行いたいと存じます。現在の日本は、まさに対外的な経済摩擦のもとにおける貿易戦争とも言われるような情勢下にあるわけでありまして、この基礎になっております高度成長につきましては、そ………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

37期委員会 - 39期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  5回発言  37183文字発言
第102回国会 22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 22) 10回発言  77687文字発言
第103回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  3回発言  25690文字発言
第104回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 16)  7回発言  57375文字発言

  37期通算  55回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 55) 25回発言 197935文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

建設委員会
            38回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 38)  16回発言 132101文字発言

交通安全対策特別委員会
            11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)   6回発言  44125文字発言

環境委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)   1回発言   6009文字発言

内閣委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   1回発言  10123文字発言

予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

科学技術委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   1回発言   5577文字発言

大蔵委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 建設委員会 第3号(1984/03/09、37期)

建設行政の基本施策に関する所信表明が建設大臣からございましたが、その中で「建設行政の基本的課題は、社会資本の整備を通じて活力ある経済社会と充実した国民生活を実現することにあります。」こう述べておられま…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 建設委員会 第5号(1984/04/04、37期)

私は、公共土木施設災害復旧事業費国庫負担法の一部改正の内容について、さらにこれに関連して若干お聞きしたいと思います。まず、今度出された一部改正のこの法律については、おおむね現法律をよくしようというこ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 建設委員会 第8号(1984/05/18、37期)

私は最初に、東京湾横断道の問題について、前回に引き続いて質問したいと思います。まず、水野建設大臣にお伺いしたいのですが、水野大臣は、先般、神奈川県、川崎市、いわゆる神奈川県側との会談をされたようです…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 建設委員会 第9号(1984/07/11、37期)

既に公共事業費について水野建設大臣は、もうマイナスシーリングではだめだ、この際公共事業費を拡大しろという発言をなされております。これは現状の公共事業から適切な判断だと私は思います。既に議論もありました…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 建設委員会 第10号(1984/07/27、37期)

私は質問に入る前に、委員長にちょっと質問したいのですが、この委員会の運営について委員長は冒頭に、この委員会の最初のころに、私どもの井上委員の質問に答えて、建設行政全般について委員間の討議をやる必要があ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 科学技術委員会 第10号(1985/06/20、37期)

まず最初に、かねて国会でも論議をいたしました、さくら二号が国会の決議に反して防衛庁が使うことになった、こういうことでありましたが、その後いよいよ使われておるわけです。これは参考人にお願いしてありますN…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 環境委員会 第7号(1985/06/14、37期)

私は、お許しをいただきまして、先端技術の公害についてお伺いをし、その総合的な対策をぜひやっていただきたい、こう考えるところであります。実は、きょう地下鉄をおりましたら、偶然にもチラシを配っておりまし…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 建設委員会 第4号(1985/02/22、37期)

質問に入ります前に、委員長に一つ要望しておきたいことがございます。前回の委員長は大変大物でございまして、今度は新進気鋭で、歴代委員長に大変恵まれておるとは思いますけれども、前回の委員長は委員会を余り…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 建設委員会 第6号(1985/03/25、37期)

大臣が多忙で、よそに行かなければならぬというお話があるようですから、最初建設大臣に集中的に質問をしたいと思います。まず第一に、民間活力で内需拡大ということで昨年の十月三十日に経済政策研究会、中曽根総…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 建設委員会 第8号(1985/03/29、37期)

私の方からは、住宅金融公庫法及び北海道防寒住宅建設等促進法の一部を改正する法律案の内容について、またそれに関連する住宅政策についてお伺いしたいと思います。まず、今度の改正の中で、住宅金融公庫の方で区…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 建設委員会 第11号(1985/06/12、37期)

きょうは、かねてから質問を続けてまいりました東京湾横断道計画について、この一点に絞って質問をいたしたいと思います。まず、最近のマスコミやあるいはその他の関係から伝えられるところでは、建設省の調査も一…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第3号(1985/04/17、37期)

首都圏等の住宅の密集した地域の交通問題として、安全で早いという鉄道建設が一番要求されておるわけでありますけれども、今既にその計画が実行されておる点、それからこれから建設しようとする京葉線と東葉線に絞っ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第5号(1985/05/15、37期)

第一にお伺いしたいのは、今までの議論などもずっとお聞きをしておりまして、今度のシートベルトの問題は死者を少なくする、あるいは事故を軽くする、そういう意味で効果があるということでありまして、そのこと自体…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第7号(1985/06/13、37期)

私の方からは、高速自動車道、有料道路、それらに関しまして若干質問していきたいと思います。まず、ことしの四月十八日付になっておりますが、「高速自動車国道の整備と採算性の確保についての中間答申」というの…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 内閣委員会 第14号(1985/05/30、37期)

お許しをいただきまして、当委員会にかかっております合理化等に関する法律案について、この関連を幾つかの点で質問いたしたいと思います。今度のこの法案との関連では、地方自治体に今後大幅に権限を移譲する、そ…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 建設委員会 第1号(1985/11/08、37期)

本委員会にかけられております住宅金融公庫法及び北海道防寒住宅建設等促進法の一部を改正する法律案、これについて質問をいたしたいと思います。まず、先ほども答弁がありましたけれども、今度のこの金融公庫法外…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 建設委員会 第2号(1985/11/22、37期)

最近いろいろな公共事業について民間活力の活用が盛んに言われています。そこで、この際ただしておきたいのは、公共事業の場合、建設省は民間活力の活用というのをどのような形で考えているのか、まずこの点をイロハ…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第2号(1985/11/27、37期)

国鉄の安全綱領の中に、冒頭だと思ったのですけれども、「安全は輸送の最大の使命」、こう明記をされております。この点について、安全を確保するためには設備などの投資の問題、それから訓練、労働条件にかかわる問…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 建設委員会 第4号(1986/02/21、37期)

両大臣の所信表明を受けまして、きょうは主として開発問題を中心に質問をいたしたいと思います。まず大臣、内需の拡大なりあるいはいろいろな施策を通じて公共事業の前進を図るという趣旨のお話がございましたが、…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 建設委員会 第6号(1986/03/28、37期)

私はまず、日本下水道事業団法の一部を改正する法律案、この問題で幾つかただしておきたいと思いますが、日本下水道事業団法によりますと、下水道事業団が設立された目的は「地方公共団体等の要請に基づき、下水道の…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 建設委員会 第8号(1986/04/09、37期)

東京湾横断道路の建設に関する特別措置法案が提案をされておりますので、きょうはそれに関連をいたしまして、東京湾横断道路建設についての各面からの質疑を行いたいと思います。最初に、まず国土庁にお伺いをいた…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 建設委員会 第13号(1986/04/18、37期)

今の山花委員に続きまして、私はその先の方を主として具体的にお伺いしたい、こう思います。そこで、基本的に私はこの法律の改正に対して考えますのは、ニュータウンづくりの当初のやり方、開発の仕方、そういうも…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 建設委員会 第14号(1986/05/16、37期)

久しぶりの委員会でございますので、重要な事項についてお伺いいたしたいと思います。まず、円高不況が緊急な対策を要求する状態になってまいりました。特に、建設省関係においては緊急対策の中で果たす役割が大変…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第3号(1986/02/25、37期)

私は三つの点を中心にしてお伺いいたしたいと思います。最初の一つは、国鉄における労働安全衛生委員会との関連で、職場における規律の状態あるいは労働者に対するいろいろな不当な締めつけの問題が第一であります…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第4号(1986/03/20、37期)

私の方は前回とも関連がありますので、その関連をまずいろいろお聞きいたしたいと思います。前回、当委員会で杉浦国鉄総裁は、交通に関係する者の第一の務めであるのが安全運送なんだ、そのために明るい職場をつく…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

37期質問主意書 - 39期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:37期(1983/12/18-) - 39期(1990/02/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12