小谷輝二衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(37期)

37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  1回発言   3642文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  1回発言   3038文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  2回発言   6680文字発言

本会議発言一覧

第101回国会 衆議院 本会議 第24号(1984/05/10、37期)

私は、公明党・国民会議を代表いたしまして、ただいま議題となりました日本電信電話株式会社法案、電気通信事業法案並びに同二法の施行に伴う関係法律の整備に関する法律案につきまして、総理並びに関係大臣に対し若干の質問を行うものでございます。言うまでもなく、提案されました電気通信制度の改革は、明治以来百十四年………会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第8号(1986/02/21、37期)

私は、公明党・国民会議を代表いたしまして、ただいま御説明のありました昭和六十一年度地方財政計画、地方交付税法等の一部を改正する法律案並びに地方税法及び国有資産等所在市町村交付金及び納付金に関する法律の一部を改正する法律案につきまして、総理並びに関係大臣に質問をいたします。本年は、地方自治が発足いたし………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 18)  7回発言  30365文字発言
第102回国会 28回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 28)  7回発言  32162文字発言
第103回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  2回発言  10575文字発言
第104回国会 24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 24)  5回発言  20592文字発言

  37期通算  78回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 78) 21回発言  93694文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

地方行政委員会
            34回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 34)   9回発言  43654文字発言

物価問題等に関する特別委員会
            20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 20)   4回発言  16888文字発言

逓信委員会
            18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 18)   7回発言  30365文字発言

運輸委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)   0回発言      0文字発言

商工委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

建設委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   1回発言   2787文字発言

農林水産委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 逓信委員会 第2号(1984/03/23、37期)

最初にNHKの事業計画につきまして、昭和五十五年度に比べてNHKを取り巻く環境は非常に変化をいたしております。またNHKの公共放送事業体としての役割、またニューメディア時代を迎えるに当たりましてNHK…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 逓信委員会 第4号(1984/04/11、37期)

ただいま提案されております公衆電気通信法の一部を改正する法律案につきまして二、三質問をいたします。今まで朝から審議された内容に重複する点があろうかと思いますけれども、御了承いただきたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 逓信委員会 第6号(1984/04/18、37期)

郵政行政が国の膨大な事業の中で最も国民生活に直結した事業であり、なおかつ郵政の三事業すべてが一般財源に依存することなく独立採算で行われておることにつきまして、もちろん料金値上げ等の支えがあったといえど…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 逓信委員会 第13号(1984/07/04、37期)

今回の電気通信事業の改革は、明治から百十四年という長い間にわたりまして我が国の国営ということで一元的に続けられてきた事業でございます電気通信事業を根本から改革していこう、このようなものでございますから…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 逓信委員会 第15号(1984/07/11、37期)

今回の法案につきましては長時間にわたって質疑がございましたので、かなり重複する点があろうかと思いますけれども、お許しをいただいて、よりわかりやすく質問にお答えをいただきたい、このように思いますのでよろ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 逓信委員会 第16号(1984/07/12、37期)

本会議も迫っているようでございますので、簡単に質問を申し上げます。設備料の問題でございますが、現在公社の純資産はおおむね四兆六千億、このように聞いておりますが、この純資産四兆六千億の中に、約四千三百…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 逓信委員会 第18号(1984/07/19、37期)

このたび公社が新しく新電電という株式会社に変わるわけでございまして、新電電は株を公社に渡し、幾らかわかりませんが、そうして公社は解散する、その株はそのまま普通財産として大蔵省に帰属し、大蔵菊が扱われる…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 建設委員会 第11号(1985/06/12、37期)

関西国際空港のアクセス道路網につきまして二、三質問をいたしたいと思います。関西国際空港につきましては、私が申し上げるまでもなく日本の新しい玄関として、二十四時間使用可能な唯一の空港として非常に期待が…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 地方行政委員会 第5号(1985/03/07、37期)

最近における国及び地方の財政は、租税収入の不足によりまして大量の公債、借入金に依存する異常な事態になっております。したがって、財政再建は緊急な課題でもありますし、また、今必要なのは自主財源の拡充強化を…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 地方行政委員会 第9号(1985/04/12、37期)

最初に、自治省が監督しておられました財団法人有隣協会、ここの不透明な活動問題が最近問題になりまして、公益法人のあり方とか、また監督官庁の姿勢、これが問い直されておるところでございますが、この問題が参議…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 地方行政委員会 第12号(1985/04/18、37期)

私は、公明党・国民会議を代表して、ただいま議題となりました地方交付税法等の一部を改正する法律案につきまして、反対の討論を行うものであります。以下、その主な理由を述べます。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 地方行政委員会 第14号(1985/05/30、37期)

最初に、第二臨調で最終答申の中に指摘されております情報公開の流れ、また同時にプライバシー保護、こういう二つの時代的要求といいますか、重大な現在の時の流れというものがあるわけですけれども、専門家の間にお…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 地方行政委員会 第17号(1985/06/13、37期)

地方公務員災害補償基金の運用について初めにお尋ねしたいと思います。この基金の財産目録、五十九年三月三十一日によりますと、資産のうちで流動資産として二百六十六億余りがありますが、この資産の運用はどのよ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第4号(1985/04/18、37期)

最初に、経済企画庁長官にお尋ねいたします。この物価問題特別委員会で長官からあいさつのありました第一点に、国内の民間需要を中心にした景気の持続的拡大を図っていく、このようにごあいさつがございました。会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 地方行政委員会 第8号(1985/11/29、37期)

年金の審査の中でございますけれども、今未明に突如発生いたしました過激派ゲリラによる国鉄通信ケーブル切断事件について、この際二、三お尋ねしておきたいと思います。この事件の被害は余りにも大きいものでござ…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第2号(1985/11/21、37期)

貿易摩擦を初め、国内の景気の動向にかんがみまして、住宅建設並びに設備投資、建築物の建設の促進等、内需の拡大を図っていくものはかなり大きな目玉として取り上げられておるわけでございますし、またそのとおりで…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 地方行政委員会 第6号(1986/03/20、37期)

最初に大臣に二、三お伺いしたいと思います。大臣は就任のごあいさつを初め、自治大臣とされまして地方財源の充実のために財政基盤を強化したい、このように力強いごあいさつをいただいておるわけでございますけれ…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 地方行政委員会 第9号(1986/04/08、37期)

地方財政の問題につきまして質問をしていきたいと思います。国庫補助負担金の削減に伴う地方負担を補てんするための措置の一部としてたばこ消費税の引き上げがなされたわけでございますけれども、穴埋めの手段の一…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 地方行政委員会 第13号(1986/04/16、37期)

参考人の皆さんから地方財政に関する貴重な御意見を賜りましてありがとうございます。地方の時代といいましてから久しいわけでございますが、実態はこれに相反しまして、国の財政百姓という名のもとに本来の国の責…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第5号(1986/04/08、37期)

経企庁長官はよその委員会の方で忙しいようでございますので、長官に対する質問は後回しにいたしまして、最初に農林省の関係の輸入肉の円高差益についてお尋ねをしたいと思います。農林水産省は四月四日、輸入牛肉…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第6号(1986/04/10、37期)

急激な円高、去年の九月以降また本年に入りましても急激な円高と、それに合わせて石油の原油価格の低落、こういう状況は過去にも余り例のない状況のように思うわけでございますが、日本経済に与える影響、非常に大き…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12