仲村正治衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:37期(1983/12/18-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

37期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議 - 43期本会議 - 44期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  0回発言      0文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

37期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会 - 43期委員会 - 44期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 43回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 43)  3回発言  16169文字発言
第102回国会 54回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員 47)  5回発言  25014文字発言
第103回国会 21回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員 17)  1回発言  12007文字発言

  37期通算 118回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員107)  9回発言  53190文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 商工委員会
            60回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 60)  3回発言  17999文字発言

 外務委員会
            54回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 54)  1回発言   5218文字発言

 沖縄及び北方問題に関する特別委員会
            23回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 16 委員  7)  7回発言  51681文字発言

 地方行政委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  0回発言      0文字発言

 農林水産委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言

 社会労働委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言

 決算委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 予算委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 大蔵委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 建設委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 逓信委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 沖縄及び北方問題に関する特別委員会理事(第102回国会)
 沖縄及び北方問題に関する特別委員会理事(第103回国会)
 沖縄及び北方問題に関する特別委員会理事(第104回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第5号(1984/07/27、37期)

時間が限られておりますので、直ちに質問に入らせていただきます。ことしで第三年次に入った二次振計は、今のような予算の伸び率、また事業推進のテンポで果たして目標達成が可能かという点についてお尋ねをしたい…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 外務委員会 第13号(1984/05/09、37期)

私は、移民として外国に移住した日本人子弟の教育の問題についてお伺いをしたいと思いますけれども、この問題について外務省がどのようにかかわっているか、またどのようにかかわられるのかということについてまずお…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 商工委員会 第17号(1984/07/06、37期)

私は、まず我が国のエネルギーの需給の現状と将来計画についてお尋ねをしたいのでありますが、時間がありませんので直ちに質問に入らせていただきたいと思います。第一次及び第二次石油ショックを経験した我々は、…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第1号(1984/12/01、37期)

動議を提出いたします。委員長の互選は、投票によらないで、大内啓伍君を委員長に推薦いたします。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号(1985/03/28、37期)

まず、河本大臣にお尋ねをしたいと思うのでございますけれども、御承知のように、二次振計も前期五カ年の総仕上げの段階に入ったところでございます。この二次振計を成功させるためには、前期事業のチェック、点検を…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第5号(1985/04/22、37期)

安倍外務大臣にお尋ねをいたしたいと思います。我が国の固有の領土である北方領土が、ソ連に不法占拠されてから四十年が過ぎた今日もなお同地域の返還が実現できないことはまことに遺憾であります。そして衆議院は…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第6号(1985/06/12、37期)

私はまず、今沖縄県民の一大関心事であります沖縄開発庁の統廃合問題について、先ほども質問があったわけでございますけれども、河本長官に御意見をお伺いしたいと思っております。臨時行政改革推進審議会の内閣機…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 商工委員会 第16号(1985/05/15、37期)

今回の特許法等の一部を改正する法律案は、昨年二月、特許協力条約いわゆるPCTの条約及び規則が改正されたことに伴う国内法の整備を図るためとされております。我が国においては、ことしは工業所有権制度いわゆる…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第2号(1985/11/20、37期)

藤本長官は八月十四日に御就任をなされたわけでございますが、あれから三カ月という短い期間に四たびも沖縄をお訪ねになられて、いろいろ現地の状況など御視察になったわけでございますが、県民といたしましても、そ…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号(1986/03/28、37期)

沖縄開発庁長官の所信表明に対する質問をいたしたいと思いますが、その前に、昨年暮れの昭和六十一年度予算編成に当たって、藤本前長官初め、開発庁挙げて、沖縄県から要求が出された振興開発関係事業費の確保に全力…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 商工委員会 第17号(1986/05/14、37期)

東京サミットの総括について通産大臣にお尋ねをいたします。政府は、第十二回サミットの議長国としてその円滑な運営と実りある成果を目指し、しかも我が国政府の名誉と威信にかけて東京サミットに当たってこられた…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

37期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書 - 43期質問主意書 - 44期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:37期(1983/12/18-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22