沼川洋一衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(37期)

37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  1回発言   4479文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  1回発言   2292文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  0回発言      0文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  2回発言   6771文字発言

本会議発言一覧

第101回国会 衆議院 本会議 第14号(1984/04/03、37期)

私は、公明党・国民会議を代表し、ただいま議題となりました健康保険法等の一部を改正する法律案につきまして、総理並びに関係大臣に若干の質問を行います。今日、高齢化社会が急速に進展する反面、経済の低成長と厳しい財政難という情勢の中で、今多くの国民が我が国の社会保障政策の将来に大きな不安を抱き始めております………会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 本会議 第3号(1984/12/19、37期)

私は、公明党・国民会議を代表し、ただいま議題となりました国民年金法等の一部を改正する法律案に対し、反対の立場から討論を行うものでございます。(拍手)基礎年金導入の構想は、既に我が党が昭和五十一年の「福祉社会トータルプラン」において国民基本年金として提唱し国民の批判を仰いだところでありまして、その意味………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 73回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 73)  8回発言  85188文字発言
第102回国会 64回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 64)  3回発言  33190文字発言
第103回国会 21回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 21)  3回発言  20595文字発言
第104回国会 41回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 41)  5回発言  31413文字発言

  37期通算 199回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員199) 19回発言 170386文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

議院運営委員会
           102回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員102)   0回発言      0文字発言

社会労働委員会
            77回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 77)  16回発言 154360文字発言

石炭対策特別委員会
            17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 17)   1回発言   4429文字発言

文教委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   1回発言   3026文字発言

予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   1回発言   8571文字発言

法務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第4号(1984/03/29、37期)

まず、大臣にお伺いしたいと思います。現行の保険制度の中で診療報酬の支払い方式でございますけれども、現物給付出来高払い制度となっているわけでございます。これにはいろいろと問題があるところでございますが…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第9号(1984/04/19、37期)

まず、ちょっと大臣に確認をしておきたいと思いますが、午前中我が党の平石委員から質問がありました中で、公明党の医療保険に対する抜本的、基本的な考え方の大臣の受けとめ方がどうも違っているのじゃないか。要す…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第20号(1984/07/03、37期)

約六年にわたるいろいろな審議会の審議を経て、やっと男女雇用均等法案が国会に上程されてきたわけでございますけれども、大臣もお耳に入っておると思いますが、結論から申し上げますと、極めて評判が悪い、そういう…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第21号(1984/07/05、37期)

実は昨日、大阪と東京で公聴会が開かれたわけでございます。恐らく大臣、その御報告は聞かれていらっしゃると思いますけれども、その中で、これは公述人として出席されました明治大学の政治経済学部の教授吉田忠雄先…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第24号(1984/07/12、37期)

まず大臣に、お伺いしたいと思いますが、御案内のように、ことしも昭和六十年度の概算要求のための編成作業が今始まっておるわけでございます。例年と違って国会が開会中でございますので、この作業も大変じゃないか…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第30号(1984/08/01、37期)

二十一世紀のいわば超高齢化社会を、生きがいとバイタリティーのある福祉社会に発展させていくためには、やはりこれからの年金制度の行方がそのかぎを握っておるとも言えます。これは非常に重大であると言い切っても…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 社会労働委員会 第34号(1984/11/20、37期)

午前中、増岡新大臣の、二十一世紀に向かって新しい福祉の基盤を築くために努力をする、そういう力強い御就任のごあいさつを拝聴したわけでございますが、お聞きするところによりますと、大臣はかつてこの社労委員会…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1984/04/20、37期)

八十三名の死者と十六名の重傷者を…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第8号(1985/03/07、37期)

まず、大臣にお伺いをしたいと思います。一月二十四日に社会保障制度審議会が「老人福祉の在り方について」と題して建議を中曽根総理に行ったわけでございますが、この中身についてはよく御承知のことと思います。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第20号(1985/05/14、37期)

私は、公明党・国民会議を代表して、…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 社会労働委員会 第24号(1985/06/06、37期)

児童手当の審議が行われるわけでございますけれども、この法案の提案理由の大臣の説明をこの前お聞きしました。この児童手当の制度について抜本的な制度改革を行うべく検討を重ねてきた、こういうようにおっしゃった…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 社会労働委員会 第1号(1985/11/14、37期)

最初に、医療の企業化された調剤専門薬局チェーンの問題についてお尋ねしたいと思います。これは、東京に本社を持つクラフト・ファーマシーという会社があるわけですが、この会社はこの二年半の間に首都圏を中心に…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 社会労働委員会 第2号(1985/11/21、37期)

いよいよ本日から医療法の審議が始まったわけでございますけれども、今回の改正案を見ますと、一つの大きな柱として地域医療計画がうたわれております。また、もう一つの柱として医療法人の監査ということがうたわれ…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 文教委員会 第8号(1985/12/11、37期)

ただいま御紹介がありました旅芸人の子供たちの転校手続の簡素化の問題についてお尋ねをいたしたいと思います。内容につきましては既に大臣もまた高石局長もよく御承知と思いますけれども、再度ここで問題の内容に…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 社会労働委員会 第4号(1986/03/06、37期)

まず最初に、人工腎蔵の診療報酬の引き下げについて何点かお尋ねしたいと思います。先月の二十八日に厚生大臣の諮問機関であります中医協のいわば診療報酬についての答申が行われたわけでございますけれども、この…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 社会労働委員会 第5号(1986/03/20、37期)

今、我が党の大橋議員の方から、主に年金福祉事業団法及び国民年金法についての質疑がございましたので、私は児童扶養手当法関係につきまして絞って御質問いたしたいと思いま…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 社会労働委員会 第10号(1986/04/08、37期)

既に森本委員から我が党の考え方が…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 社会労働委員会 第16号(1986/05/08、37期)

本日は、参考人の諸先生方にはまことに御苦労さまでございます。時間が限られておりますので、早速質問に入らせていただきたいと思います。まず、吉田先生にお尋ねいたしたいと思います。先ほど一部負担の増額の額…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 予算委員会 第15号(1986/02/22、37期)

教育費に関する問題で、大蔵大臣、それから文部大臣にお伺いしたいと思います。先月一月十四日に厚生省が発表しました昭和六十年国民生活実態調査というのがございますけれども、この中で昨年に比べて家計がどう変…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12