藤木洋子衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:37期(1983/12/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(37期)

37期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  1回発言   3828文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  0回発言      0文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  1回発言   3828文字発言

本会議発言一覧

第101回国会 衆議院 本会議 第21号(1984/04/25、37期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、臨時教育審議会設置法案に関連し、総理並びに文部大臣に質問いたします。今日の教育の現状はまことに憂慮すべきものがあり、教育改革が必要なことは言うまでもありません。この改革に当たっては国民的合意に基づいて行うべきであることを強調し、以下の点についてお伺いするものです。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

37期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 28回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 28)  9回発言  51200文字発言
第102回国会 21回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 21)  7回発言  57297文字発言
第103回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  4回発言  24063文字発言
第104回国会 15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 15)  7回発言  64716文字発言

  37期通算  73回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 73) 27回発言 197276文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

文教委員会
            65回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 65)  24回発言 170110文字発言

予算委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)   1回発言  19206文字発言

科学技術委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

決算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   1回発言   4805文字発言

農林水産委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   1回発言   3155文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 決算委員会 第11号(1984/05/09、37期)

厚生省がまとめた五十八年度全国母子世帯等調査では、離婚による母子世帯が急増していることが明らかになっております。私は、この社会的背景にサラ金の蔓延があることを、私のところに送られたはがきの一つを紹介し…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 農林水産委員会 第27号(1984/08/02、37期)

私は、稲の生育と病害虫、特にイネミズゾウムシの発生と加害状況についてお伺いをいたします。私は七月三日、宝塚市の西谷地域の状況を見てまいりました。成虫による葉の食害、幼虫による根の加害で分けつが悪く、…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 文教委員会 第4号(1984/03/30、37期)

中曽根首相は、教育改革を唱えられまして、臨時教育審議会を設置しようとしておられますけれども、教育条件の整備に責任を負わなければならない政府がそのことさえ怠って教育改革はない、このように私は思います。そ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 文教委員会 第9号(1984/04/20、37期)

私学共済につきまして、まず最初に掛金の問題でお伺いをしたいと思います。掛金の算定基礎についてお伺いいたしますが、私学共済における給与の範囲については私学共済組合法第二十一条に規定されていますが、具体…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 文教委員会 第13号(1984/05/11、37期)

この委員会におきまして、長期にわたり懸案となっておりました実習助手の問題について法案を御提出になられました提案者の皆さんに敬意を表明するものでございます。議員立法そのものの審議は極めてまれなケースの…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 文教委員会 第14号(1984/05/18、37期)

公立幼稚園の学級編制及び教職員定数の標準に関する法律案の提案をされました提案者の御努力に敬意を表明し、質問させていただきます。今日、幼稚園、保育所は、ともに幼児の心身の健やかな発達に必要な多様で変化…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 文教委員会 第17号(1984/06/27、37期)

参考人の先生方には、私どもの審議に御協力をいただきまして本当にありがとうございます。随分長時間にわたる質疑が続いておりまして、さぞお疲れのことと思いますが、いましばらくおつき合いをいただきますようによ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 文教委員会 第18号(1984/06/29、37期)

御質問を申し上げます。まず最初に、ここは国会の場ですので、そのことに関しまして、日本国憲法は三権分立を原則としておりますけれども、立法府の優位性を認めているというふうに私は思うわけです。そこで、憲法…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 文教委員会 第22号(1984/07/25、37期)

私は、まず最初に、ただいまも私たちの党の山原議員から質問がございましたように、今回起こりました文部省の汚職、この問題を非常に憂うるものです。みずからの襟を正さずして子供たちの教育改革はない、私もまたこ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 文教委員会 第5号(1985/04/10、37期)

私はきょう、教育改革に関する三つの問題、教育自由化論、大学入試のあり方、九月入学問題と学校給食問題について質問をいたします。中曽根首相は予算委員会などの答弁で、教育改革と行政改革とは質的に違うという…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 文教委員会 第8号(1985/04/19、37期)

国立学校設置法施行令の一部改正に伴い、東京農工大学大学院連合農学研究科及び愛媛大学大学院連合農学研究科が設置されましたけれども、この連合大学院問題についてお聞きをしたいと思います。まず、入学定員は、…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 文教委員会 第11号(1985/05/17、37期)

私は、今回の改正案の質問に入りますに先立ちまして、昨年の第百一国会で審議をされました著作権問題の幾つかについてお伺いをしておきたいと思います。他の委員からも質問があったところでございますけれども、そ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 文教委員会 第13号(1985/05/24、37期)

国連障害者年の十年のちょうど折り返し地点の年に当たりましてこの法案を審議することの意義は極めて大きいと思います。第九十八国会にこの法律案が提出されましてから私ども共産党は、栗田翠委員の質問、また第百一…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 文教委員会 第16号(1985/06/05、37期)

初めに、消費者信用教育についてお尋ねをさせていただきます。私は昨年、仮入学の増加はサラ金禍によるものではないかということを当委員会で申し上げました。その後、群馬県の桐生市では小中学校にサラ金の督促状…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 文教委員会 第19号(1985/06/19、37期)

冒頭に、唐突な質問ですけれども、日本体育・学校健康センターという名称は非常に覚えづらいし言いづらいのですけれども、大臣、どのようにお感じになっていらっしゃいますか。に考えております。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 文教委員会 第21号(1985/06/27、37期)

今回の第一次答申を拝見いたします限り、非行やいじめ、学力のおくれなど、教育荒廃をどう解決するかという点が見られません。これにこたえる方策が示されていないのはどうしてかという点でございますが、二十一世紀…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 文教委員会 第1号(1985/11/13、37期)

参考人の先生方には御苦労さまでございます。これまでの議論と重なる点もございますけれども、重要な問題ですのでお伺いしたいと思います。教育基本法について、新聞報道で、六日の総会では今後教育基本法の解釈を…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 文教委員会 第4号(1985/11/22、37期)

私学共済の審議に当たりまして、まず私は日生学園の問題を最初に取り上げさせていただきたいと思います。これは後の私の私学共済の議論にかかわってまいりますので、一見離れているかのごとく見えますが、決してそ…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 文教委員会 第7号(1985/12/04、37期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、政府提出の私立学校教職員共済組合法等の一部を改正する法律案に対して、反対の討論を行います。反対の理由は、何よりもこの改正案が中曽根内閣による年金制度抜本改悪の総…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 文教委員会 第8号(1985/12/11、37期)

千葉県下で行われております教育につきまして、教育界、教育者など広く教育に携わる人たちの間でその管理教育あるいは管理主義教育の問題点が指摘をされております。ことし秋田で日本弁護士連合会が開きました第二十…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 文教委員会 第5号(1986/04/09、37期)

では、続きまして、二つほどお尋ねをしたい点がございます。一つは、文化庁にお尋ねをしたいと思っておりますが、最近横浜市の六浦で発見をされました上行寺東遺跡につきまして、若干お尋ねをいたします。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 文教委員会 第6号(1986/04/11、37期)

まず最初に、徳島大学の総合科学部の問題につきましてお尋ねをいたします。徳島大学の教育学部を改組いたしまして総合科学部を設置するのは、最近の改組の例には見られないケースだと思います。全国的には広島大学…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 文教委員会 第8号(1986/04/18、37期)

参考人の皆さんには、お忙しいところをお運びをいただきまして、本当にありがとうございます。私が最後の質問者のようでございますので、ひとつよろしくお願いしたいと思います。まず最初に、清水参考人にお尋ねを…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 文教委員会 第9号(1986/04/23、37期)

私は、今回の著作権法改正案の質問に入ります前に、昨年の改正案の審議の際に取り上げました私的録音・録画問題といわゆるローマ条約加盟問題につきまして、これは先日の参考人質問でも芸団協の代表の方も訴えられた…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 文教委員会 第12号(1986/05/14、37期)

まず最初に、私は、体力・運動能力調査の問題でお伺いをいたします。児童生徒の体力測定は何のためになさるのか、その意義についてお述べをいただきたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 文教委員会 第13号(1986/05/16、37期)

まず最初に、公立幼稚園の学級編制の問題について提案者にお伺いをしたいと思うのですけれども、現在子供たちの発達、これが非常に変化を来している。ある先生は、幼稚園に来た子供たちに、あなたの靴を靴箱に入れな…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 予算委員会 第16号(1986/02/24、37期)

まず最初に、私は教育の問題についてお伺いをさせていただきたいと思います。今日のいじめは深刻な事態を迎えておりまして、これを克服するために、教師も父母も行政も一体となって、いじめ、暴力、非行、こういっ…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

37期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書

質問主意書提出数

 37期(1983/12/18〜)  1本提出

質問主意書一覧

自動車販売業界の悪徳商法に対する関係当局の指導等に関する質問主意書(共同提出)
第102回国会 衆議院 質問主意書 第45号(1985/06/25提出、37期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:37期(1983/12/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12