友部達夫 参議院議員
17期国会発言一覧

友部達夫[参]在籍期 : |17期|-18期
友部達夫[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは友部達夫参議院議員の17期(1995/07/23〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は17期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(参議院17期)

 期間中、参議院本会議での発言なし。
友部達夫[参]本会議発言(全期間)
|17期|-18期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(参議院17期)

友部達夫[参]委員会統計発言一覧(全期間)
|17期|-18期
第136回国会(1996/01/22〜1996/06/19)

第136回国会 科学技術特別委員会 第4号(1996/03/28、17期、平成会)

○友部達夫君 平成会の友部達夫です。  我が平成会は、たゆまざる改革、責任ある政治がモットーであり、行政改革は我が新進党の基本方針であります。行革はむだを省き効率、迅速、効果、充実でなければなりません。  まず、行革について長官の所見を伺いたいと思います。
【次の発言】 本法案は、新技術事業団と日本科学技術情報センターの二法人が統合され、科学技術振興事業団となるわけでありますが、初めに述べた行政改革の観点に合致したものか、再度御説明を願いたいと思います。
【次の発言】 日本は、まさに科学技術立国としまして国際的にも評価されております。人類に限りない夢と希望を与えたいと考えております。  長官の……

第136回国会 内閣委員会 第8号(1996/05/21、17期、平成会)

○友部達夫君 平成会の友部達夫でございます。  まず、この法律案に賛成する立場から、冒頭に現在の自衛隊並びに自衛官の位置づけについて伺います。  私は旧海軍兵学校出身でございます。それで、非常に崇高な使命を持っていたつもりなんです、江田島の兵学校生徒として終わりましたけれども。つまり、現在の自衛隊は要するに国を守るという崇高な任務を遂行しているわけです。実質は軍隊であり、国際法的にも軍隊であることを政府みずからが認めているにもかかわらず、これを軍隊と呼ばせない。こういうことは自衛官にとって非常に不幸ではないか、私はそう思うわけであります。また、正当な呼び方をしないことは、政治家として自衛官に対……

第136回国会 内閣委員会 第11号(1996/06/17、17期、平成会)

○友部達夫君 平成会の友部達夫でございます。  私は、この法案に反対する立場からいろいろ御質問申し上げたいと思います。  総理大臣の補佐官といいますと、私は昔流に考えまして軍の参謀ではないかと思うんです。要するに、例えば日本海大海戦で東郷平八郎に対する秋山名参謀のようなもので、あの秋山さんがいたからこそ日本海海戦は大勝利をおさめたわけでありまして、これは梶山長官も陸軍士官学校から陸軍の将校になられたとお聞きしているものですからおわかりになると思うんですが、どうしても私はそういうところがいまだに忘れられないでいるものですから。  そこで、補佐官は三人でいいとなっていますが、私はそんな程度でいいの……


■ページ上部へ

第140回国会(1997/01/20〜1997/06/18)

第140回国会 予算委員会 第14号(1997/03/24、17期、会派情報なし)

○証人(友部達夫君) 本人です。友部です。
【次の発言】 十三位に登載されることになりましたのはコンテストの結果です。新進党で昭和七年の三月ごろ、あれは二月ごろでしたか、コンテストをやりまして、その結果、十三位に登載されるようになったんであります。  党の幹部といいますけれども、そのときコンテストの、いわゆる面接試験の試験官が中西啓介さんでしたから、中西さんが党の幹部であったかどうかそれは知りませんが、その面接試験のときに会いました。それから米田建三さんですね。米田建三さんも一緒にそのときに試験官としておられましたので、一緒に会いましたですね。それだけです。


友部達夫[参]委員会統計発言一覧(全期間)
|17期|-18期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(参議院17期)

 期間中、各種会議での発言なし。

友部達夫[参]委員会統計発言一覧(全期間)
|17期|-18期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム参議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/07/01

友部達夫[参]在籍期 : |17期|-18期
友部達夫[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 17期在籍の他の議員はこちら→17期参議院議員(五十音順) 17期参議院議員(選挙区順) 17期参議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。